斬、

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
斬、
斬、
11%
46%
34%
8%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「野火」「六月の蛇」の塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を迎えて描いた自身初の時代劇。250年にわたって続いてきた平和が、開国か否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される浪人の男と周囲の人々の姿を通し、生と死の問題に迫る。文武両道で才気あふれる主人公の浪人を池松、隣人である農家の娘を蒼井が演じ、「野火」の中村達也、オーディションで抜擢された新人・前田隆成らが共演。「沈黙 サイレンス」など俳優としても活躍する塚本監督自身も出演する。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門出品。

2018年製作/80分/PG12/日本
配給:新日本映画社

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ベネチア国際映画祭(2018年)

出品

コンペティション部門 出品作品 塚本晋也
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

映画レビュー

3.5塚本晋也がかっこよすぎる

2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幕末の動乱の時代の農村を舞台にした時代劇というのは珍しいが、作品全体の根底にある価値観も時代劇としては相当珍しい。人を斬るのが仕事の侍が斬ることに疑問を持っている。都ではしゅうちゅう流血沙汰であったことを考えればさらに異質だ。現代的な価値観では正しい問いであると言えるが、幕末にもそういう価値観があっただろうか。農村が舞台であるという点がそこはポイントになるかもしれない。
江戸時代はなんだかんだと300年大きな戦もなく泰平の世が続いた。時代のうねりを感じにくい農村でそのような考えも生まれるのかもしれない。

侍姿の塚本晋也がとにかくカッコいい。ぎっくり腰で満足に殺陣ができなかったらしいが全くそうは思えない。スコセッシ映画などにも出演して、近年役者として凄みが増しているように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
杉本穂高

3.5刀の音

2021年3月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

時代劇にして塚本晋也の特色と変態性は発揮され、演じる池松壮亮や蒼井優に塚本イズムを押し付ける役者冥利と、塚本作品のもはや常連でもある中村達也の悪役全開にワンシーンで掻っ攫う存在感。

リアルに響き渡る刀の斬音?は"鉄男"から継承されたようなメタリックな鉄のゾッとする感覚、それよりも握りしめた時の軋むミシミシ、ミリミリって濁点が付く音が何よりもリアルで恐怖心を煽られる。

蒼井優を見る度に"山ちゃん"って現実を受け入れられない、信じられない!??

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0やっぱり、斬ってしまうのか🙇‍♂️

2021年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

単純

強そうだけど、
百姓の少年とチャンバラする侍

ここぞ、と言う時にでも、
棒切れで敵と闘う斬れない侍

そんな侍が戦に行くつもりだが、
刀が抜けない侍が戦で何をする。

そんな侍が、斬れない侍が逃走し、
刀を抜かすため逃げる侍に、
上司が追いかけて闘う羽目となり、

どうする。

どうなる。

そんなことに悩むより、
人斬り包丁など持たぬことだ。

そして、
どうするか、
どう生きるか、

武士道と言う人殺し作法などあってはならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カールのおっちゃん

3.0濃厚な映画

たけおさん
2020年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前回からの設定をそのまま継続した続編。
内容的に同じなので、退屈する部分は否めないです。
暇つぶしには十分な作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお
すべての映画レビューを見る(全92件)