イコライザー2のレビュー・感想・評価

メニュー

イコライザー2

劇場公開日 2018年10月5日
188件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「今度の敵は〈イコライザー〉」の惹句はいただけないが

equalizerは「equal(イコール)にする人・物」の意味で、楽器弾きやオーディオファンなら「音を平準化する(聴きやすくする)」エフェクターや音響機器の名称として馴染みがあるが、一般に外来語として認知されているというほどでもない。本シリーズでは、世の不正を正し平和で穏やかな社会にする仕置人の意味で使われる言葉のはずだが、メインビジュアルのコピーは「今度の敵は〈イコライザー〉」。でも実際は敵が主人公と同じ特殊訓練を受けていたというだけで、彼らは単なる殺し屋。定義がぶれてしまった。

シリーズの目玉、悪人たちを19秒で抹殺する(少し時間オーバーすることも)アクションシーンは今回もスタイリッシュに決まっているが、ややマンネリ感も。むしろ終盤の、暴風雨が直撃する海辺の町で格闘と銃撃戦が展開するシークエンスがオリジナリティに富み大いに楽しめた。疑似親子のドラマ要素もあるが、こちらは不発気味。

AuVis
AuVisさん / 2018年9月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

やられ方が痛い。でもすごい映画。

悪いやつを倒していく話と軽く捉えて見たら、やられ方〜!やられ方が非常に生々しく、これR18くらいでいいんじゃないのかなと思った。見ててうわああ、痛い痛い!って思っちゃった。

それ以外はもうとにかくすごいです。マッコール最強。
2からいきなり見てしまったんですが1も見たくなりました。

ドキドキハラハラのところの演出がすごい。音楽とか雰囲気とかすごい。(あああ…それはダメだあああ!)と自分がそうなったかのように物語に引き込まれてしまう。
伏線の回収もすごい。回収どころじゃない。そんなにすごくして返す??ってくらいすごい。全体的に映画としてのまとまり感が凄い。

次の展開が怖いけど、息をのんで見ちゃう。
ジャンルがサスペンスとアクションとホラーにもまたがってる感じがする。マルチに楽しめます。
ピンチがぜんぜんピンチに見えないのもイコライザーならではだと思う。だってマッコールは最強だから。

1も絶対見ます。

にん
にんさん / 2019年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スマートアクション。復讐劇。

スマートアクション。復讐劇。

映画.jp
映画.jpさん / 2019年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イコライザーを観て

すぐ2をかりてきてしまったよ!
マッコールの正義には感服します。

ぽじのふ
ぽじのふさん / 2019年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いまいち盛り上がらず

おもしろくないことはなかったけど1と比べてしまうとちょっと残念。

タウンマーチ
タウンマーチさん / 2019年4月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1がよかっただけに

悪者と対峙する場面で、観察し対策を練るまでの時間の短さが、潜ってきた戦場の多さを物語り、アクションはジェイソン・ステイサム的な派手さはないが、かといってスティーブン・セガール的に手だけでパンパン(※スーパー一人ごっつ3巻参照)というわけでもない。
(引退した手練はこのくらいムダがない動きなのかも)と思える程度のアクションで私は楽しめました。人を殺すときや殴るときの「躊躇のない動き」「一定の表情」に、怖さを感じました。

maru
maruさん / 2019年4月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

間抜けでのろまな殺し屋達!

主人公のデンゼルワシントンはジジイで鈍くて判断も微妙なのに、CIAで殺しのアルバイトで稼ぐ殺し屋達はそれに輪をかけて愚鈍で卑怯で肝が小さく稚拙な奴ら。
行動の全てが単調で、子供みたい。
殺されるのはみんな自宅。
最後の戦いは主人公の昔の家。
帰る主人公もあれだが、見えた!などとさも推理したかの様に後を追う殺し屋達!
大丈夫かこいつら。
まじ、ほかのスパイに狙われたら瞬殺間違いなし!
デンゼルワシントンのアクションは変なおじさんもどきで、アイーンてな動きでナイフで刺して、銃を撃つ!
コメディじゃ無いよね。
あまりに無様な展開に泣きそうになります。

アサシン
アサシンさん / 2019年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

前作の良さが際立ってしまったかな

話が動き出すまでが長かった…。
デンゼル・ワシントンのスタイリッシュなアクションはカッコいいけど、前作と同じような戦い方。
もう少し捻りがあっても良かったかなΣ
内容的には淡々としていてそんなに残らないけど、スッキリとは終われる。

☆ユウ☆
☆ユウ☆さん / 2019年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

80点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まぁ何も考えたくない時に見たい作品w
普通に面白い。ベタ過ぎず、程よい。
おっさんかっこいい。
自分の中のブレない正義。
間違った事は何もしてないと思わせる人間と説得力。
かっけぇw
スーザンかなしい

コウセイ
コウセイさん / 2019年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久々のヒット作

やっぱりデンゼル・ワシントン主演は面白い。2回も観たぜ。自分の中では久しぶりのヒット作!

popo
popoさん / 2019年3月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私刑の是非は?

