小さな恋のうた

劇場公開日

小さな恋のうた
41%
41%
14%
1%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

沖縄出身のバンド「MONGOL800」の人気楽曲「小さな恋のうた」をモチーフに描く青春映画。「orange オレンジ」「羊と鋼の森」の橋本光二郎監督がメガホンをとり、沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、そしてフェンスを隔てた米軍基地に暮らす同世代の少女といった大切な人たちに思いを届けようとする姿を描く。米軍基地のある沖縄の小さな町で、ある高校生バンドが人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観客たちを熱狂される実力をもった彼らは、東京のレーベルにスカウトされ、プロデビューすることが決まる。しかし喜びの矢先、ある悲劇が起こり、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに1曲のデモテープと米軍基地に住む1人の少女が現れ……。主人公の真栄城亮多役を「3D彼女 リアルガール」「ちはやふる 結び」の佐野勇斗が務めるほか、森永悠希、山田杏奈、本作が俳優デビューの眞栄田郷敦ら若手注目株が集結。

2019年製作/123分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019「小さな恋のうた」製作委員会

映画レビュー

3.5ご当地映画の新しい形?楽曲の魅力に頼り過ぎたか

2019年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

MONGOL800の楽曲をモチーフに作られた映画で、バンド出身地の沖縄でロケを行い、主な登場人物も地元の音楽好きの高校生という設定。美しい島の景観を捉え、基地内の少女と高校生の交流があったり、米兵が起こしたひき逃げ事件で抗議デモが起きたりと、地元に寄り添う姿勢を見せてはいる。でも主要キャラが誰一人方言を話さないのは疑問。スマホとネット動画が普及し地域性が薄れて今どきの若者は当たり前に標準語話すよ、との意図か。あるいは方言指導をできない事情があったか。何にせよ沖縄文化が軽んじられた気が。

モンパチの伝記映画ではなく、彼らの曲を劇中の高校生バンドが自作曲として歌っている、という体裁だが、その虚構を観客に納得させる工夫が弱い。演奏シーンも悪くないが、楽曲の良さと人気に頼りすぎでは。女優を美しく魅力的に撮ろうという意欲が希薄なのも気になった。劇映画としては課題多し。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

3.5沖縄×モンゴル800×米軍基地

冬眠さん
2022年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

序盤にあるオカルト展開以外は良かったです
あの件いる?

まあ基地問題のそれは県外人には分からないので響きようが無いのですが

評価 3.3

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
冬眠

4.0青春映画の傑作

2021年12月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 いきなりバンドが学校で演奏し始めるところで始まって、彼等がプロの目にとまってメジャーデビューの展望が開けるという展開に食傷気味に。しかしその後の展開は試練の連続でいい意味で裏切られた。バンドのリーダーを失って意気消沈するメンバーたち。しかし亡くなったリーダーの妹である舞が、兄の遺していた曲を演奏してほしいと頼みこみ、最初は困惑したメンバーも、再びバンドが立ち上がる。
 妹の舞がギターを弾けるという設定もご都合主義過ぎないかと、天邪鬼に冷ややかに観ていたが、ここからがこの映画の真骨頂。沖縄の基地問題も相応に取り入れて、そこに済むアメリカ人の娘との交流も描きながら、音楽の力を最大限に使って映画は突き進んでいく。このベタになりそうな内容が、演じる俳優たちの熱演で説得力を持たされる。特に舞を演じる山田杏奈が希有な存在感。大人しい優等生だった舞が兄の遺志を引き継いでバンド活動に打ち込む姿を熱演。父親にギターを壊されて怒りの感情を爆発させるところは演技とも思えない演技だったし、基地のフェンス越しにSAYONARA DOLLを歌う場面は、澄んだ高い声で歌うところは天使の歌声とただ驚くばかり。新人賞を受賞したのもうなずける。
 沖縄が舞台のわりに標準語なのもどういった意図かわからないが、基地と地元の人々の関わりが両方の視点も取り入れているところは好感が持てる。トミコ・クレア演じるアメリカ基地隊員の娘と舞たちの交流も結局は異動によって絶たれてしまい解決とか理解への道は遠いことにも気づかされた。モンゴル800の曲がすべてこのバンドのオリジナルという設定なのも気にならなくなるほど彼等の音楽は(テクニックはおいても)素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サンカンテアン

4.0難しい世代の美しい青春映画🎬

2021年10月31日
iPhoneアプリから投稿

心の在り方に迷う世代の難しさを
ストレートに描いた作品でした!

歌と人のテーマがすごくマッチしており
ガッツリ涙が出ました😭

若手の躍進力も加わり見応え抜群です‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
watalydian
すべての映画レビューを見る(全93件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る