フィセント・ファン・ゴッホ 新たなる視点

劇場公開日:

フィセント・ファン・ゴッホ 新たなる視点

解説

美術史を変えた芸術家たちの人生にスポットをあて、ヨーロッパで話題を集めたドキュメンタリー「アート・オン・スクリーン」シリーズの1作で、フィンセント・ファン・ゴッホを題材に描いた。人々のイマジネーションを刺激し続けてきたゴッホの波乱に満ちた生涯を深く掘り下げ、彼の人生を追体験。さらにゴッホ美術館のキュレーターの独占インタビューも交えながら、これまでにない新たな視点でゴッホの世界を紹介していく。

2015年製作/93分/G/イギリス
原題:Exhibition on Screen: Vincent Van Gogh - A New Way Of Seeing
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン、カルチャヴィル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)「ひまわり」1889年 アルル (C)ファン・ゴッホ美術館

映画レビュー

4.0ゴッホの人生を振り返り、そのひととなりから作品を理解するための一助

2018年10月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

テオへの手紙やヨーロッパのゴッホを研究する各所の美術館の学芸員や画家等の解説を交えながら、ゴッホの人生を辿る映画です
人生のこの時に彼はどのように感じ生きていたのかを踏まえて、その時に描かれた作品が紹介されますが、その作品自体の解説などは余り触れませんし、第一網羅的に彼の主要作品を紹介するものではありません
あくまでもゴッホという画家の人となりを知り、これから彼の作品をより詳しく楽しむための基礎として役立とうという製作意図と態度で統一されています
前半の画家となるまでの話はいささか退屈で正直眠気を催しましたが、後半特にパリに出て来てからは俄然面白くなります
彼のゆかりの場所は実際の場所のロケもされており、なるほどというシーンもあります
それにしてもゴッホに扮する役者のそっくりさんぶりったらありません
芝居といったものはなにも無いのですが、ただ虚空を見つめる、パイプを燻らす、手紙を書く
それだけのシーンが時折挿入されますが、あたかもあの絵の本人が映画に出演してるかのようでした
ゴッホの絵をこれこら観る機会がある方は予習として、ご覧になられた方は復習と余韻の反芻用に本作をご覧になられると良いと思います

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「フィセント・ファン・ゴッホ 新たなる視点」以外にこんな作品をCheck-inしています。