やはり、続編となると、前作を超えるほどのインパクトを残すのは難しいのでしょう。今作は、どうにもチープな印象になってしまっており、残念でした。

前作は、とにかく、主人公の、干渉するか否か、という葛藤が作品のおもしろさにつながっていたのだと思います。
しかし、その葛藤も、吹っ切れてしまった状態になると、もうあとは、ただ解決する事件が違ってくるだけになってしまい、作品の深みは失われてしまいます。

今作は、まさにそんな感じでした。

ユージーン
ユージーンさん / 2019年3月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

自分が怖くなる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

欲もなく命も惜しまない奴は手怖いと西郷が山岡鉄舟を称したようだが古今東西、英雄の基本条件なのだろう。成敗ものは悪を如何に酷く描くかで出来が決まってしまう、その点ではよくできているが悪人にも愛する家族がいるところをあえて織り込むのは復讐を美談にしないための世論配慮の安全弁なのだろう。報酬は求めず、市井の悩める人、老人の力になることや日常は穏やかな読書家で知的であることを示すことで暴力性とのバランスを取っている、批評が厳しかったのかエピソードは一作目より増やしている。疾走する列車のエピソードは007シリーズの定番の導入部、アバンタイトル様式だし若者を更生させる展開は「最強の二人」や「グラントリノ」を思い起こした、あの手この手の映画の要素盛りだくさんである。
然しながら、正義、虐げられたもののため、目には目を・・、頭の中では理屈が付くのだが興奮して観ている自分が怖くなる映画でもある。

odeonza
odeonzaさん / 2019年3月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと残虐性を出して欲しかったかな ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作は行きつけのお店で知り合いとなった人が暴行されたことへの復讐でしたが、今作は親しい友人が殺された事への復讐となっており相手も過去の殺し屋時代のチームメイトとなっています。

2作目となると主人公が何者なのかが視聴者は分かっているので、驚くようなストーリーにはならないので仕方ないかも知れませんが、前作と比べると陳腐なストーリーと言わざるを得ないかも知れません。

しかも後半の殺し合い以外はあまり残酷な殺し方がないので、その辺も残念です。

ただ、最後のシチュエーションの顔に槍を突き刺すシーンやナイフでズタズタになるまで刺しまくって殺すシーン等は爽快感があり、最後は決めてくれる終わり方をしたので満足感は高いです。

ぜひ続編もこれ以上の残酷な表現を取り入れたものを作って欲しいです。

ユーザー00
ユーザー00さん / 2019年3月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

デンゼルワシントンが魅せる、圧倒的な強さの裏にある哀しき闘い

〈あらすじ〉
昼はタクシーの運転手、夜は、関わった人を救うためなら殺人も厭わない、元CIAエージェントのマッコール。
ある時、唯一の理解者である、CIA時代の元上官、スーザンが殺害されたことで、犯人を追っていく。

〈感想〉
自身が信じた正義のために闘い続ける、
マッコールの特徴
○常に冷静沈着で、荒事は基本1分以内に解決
→戦闘前、時計で時間を測る習慣あり
○読書好きで、几帳面な性格
→本を机に置いてから、位置を微調整
あと、台所で青リンゴを綺麗に並べる
○大切な人の前では、厳しくも優しい
→タクシーの常連さんの話を優しく聴いたり、アパートの住人や大家とのやりとり

そんな彼から、哀愁や孤独感を感じるのは、過去に妻を失った深い悲しみを振り払うための闘いのようにも見える。

ストーリーとしては、正直、黒幕に辿り着くまでがあっけなく感じ、あまり感情移入出来なかった。
それでも、マッコール演じるデンゼルワシントンが魅せる、存在感あるアクションが観られただけで、満足だった。

どなた
どなたさん / 2019年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優しくて強い

関わった善良な人間には優しく、害ある人間は徹底的に痛めつける
勧善懲悪のありきたりな内容だが、デンゼル・ワシントンの演技力とあまりの強さで他とは異なる渋みと深みが出ていて引き込まれた
見終わってすっきりする作品

GOODMAN
GOODMANさん / 2019年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してただけにとても残念

前作が傑作だっただけにとても残念な出来だった。

単純な話のはずなのに、
前半は脚本がとてもバタついてるように感じられ、
話があっちこっち行って全く映画に入れず、
後半の戦いも余裕の展開で期待外れだった。

そもそも観たい話はこれじゃない感が凄くて、
タクシー運転手をしながら、
また弱き者を哲学と暴力で助けてくれるのかと
思ったら、
自分の過去の仲間たちが特に理由もなく、
運命が交差してしまったみたいなのが
ドラマとして魅力を全く感じなかった。
そして、弱過ぎ。

少年を助ける事と敵の話がイコールじゃなかった事に
問題があるような気がする。

そもそも、
これはフークア監督が望んだ続編だったのか?
と感じてしまうほどの出来だった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2019年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マッコール無双炸裂!

