アップグレード

劇場公開日:

アップグレード

解説

「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラムが製作、「インシディアス」シリーズで脚本や監督を務めたリー・ワネルがメガホンを取ったSFアクション。近未来、妻と平和な日々を送っていたグレイは、突如現れた謎の組織によって妻を殺され、自身も全身麻痺となってしまうが、巨大企業の科学者によって実験的に埋め込まれたAIチップ「STEM」の力によって麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れる。グレイは脳内で会話する相棒的存在である「STEM」と協力し、最愛の妻を殺害した謎の組織への復讐を誓う。主人公グレイ役を「プロメテウス」「スパイダーマン ホームカミング」のローガン・マーシャル=グリーンが演じる。

2018年製作/95分/PG12/アメリカ
原題:Upgrade
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

映画レビュー

4.0変わり種のSFアクション好きなら見逃せない

2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

あちこちで言われているように、本作はまさに「掘り出し物」だ。監督は「インシディアス」シリーズのリー・ワネル、主演は「プロメテウス」のローガン・マーシャル=グリーンと、どちらも超メジャーというほどでもないせいか認知度はやや低いようだが、AIチップを埋め込まれて超人的な身体能力を獲得した主人公が繰り出すアクションが滅法面白い。全身麻痺になった身体をAIが操るという状況を、ロボットダンスに似たカクカクした動きで表現しているのだが、再生速度の絶妙なコントロールにより、格闘ゲームで操作されるキャラクターの動きを実写で再現したような、ちょっとユーモラスで妙に味わいのある活劇になっているのだ。

SF映画としては、「her 世界でひとつの彼女」「マトリックス」「レポゼッション・メン」などに近いテーマや要素を含む。これらの過去作のダークな部分が好きなSFファンなら、本作もきっと気に入るだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
高森 郁哉

4.0近未来をジャストなアイディアとサイズで具現化した、見逃せない「掘り出し物」

2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

リー・ワネルといえば、ジェームズ・ワンと共に「ソウ」シリーズをぶち上げた切れ者として知られるが、まさか彼が単独監督としてこれほど腕を上げてるとは驚きだ。メイン画像やポスターからは想像できないアッと驚く世界観がここには詰まっている。

体の自由が利かなくなった男が、体内にAIを埋め込むことで未知なる力を発揮する・・・。あらすじだけを見ればありきたりな感じもするのだが、やがて壮絶なバイオレンス・アクションとなり、一方、脳内で音声ナビしてくれるAIとのバディムービーとしての側面も厚みを増し、そこからさらに物語はツイストする。勘のいい人は先読み可能かもしれないものの、重要なのは語り口。矢継ぎ早に繰り出される展開は見ていて痛快。

低予算の帝王、ジェイソン・ブラムの存在もうまく機能した。物語そのものはこじんまりとしながらも、手頃な箱庭サイズで近未来SFとしての旨味を十二分に引き出している点が最高だ。

コメントする
共感した! (共感した人 13 件)
牛津厚信

4.0《アップグレードされた男》と《埋め込まれたAI》

琥珀糖さん
2022年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

2018年(アメリカ)監督:脚本:リー・ワネル
掘り出し物だと思いました。
SF映像も目を見張るし、低予算とは思えないアップグレードされた未来図。
アイデアが素晴らしい。
近未来で妻を正体不明の組織に襲われて殺されたグレイ
(ローガン・マーシャル=グリーン)は、命は助かるものの全身が麻痺
してしまう。
ある企業の宿主オーナーから、人工知能チップ(STEM)を埋め込む
手術を受けると、身体は回復する。
回復するどころか脅威的な身体能力を持ってしまう。
ここで面白いのは宿主グレイと人工知能のSTEMが会話したり反発
しあったりする所。
(ちょっと会話はヴェノムに似ている)
まぁこれがラストへの伏線なのだけれど、新鮮で面白い。
AIを搭載したグレイの脅威的なアクション。
キレがあり最高だ。
内容は妻を殺された男のリベンジ・アクションだけれど、
主演のローガン・マーシャル=グリーンのロボットみたいな振り付けと
トリッキーなカメラワークのにも目が釘づけだ。

AIに乗っ取られる人間の恐怖にも言及していて、考えさせられる。
(ラストは甘めで、個人的には好き)

その後、リー・ワネルが『透明人間』でヒットを飛ばしたのも納得です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
琥珀糖

3.0黒幕は

たけおさん
2022年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

興奮

知的

黒幕は私の想像の一歩上を言ってました。
ストーリー的には、妻を殺された相手に復讐するという単純なもの。その手助けをするのがステムと呼ばれるチップで、人間をアップグレードしてくれる代物。
無敵な体を使って犯人を突き止めていく流れはテンポがよくて楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお
すべての映画レビューを見る(全144件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る