アップグレード

劇場公開日

アップグレード
20%
62%
16%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラムが製作、「インシディアス」シリーズで脚本や監督を務めたリー・ワネルがメガホンを取ったSFアクション。近未来、妻と平和な日々を送っていたグレイは、突如現れた謎の組織によって妻を殺され、自身も全身麻痺となってしまうが、巨大企業の科学者によって実験的に埋め込まれたAIチップ「STEM」の力によって麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れる。グレイは脳内で会話する相棒的存在である「STEM」と協力し、最愛の妻を殺害した謎の組織への復讐を誓う。主人公グレイ役を「プロメテウス」「スパイダーマン ホームカミング」のローガン・マーシャル=グリーンが演じる。

2018年製作/95分/PG12/アメリカ
原題:Upgrade
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

映画レビュー

4.0変わり種のSFアクション好きなら見逃せない

AuVisさん
2019年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

あちこちで言われているように、本作はまさに「掘り出し物」だ。監督は「インシディアス」シリーズのリー・ワネル、主演は「プロメテウス」のローガン・マーシャル=グリーンと、どちらも超メジャーというほどでもないせいか認知度はやや低いようだが、AIチップを埋め込まれて超人的な身体能力を獲得した主人公が繰り出すアクションが滅法面白い。全身麻痺になった身体をAIが操るという状況を、ロボットダンスに似たカクカクした動きで表現しているのだが、再生速度の絶妙なコントロールにより、格闘ゲームで操作されるキャラクターの動きを実写で再現したような、ちょっとユーモラスで妙に味わいのある活劇になっているのだ。

SF映画としては、「her 世界でひとつの彼女」「マトリックス」「レポゼッション・メン」などに近いテーマや要素を含む。これらの過去作のダークな部分が好きなSFファンなら、本作もきっと気に入るだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
AuVis

4.0近未来をジャストなアイディアとサイズで具現化した、見逃せない「掘り出し物」

2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

リー・ワネルといえば、ジェームズ・ワンと共に「ソウ」シリーズをぶち上げた切れ者として知られるが、まさか彼が単独監督としてこれほど腕を上げてるとは驚きだ。メイン画像やポスターからは想像できないアッと驚く世界観がここには詰まっている。

体の自由が利かなくなった男が、体内にAIを埋め込むことで未知なる力を発揮する・・・。あらすじだけを見ればありきたりな感じもするのだが、やがて壮絶なバイオレンス・アクションとなり、一方、脳内で音声ナビしてくれるAIとのバディムービーとしての側面も厚みを増し、そこからさらに物語はツイストする。勘のいい人は先読み可能かもしれないものの、重要なのは語り口。矢継ぎ早に繰り出される展開は見ていて痛快。

低予算の帝王、ジェイソン・ブラムの存在もうまく機能した。物語そのものはこじんまりとしながらも、手頃な箱庭サイズで近未来SFとしての旨味を十二分に引き出している点が最高だ。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
ぐうたら

4.0AIとの付き合い方を考えさせられます

2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

公開日に地元映画館では上映がなかったので諦めていたのですが、最近になって上映されていることを知り、遅ればせながら鑑賞してきました。評判どおりおもしろい作品で、最後の最後まで楽しく鑑賞できました。近未来を描くSF作品は大好きなのですが、本作ではAIチップの存在が物語のカギとなっており、人間とAIとの付き合い方について一度立ち止まって考えてみたくなりました。

犯罪組織によって妻を殺され、自身も手足の自由を奪われた男が、AIチップを埋め込まれたことでアップグレードし、復讐へと動き出すという設定が、興味深かったです。肉体はあくまで自分のものなのですが、そのコントロールをAIが行うことで、まったく無駄のない精密機械のような動きが生み出され、復讐相手を完膚なきまでに叩きのめす場面は痛快でした。しかし、そこはそれ、機械が行うことなので、躊躇も加減もなく、目を背けたくなるシーンもありました。でも、このおかげでグレイとSTEMには、体のコントロールだけでなく、内面や思考にも大きな違いがあることが伝わってきました。そして、これが終盤への伏線にもなっていたと思います。

全体のストーリーとしては、家族の復讐劇を描きながら、その裏側にある陰謀がしだいに明らかになっていくという、よくある展開ではあります。しかし、序盤から周到に伏線を張り巡らせ、グレイの身に起きたことや、じわじわと真相に近づいていく様子を丁寧に描いているので、いつのまにか作品世界に引き込まれていきます。また、中盤あたりで黒幕の見当がつきつつも、ラストのどんでん返しと伏線回収コンボで、そういうことかと裏切られる感覚も非常に心地よかったです。なんとなく、「searchサーチ」と似たものを感じました。

ただ、物語の締め方は、自分としては別の形のほうがよかったかなという印象です。あと、演技になんの不満もないのですが、あまりよく知らない俳優ばかりで、華がないと感じてしまったのも残念なところです。とはいえ、作品としてよくできているので、オススメです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
おじゃる

4.5【近未来をペシミスティックな視点で描き出すダークテイストなSFアクション 】

NOBUさん
2019年11月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

 AIの力を借りての復讐譚かと思いきや、遥かにダークな近未来SF 映画であった。

 ジェイソン・ブラム製作だから、二つ三つの捻りは予想したが・・。

 物語の完成度は高い。

 が、本能的に自動運転等を含めた全AI化する姿勢は好みではなく、人間の叡智を信じたい性質なので、コルテス刑事(おお、貴女はゲットアウトの笑いながら涙流すメイドではないか)を応援していたのだが・・。

 アシャの死もグレイの下半身不随も全てがAI が仕組んだ事が明らかになった際の人々の空虚な表情が印象的な作品

 〈AIチップの”STEM”の声が低いトーンに変容する場面の恐ろしさは、実未来でも決して有り得ない事ではないのである。〉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る