さよならくちびる

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
さよならくちびる
さよならくちびる
21%
51%
23%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「黄泉がえり」「どろろ」の塩田明彦監督が、小松菜奈と門脇麦をダブル主演に迎え、居場所を求める若者たちの恋と青春をオリジナル脚本で描いた音楽ロードムービー。インディーズ音楽シーンでにわかに話題を集めただけの2人組女性ユニット「ハルレオ」のハルとレオは、それぞれの道へ進むため解散を決める。2人はサポート役であるローディの青年シマとともに日本縦断の解散ツアーに出るが、レオはシマに、シマはハルに思いを寄せており、ハルもまたレオに友情を越えた感情を抱いていた。複雑な思いを胸に秘めながら、各地でステージを重ねていくハルレオだったが……。レオを小松、ハルを門脇、シマを「愛がなんだ」「ビブリア古書堂の事件手帖」の成田凌が演じる。「ハルレオ」が歌う主題歌プロデュースを秦基博、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんと、それぞれ人気ミュージシャンが楽曲を手がけた。

2019年製作/116分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原案
塩田明彦
脚本
塩田明彦
製作
依田巽
中西一雄
定井勇二
エグゼクティブプロデューサー
小竹里美
企画
瀬戸麻理子
プロデュース
瀬戸麻理子
プロデューサー
根岸洋之
高橋尚子
音楽プロデューサー
北原京子
協力プロデューサー
村野英司
ラインプロデューサー
大日方教史
撮影
四宮秀俊
照明
秋山恵二郎
録音
鶴巻仁
美術
竹内公一
装飾
石田満美
スタイリスト
伊賀大介
ヘアメイク
倉田明美
編集
佐藤崇
サウンドエディター
伊東晃
音楽
きだしゅんすけ
主題歌プロデュース
秦基博
挿入歌
あいみょん
スクリプター
近藤真智子
VFX
浅野秀二
助監督
毛利安孝
制作担当
小川勝美
アソシエイトプロデューサー
増山紘美
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019「さよならくちびる」製作委員会

映画レビュー

4.5曲良し、声良し、演技良し。喫煙場面が玉にキズ

2019年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

主題歌の詞にも「たばこ」が出てくるし、くちびる(感情が言葉となり表れる場所)と密に関連する重要アイテムなのはわかる。でも多すぎないか、喫煙場面。一昔前ならともかく、これだけ健康被害、喉へのダメージ、受動喫煙の問題が知られた今、若い女性デュオの2人と30男のシマをチェーンスモーカーのように描くのは疑問。若い観客が感化されないといいが。

青春音楽映画としては上出来。あいみょんの2曲は軽やかで前向き。秦基博の主題歌はサビ部分の鮮やかな転調と、ハル(門脇麦)の主旋律にレオ(小松菜奈)が下の音程を合わせるハモりがセンス良し。声質の相性もいい。演奏場面も悪くないが、音作りに臨場感があればなおよかった。路上ライブの場面など音が別録りなのがもろバレ…。

ハルが手作りカレーを振る舞うシークエンスでは、小松が食べ始めてから涙を流すまでカットを割らずワンショットで見せる。彼女の俳優としての成長に感心した。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

1.5ザにほんえいがのひとつ

津次郎さん
2020年8月12日
PCから投稿

個人的に思っている日本映画の一定義なんですが、
日本映画はモラトリアムなにんげんを描いている。
日本映画はモラトリアムな作家によってつくられている。
日本映画はモラトリアムな人々に好まれる。

この定義は、おおくの日本映画に合致してしまう。と思います。
才能はそこそこだけれど、なまいきに生きる──じぶんのダメさを、わかっちゃいるんだけど、まだめくってないページがあるんじゃなかろうか、まだ出会えていないインベスターがいるんじゃなかろうか・・・そこはかとない希望をたずさえながら、とくにすごい努力するわけでもなく←ここ重要、現実に屈服したフリをしながら生きる──と、日本映画ができあがる。ような気がします。

そこそこの才能、あまり努力はしてない、からめとられる現実→からの諦観→からの哀感→「等身大」という共感を獲得。
──日本映画の常套手段だと思います。

ハルレオの音楽性は個人的にはぜんぜんですが、このてが好かれることは知っています。それは映画と共通する感慨でもありました。映画も個人的にはぜんぜんですが、雰囲気が好まれる映画だとは思いました。

