沈黙、愛

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
沈黙、愛
沈黙、愛
13%
48%
35%
0%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク主演のサスペンス。実業家として権力や富を手にし、有名歌手のユナとの再婚を控えるイム・テサン。しかし、ユナが殺害され、その容疑者として娘のミラが逮捕されるという最悪の現実がイムに降りかかる。娘の無実を証明するため、イムはチェ・ヘジュンという若い弁護士を雇い、自らの手で事件の調査を開始する。しかし、検察側と弁護側の証言の違いから、法廷闘争は過熱していく。そんな中、ユナの熱狂的なファンを自称するキム・ドンミョンが現れる。チェ・ミンシクが主人公イム役を演じるほか、「尚衣院 サンイウォン」のパク・シネ、「タクシー運転手 約束は海を越えて」のリュ・ジュンヨルらが脇を固める。自身の長編デビュー作「ハッピーエンド」でチェ・ミンシクとタッグを組んだチョン・ジウ監督がメガホンを取った。

2017年製作/125分/韓国
原題:Heart Blackened
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • インサイダーズ 内部者たち
  • オールド・ボーイ(2003)
  • 哭声 コクソン
  • V.I.P. 修羅の獣たち
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ブリムストーン
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • ハロウィンII
  • インサイド
  • アンチクライスト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2017 CJ E&M CORPORATION, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

3.0チェ・ミンシクさん良い

2021年1月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タクロー

3.0このトリックは観客にバレない

2020年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろたん

3.0ノワールのパンダ

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

丸顔。大きい瞳。豊頬。笑っているような口元。
そこはかとない割れ顎と、さらにそこはかとない割れ鼻突。
神が造形したのか、人が造形したのか知らないが、絶妙の顔立ち。
パクシネが嫌いな人なんてひとりもいない。

だが、映画はおそらく消極的だと思う。あっても助演か、はっきりした主役はない、もしくはソースを見つけることができなかった。

すでに長いスターダム。
ポジションを確立している人だが、そろそろシリアスな演技の需要を模索するかもしれない。映画に、積極参入しはじめるかもしれない。──を感じさせる映画だった。

世の中にデマンドが浸透して、かつてのドラマも見た。
──後追い体験ながら、当時の流行を理解した。

野暮を承知で言ってしまうと、いくら軽いドラマとはいえ、あからさまに女の子としか思えない子を、男子ですと設定してしまうところは、日本の発想にはなかった。
気づくだろ、ふつう──ということではなく、男子に化けて、それが通る世界をつくりだすことは、発想になかった。
その強引な設定が韓流ドラマの凄みだった。
韓流ドラマはベタを拡大する。これは韓国映画のスタンスとは180度異なり、コンテンツ別でしっかりターゲットを分けている。

かつて、職場の若いひとが飲み会でやった「韓流ドラマの酔っ払い」が、解らなかったのだが、今は解る。
回らない呂律で「わたしはあ」を繰り返し、テーブルに置いた肘をズルッと落とし、ましじゃましじゃと言いながら一気飲みし、笑いか泣きの上戸を演じる。
つまりベタに輪をかけてベタな、うそくさ~い酔っ払いが「韓流ドラマの酔っ払い」芸、だったわけである。
当時韓流ドラマに触れていなかったわたしには、たんにかわいい酔っ払い──にしか見えなかった。

つまり、それが受けている真の理由を知らずに、へえかわいい酔っ払いですねえと思って笑っていたわけである。
違う。それではぜんぜん違う。
彼女は「韓流ドラマの酔っ払い」芸をやったのである。

野暮なおっさんなのはいい。おっさんなんだから。
しかしせめて「韓流ドラマの酔っ払い」くらい識別できるようになっておきたいと思った。

おそらく、この「韓流ドラマの酔っ払い」芸が念頭に置いている人物がパクシネである。
だれでもできるし、だれがやっても愛嬌のなかにおさまる。
が、その愛嬌が最大限に発揮され、相手役イケメンの凍った心を溶かすのが、パクシネの酔っ払いだった。
すなわち、演技があろうとなかろうと、その癒やしオーラを素でまとっているのがパクシネだった。

この癒やしオーラが、とてつもない需要を担っているのは、韓国のドラマが、かならず閉ざした心、もしくは傲慢な男が、清らかな心根の女性との交流によって氷解してゆく──という構造を持っているからだった。
そのオーラを最大限にまとっているのがパクシネだった。──わけである。

この韓流ファンにとっては解りきった基礎知識を知り得たのは、デマンドが浸透して海外ドラマに接しやすくなったからだが、とうぜん初見でもパクシネは人を溶かす寛恕を、その外見に持っている。

だが、この映画を見て、なるほどと思ったのは、非情を得意とする韓国映画のなかにパクシネがいると、やはりよその畑にまぎれてしまった感がある──ことだ。借りてきた猫ならぬ借りてきたパンダという感じ。
寡黙で理知なのも悪くないが、やっぱ笑ったほうがいいひとなのである。

ミンシクの映画を見るのに、パクシネで釣られたことは反省しているが、それはわたしだけではあるまい──とは思っている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.0見終わった後にもジーンと余韻が残る

mittyさん
2020年4月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mitty
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る