英国総督 最後の家
ホーム > 作品情報 > 映画「英国総督 最後の家」
メニュー

英国総督 最後の家

劇場公開日

解説

1947年、独立前夜のインドを舞台に、激動する歴史に翻弄された人々の姿を描いたヒューマンドラマ。最後のイギリス統治者として、インドのデリーにある総督の家にやってきたルイス・マウントバッテン。宮殿のように豪華な総督の邸宅では、ヒンズー教、イスラム教、シーク教などさまざな宗派の教徒たち500人が使用人として階下で働き、ルイスと家族が暮らす2階では、政治のエリートたちが、独立後に統一インドを望む多数派と、分離してパキスタンを建国したいムスリムたちとに分かれ、連日連夜の論議を続けていた。そんな日々の中、使用人のインド人青年ジートと令嬢秘書のアーリアが、宗派の違いを超えて惹かれあうのだが……。インドにルーツを持ち、祖父母が分離独立の大きな影響を受けたというグリンダ・チャーダ監督がメガホンをとり、総督ルイス・マウントバッテンを「パディントン」のヒュー・ボネビル、ルイスの妻でインドへの愛情を示すエドウィナ役を「X-ファイル」のジリアン・アンダーソンが演じた。

キャスト

作品データ

原題 Viceroy's House
製作年 2017年
製作国 イギリス
配給 キノフィルムズ
上映時間 106分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

総督に託されたインド独立の難事業。使用人男女の試練の愛を添え情感豊かに描く
英国総督 最後の家の映画評論・批評

英国に暮らすインド系移民2世の女子高生がプロサッカー選手を目指す「ベッカムに恋して」を観た映画ファンなら、監督・共同脚本のグリンダ・チャーダもまたインド系移民の女性であることを覚えているかもしれない。1947年のインド・パキスタン分離...英国総督 最後の家の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全3件)
  • 歴史とは勝者の物語 冒頭に出てくるこの言葉を最後の最後に納得。歴史が勝者の物語なら、フィクションは敗者の物語であるべきだなとつくづく思った。 . 私なんかパキスタンという国があるということしか知らないレベルでその裏... ...続きを読む

    せつこん せつこんさん  2018年8月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 夏休みに 113本目。 中高生が夏休みに観た方がいいと思う。 インド、パキスタン情勢をほとんど知らない自分が恥ずかしい。 池上彰が説明しながらだったら、もっと分かり易い。 正義、損得、ベスト、ベターどれを... ...続きを読む

    ひで ひでさん  2018年8月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 戦争が始まり、2つの核保有国が誕生する。 「歴史は勝者によって記される」という言葉で始まるこの映画は難解です。 歴史は、1つのインド植民地をインドとパキスタンに分離して独立させる ということです。 勝者は、英国チャーチル首相です。 どう... ...続きを読む

    ノリック007 ノリック007さん  2018年8月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi