あみこ

劇場公開日

  • 予告編を見る
あみこ
6%
53%
35%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

監督の山中瑶子が19歳から20歳にかけて、独学で撮り上げた長編初監督作。スタッフ、キャストをSNSで探すなど手探りでつくられた作品で、第39回ぴあフィルムフェスティバルで取り上げられ、PFFアワードで観客賞を受賞。その後も、第68回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門に史上最年少で招待されたほか、香港国際映画祭やカナダのファンタジア映画祭など、各国の映画祭で上映された。「どうせ死ぬんだから頑張っても意味がない」という考えを持つ女子高生あみこが、同じようなニヒリストだがサッカー部の人気者のアオミくんに恋をする。一生忘れられない魂の時間を共有した2人は、運命共同体になるはずだったが……。

2017年製作/66分/日本

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5若い時にしか作れない作品がある

2020年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

作家の初期衝動が強く刻印されている作品はそれだけで面白い。完成度うんぬんの前にその衝動がどこに向かうのか予測がつなかい無軌道さがスリリングだし、見たことのないものを見せてくれそうな期待感があるからだ。これはまさにそんな映画で、山中瑶子監督が二十歳の頃にしか作れなかった作品だろう。
主演の春原愛良がすごく良い目をしている。カメラをにらみつけるあの表情は、観客を吸い込む力がある。将来の展望のないあみこという女子高生が一人の同級生に恋心を抱くが、振り向いてもらえない。青春映画として当たり前のようなプロットなのに、独特さがディテールににじみ出る。スパゲッティとレモンをがっつかせてみたり。
舞台は長野をメインに後半は男の子を追いかけ、東京に出てくるあみこを描いているが、シナリオを書き切る前に東京の撮影を開始したらしい。この東京編の物語の無軌道さが、あみこの無軌道さと奇跡的にマッチしていて引き込まれる。あにこは、なぜ道行く人と唐突に踊りだすのか。意味などない、それは「純粋にそういう衝動があったから」踊ったとしか言えない。だから、面白い。意味や役に立つことなど考えない。現代への反抗として最も優れたやり方だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.5片時も目が離せないヒロイン登場

村山章さん
2018年9月29日
PCから投稿

笑える

楽しい

興奮

ポレポレ東中野のアンコール上映で鑑賞。

監督が19歳で撮った初長編が、世界の映画祭を回ったり、レイトショーのポレポレを満杯にしているという事実は確かにすごいが、「恐るべき新人!」みたいな看板が作品を底上げしているのではなくて、本当にちゃんと「映画」になっていて、しかも“個性”がダダ洩れするくらい溢れているのが素晴らしい。

とりわけ春原愛良という女優が演じる“あみこ”のごろりと転がしたような目つきと体格と存在感が圧巻で、本を広げて目しか映ってないカットなんかを見るとドキリとしてしまう。監督は影響やオマージュを隠す素振りもないが、圧倒的にオリジナルな魅力がある。

「こじらせ女子高生の青春物語」ならいくらでも存在するだろうが、映画のビジュアルとして片時も目が離せないヒロインが生まれたことだけでも傑作だし、それ以外にもハッと驚かされたり虚を突かれたりする瞬間が何度も持ち上がってくるこの感覚を、大勢の人に味わって欲しいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

3.5若さほとばしる、疾走勇足物語!!!

2021年6月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いやぁ、すごい才能ですね、山中監督。
19歳?20歳?の頃、独学で作った映画だそうです。
すっごいなぁ。

ポレポレさんのアンコール上映で鑑賞です。
当日はアフタートークがありまして、本作は
なんの都合も気にせず、監督が自分で好き勝手に
撮った作品だそうです。だからでしょうか?
粗いなぁって感じつつ、キラキラしてずっこーん!と
突き抜けていました。

何よりも、全体を覆う厨二病感!!!いい。
悩め!考えるな、感じろ!そして動け!
行け!自己中でいけーーー!ってなもんです。
しかし、しかしですよ。
繊細な作品なんですよね。これが。
考えられた(であろう)緩急。
引き込む構成。
そして魅力的に仕上げられた主人公。

レモン、ガシガシ。
スパゲティ、わしゃわしゃ。
なんだろう?と観ながら
わけわからんかった自分の十代を思い出し。

きっと、これは山中監督の頭の中(だった)の
具現化に他ないのでしょう。
だからこそ、山中監督の作品が楽しみになる
一作でした。

感じれば良い・・・と思う作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

3.0網子

2019年7月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

文藝天国とか4s4kiとか、メインどころで言うと欅坂46とか、メンヘラ「っぽい」女子の魅力におっさんになってからハマっている私から言わせてもらうと、この作品は違う。
というか、この人は違う。
この監督は多分、限りなく健全で真っ当な陽の人物だと思う。
こういうサブカル的アングラ的な作品よりも、“大衆文化”な王道の青春ものとかラブストーリーを撮ったら大化けする人だよ、きっと。
映画的な演出としては手堅くて凄くセンスを感じたから、一度王道青春映画を撮ってほしい。
主演の子も、まさかの朝ドラレギュラー女優まで登り詰めた岸井ゆきのと同じ空気感を持ってるし、この子もちょっとしたきっかけでブレイクする可能性は十分にある。
がんばれ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ヨッシー
すべての映画レビューを見る(全16件)