個人的な音楽嗜好ですが、歌詞に露骨な人生の励まし、直截な悲哀があるとムリです。反吐が出ます。絵音のmiwa評に賛同してます。
岡村孝子に「あなたの夢をあきらめないで」という一節がありますが、正常な大人がそれを聴いて勇気づけられるとは思いません。直截表現は、個人的には歌詞じゃありません。
田園に「空のミルク瓶にタンポポ刺すあいつ」という一節がありますが、たとえば「希望」を表現するなら、そのような点景や寓意に変換すべきです。それが詞の仕事であるはずです。
また、ふたりのボーカル、パート分離してました?聴いたかぎりぜんぶユニゾンだった。気がします。デュオ、しかも二人で並んで歌うもろデュオでハーモニーしないのは妙でした。
じっさいにハルレオの映画中オーディエンスは中高生であって、ならばかれらも、意味ありげに低回せず、ポップに生きていたほうが、音楽性に合致していたのではないか──と思いました。

人は悲しむことができますが、障壁のないところで、悲しがってはいけません。雰囲気で持っていける映画ですが、映画は雰囲気で持っていっちゃいけません。と思います。
映画も音楽も、そこそこなのであれば、そんなにタメ=もったいぶった空気感をつくっちゃいけないわけです。日本映画ってなんでタメるんですかねえ。いつもの日本映画だと思います。個人的に篠原ゆき子がお気にで一瞬だけなごみました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.5旬なキャストと音楽陣による切なさ1000%青春ストーリー

オレさん
2020年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

インディーズ界でにわかに知名度を上げていた女性ギターデュオ「ハルレオ」はそれぞれの道を歩む為、解散を決めた。
全国を巡る解散ツアーの中でローディのシマを含む複雑な三角関係を描いた青春音楽ムービー。

小松菜奈が歌うというだけで観に行ったような今作笑(冗談)
劇中歌をいまや不動の人気を得たシンガー秦基博と新星ながらすでに女性シンガーソングライターの代表のような存在となったあいみょんが手がけたという爽やかなイメージを持つ一方で、メインキャスト3人が三角関係というなかなかドロついた人間関係をセリフ少なに演じる3人の演技力が確かなもので音楽映画としても青春映画としても良質なモノとなっていた。

一つ惜しい点を挙げるとすれば持ち歌が3曲だけで単独ではないにしても7か所もツアーができるのかという点。
複数の会場で同じ曲を数回に渡り聴くシーンがあって若干バラエティの少なさを感じはしたが、その一つ一つのクオリティが上記のプロデューサーということもあってか非常に高く割と聴けてしまう笑。

最後までギスギスした解散ツアーだったが、解散後どこか吹っ切れた表情でシマの車に戻り、とりあえず腹が減ったと図々しくも言い出す2人と絶対にユニットの続行だけはないと否定し続けるもどこか嬉しそうなシマの3人を描いたラストシーンがとても暖かく、切ない続きだった今作の唯一の光となったのがとても印象深い作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレ

5.03人の芸達者な、役者さんなんだか歌手なんだか……

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

誰かに「どういう映画なの?」と聞かれて、ひとことで答えられる映画でないと、ヒットは望めない、今はそんな時代なのでしょうね。
SNSという媒体そのものが、「ひとこと星人」の巣窟ですし。

この映画は、男一人、女二人の複雑な感情のあやを巡る絶妙な演技を、「デュオを解散するための最後の旅」という設定のもとで楽しもうという趣向の映画です。

……が、こんなまとめでは、観てない人の心には絶対に突き刺さるはずがありません。

実際、私だって、直前に「愛がなんだ」を観て、成田凌という俳優は凄い演技をするなと思ったからこそ、この映画を観たのですし。

だから、歌も上手いし、心に染みるよ……とも思うのですが、二人の女の子たちがこれから歌手としてデビューするわけでもなさそうですし(挿入歌のCDは出ていますが)、この映画の凄さを言葉で伝えられないのがもどかしく、コメントもできません。

でも、ね。

貴重な時間と貴重なお金を使う価値が十分にある、そんな掘り出し物の映画で、これぞ映画たる映画だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全133件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「さよならくちびる」以外にこんな作品をCheck-inしています。