アップグレード

劇場公開日

アップグレード

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラムが製作、「インシディアス」シリーズで脚本や監督を務めたリー・ワネルがメガホンを取ったSFアクション。近未来、妻と平和な日々を送っていたグレイは、突如現れた謎の組織によって妻を殺され、自身も全身麻痺となってしまうが、巨大企業の科学者によって実験的に埋め込まれたAIチップ「STEM」の力によって麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れる。グレイは脳内で会話する相棒的存在である「STEM」と協力し、最愛の妻を殺害した謎の組織への復讐を誓う。主人公グレイ役を「プロメテウス」「スパイダーマン ホームカミング」のローガン・マーシャル=グリーンが演じる。

2018年製作/95分/PG12/アメリカ
原題:Upgrade
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

映画レビュー

3.5いつの間にかAIに支配される未来世界

2019年10月22日
iPhoneアプリから投稿

AIの暴走がテーマで、人間の主人公とAIが会話しながら身体をバトンタッチして戦う設定が面白かったです。過去のB級SFで観たようなネタもチラホラあるけど、AIに任せっきりで自分で判断出来なくなったり、つらい現実からVRに逃避してしまう等、AI社会への風刺も効いていて、なかなか面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シネマディクト

3.5オチが強烈で良いが。

2019年10月21日
iPhoneアプリから投稿

ITを使用する側から使用される側へ。

一昔前なら、だいぶ先の未来のようにも感じただろうが、現に声で操作し、コミュニケーションを取るスマート家電が巷に溢れ、私もAlexaにはだいぶ世話になっているため、ITに何もかも世話になる今作の設定は割と十年後くらいの未来の話なのかもしれない。

映画的には前半がとにかくのろくてたるいので、こりゃ失敗したかと思ったのだが、後半からはかなりシリアスなオチへ。
特にラストが、ハッピーエンドかバッドエンドかがよくわからないのも斬新で良い。

映画の質は良いものだが、ただ、ITの反乱みたいなテーマの映画は既にかなり世に出回ってしまっているし、全てのネタはどこかで観たような気もするし、そういう意味では高得点出しづらい作品。
映画を観ている人ほど既視感には悩まされるはず。あまり観ないなら後半は抜群に面白いとは思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
やべっち

4.5おもしろかった♪

jjjjjさん
2019年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
jjjjj

3.0二極性のこだわり

2019年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

メインビジュアルのポスターがキカイダーのように赤と青くっきり別れてますが、まさしくこの映画の持つ人間と人工知能、現実と仮想現実、アナログとデジタル、正義の心と悪の心、などの二極性を物語っているように感じました。
主人公と人工知能との共依存、やり取りは「寄生獣」や「ヴェノム」とは一味違うドライ感があって面白かったです。バトルシーンもカンフーが基本でお約束的な所でもありますが、個性的な効果音とエフェクトを織り交ぜ独特な魅せ方がありました。バトル中いグロい描写もあり、SAWを手かげた方が関わっているだけあって一瞬ヒヤッとさせるのは秀逸。
予算と時間の兼ね合いか、登場人物のキャラの掘り下げの甘さ、終盤にかけての駆け足感は拭えず、世界観もいまいち掴みづらいのが少し気になりましたが物語自体のオチ、落とし所は私は好きです。
その後の行く末が気になりますね・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キネマーカイギュウ
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る