レンタルにあったので借りてみた。
どんなことにも首を突っ込む
お節介なマッコールさん。
1に引き続き2でも無双ぶりが気持ちいい。
彼がどれほどの危機に陥ろうとも、
どこか安心して観れるこの無敵感よ。
デンゼル・ワシントンのポッコリお腹が
またいい感じでテイストになってました。
訓練をしているようには見えないけど。。。
やはり戦闘の達人ともなると違うのだろう。
続編が出たらまた観たいと思う。

ラッキー7
ラッキー7さん / 2019年2月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ONEより

断然面白ー!いちどでレベルアップ!絶対みるべき!

Kayo
Kayoさん / 2019年2月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロバート・マッコールの世直し

いやー最高。流石はロバート・マッコール、ほぼ苦戦することなく機械的に悪党を懲らしめていく様はまさに世直し。友を殺した奴らに「お前ら全員殺す」と宣言し、その場からトンチを効かせて去るのが最高にカッコいい。クライマックスの舞台も『スカイフォール』みたいで情感が高まる。文句なし!

ヒートこけし
ヒートこけしさん / 2019年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

続・必殺仕事人デンゼル 仇討ちます

デンゼル・ワシントンとアントワン・フークア監督の4度目のタッグとなる、2014年の『イコライザー』の続編。
『デンジャラス・ラン』など企画はあったものの、デンゼルが長いキャリアに於いて初の続編出演も話題に。

一見、何処にでも居る普通の男。が、その正体は…。
元CIAの凄腕エージェント。
相手を瞬殺。
法では裁けない悪人どもに裁きを下す、米版“必殺仕事人”。
その名は、ロバート・マッコール!
続編を作りたくなるのも分かるくらい、マッコールのキャラは面白味がある。

前作ではホームセンターの従業員だったマッコールだが、今回はタクシー運転手。
冒頭、様々な客を乗せる。
何かこれだけで一本、人情映画が撮れそうな…。
もしまた続編が作られた時、次は何の仕事に就いているか、お楽しみにもなりそう。
さて、本筋は…

ある事件を追っていたマッコールのCIA時代の元上司が何者かに殺された。
CIA時代の元相棒と共に犯人を追う。

ズバリ、犯人は“同業者”。
マッコールと同じ“仕事請負人”。
が、マッコールは悪人に裁きを下しながら自ら罪の十字架を背負ってるのに対し、奴らは金と己の歪んだ保身の為だけに人を殺す。
しかも、元上司で唯一の友人を…。
同業者? 否!違う!
マッコールの怒りが爆発する…!

本筋と共にサイドストーリーも展開。
マッコールの近所に住む青年マイルズ。
画の才能がありながらも、悪事に手を染めようとする彼を救出。
時に厳しく熱く、時に優しく温かく、若者を導く。
その姿に、デンゼルの素の顔が垣間見えた。
擬似父子のような二人のドラマは悪くないが、この青年が何か事件の鍵を握っているのかと思いきや、全く関連ナシ。
終盤事件に巻き込まれ、ハラハラさせるシーンはあるものの、今回のマッコールのキャラ像を掘り下げる為の言わば“相手役”。

アクションの見せ場は激しさ増し。
OPの瞬殺アクションやマイルズ救出シーンはキレッキレ鮮やか。
例え暗殺者にタクシー内で襲撃されようとも、見事な運転テクニックと返り討ちアクションで迎え撃つ。
マッコールの自宅の隠し部屋はユニーク&ハラハラ緊迫感。
そして、クライマックスのハリケーンの中のアクションは、ムード共に最高の舞台。
イコライザー同士の熾烈な闘い。
一人一人始末していき、スカッとさせる。

事件の犯人は容易く想像付く。
前作のクロエ・グレース・モレッツのような華にも欠ける。
それらは物足りなく、マイナス点でもあるが、硬派なストーリーとスリリングな展開。
フークアの手堅いアクション演出。
ワシントンの華麗なるアクションと名演と、彼の持ち味が活かされたハマり役。
仕事人アクションとして今回も安定の面白さ。

晴らせぬ恨みを晴らし
許せぬ人でなしを消す
いずれも人知れず
仕掛けて仕損じ無し
人呼んで…

必殺仕事請負人、マッコール!

近大
近大さん / 2019年2月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

188件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報