若おかみは小学生!

ALLTIME BEST

劇場公開日

若おかみは小学生!
41%
42%
12%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

累計発行部数300万部を誇る人気児童文学シリーズ「若おかみは小学生!」をアニメーション映画化。小学6年生の女の子おっこは交通事故で両親を亡くし、祖母の経営する旅館「春の屋」に引き取られる。旅館に古くから住み着いているユーレイ少年のウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館の跡取り娘・真月らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若おかみの修行を始めることに。失敗の連続に落ち込むおっこだったが、不思議な仲間たちに支えられながら、次々とやって来る個性的なお客様をもてなそうと奮闘するうちに、少しずつ成長していく。人気子役の小林星蘭が主人公おっこの声を担当。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品で作画監督を務めてきた高坂希太郎が、「茄子 アンダルシアの夏」以来15年ぶりに長編劇場アニメの監督を手がけた。脚本は「映画 聲の形」「夜明け告げるルーのうた」などヒット作を数多く担当する吉田玲子。

2018年製作/94分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

最優秀アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会

映画レビュー

5.0高坂監督の実力を知らしめた

2018年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

知的

背景が美しい、作画がなめらか、キャスティングもばっちりはまっている、そして脚本の構成が抜群。あらゆる面で高レベルな作品で絶賛が相次ぐのもわかる。子ども向けと子ども騙しは全く異なる。本当の子ども向けの傑作は大人も感動させる力があるが、これはその見本のような作品だ。

おっこの健気さは、両親の死を受け入れていない危うさと表裏一体で、仕事を通じて成長していき、1つの達観した感覚に達する。仏教的死生観が根底にはあるがそれは決して難しいことではない。理屈ではなく感覚でそれをわからせる説得力が画面にみなぎっている。

高坂希太郎監督は、ジブリの作画監督として有名だがこれまであまり積極的に監督業はされてこなかった。しかし『茄子 アンダルシアの夏』など非常に質の高い作品で、監督としても相当に実力がある人なのは明らか。これから積極的に監督業にも進出してもらいたい。日本映画を代表する監督になれるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
杉本穂高

5.0小学生向けのハートフルコメディだと思っていたら『ミッドサマー』ミーツ『シックス・センス』&『ハロー!?ゴースト』のような極めて残酷な宗教的テーゼに貫かれた骨太な成長譚でした

よねさん
2022年5月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

傑作だという評価だけを頼りに全く何の情報を持たずに鑑賞しましたが、これは衝撃的な傑作。このタイトルからほのぼのしたコメディを勝手に想像していましたが、『ミッドサマー』の主人公ダニーが遭遇した悲劇と同等の出来事が展開する冒頭で頭が真っ白になりました。それゆえに主人公のおっこが寂しそうな表情は時折見せながらもあくまで気丈であることに激しい違和感を覚えます。おっこは自身の臨死体験を契機に『シックス・センス』のコール少年と同じ霊能力を獲得、しかしおっこはその能力を使って『シックス・センス』とは逆に、様々な悩みや葛藤を抱えてやってくる春の屋の宿泊客の魂を解放していきます。

“花の湯温泉のお湯は、誰も拒まない、すべてを受け入れて癒してくれる“というセリフが劇中で何度も繰り返されますが、これは極めて宗教的なもの。それはおっこを試すかのように更に過酷な運命を引き寄せる。終盤のこの展開はとても児童文学シリーズが原作とは思えない残酷極まりないもの。なぜ彼女がここまで追い込まれなければいけないのかという思いに胸を掻きむしられた後に訪れる展開もやはり極めて宗教的なもので、映画を観ている観客の魂をも浄化するもの。エンドロールが流れる中で観客の拍手が巻き起こったのが印象的でした。

新宿東口映画祭にて鑑賞。朝イチ上映に集ったのは20名弱のオッサンばかり。場内にいたのは20名程の30〜50代のオッサンばかり。その全員が目を真っ赤にして鼻を啜りながら退場していく様は傍目には相当異様な光景だったと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よね

3.0不幸にめげない小学生に涙

SpicaMさん
2022年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

絵柄も愛らしく、話はコミカルかつしっかりと作ってあるので、子供達と一緒にでも、楽しく見られる。
ただ、一歩引くと、若おかみはとてもハードな運命を背負って生きていて、泣ける。若おかみのところに現れる小さな幽霊達も、かつてそんな目に遭った子供の幽霊。
このところの色んな天災や事故で、若おかみのような境遇にある子もけっこういると思う。そんな子達のところにも、このアニメのような可愛い幽霊さん達に来てほしいと思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM

2.0どうしても自分には合わない物語の展開や登場人物たち

2021年11月17日
PCから投稿

いつだったか評判がよかったのを覚えていたので見てみたが
どうにも自分には合わなかった
映像は日常風景から伝統芸能まで見事に再現されて文句なしに美しい
だが肝心のストーリーがどうしてもハマれない
どうやら原作の長いストーリーを再構成して圧縮したようなのだが
これがどうにも説明的かと思えば、冗長だったり急展開が続いたりで、どうにもハマりきれない
脇役が自由人ぶりや、主人公はじめ子どもたちの子どもらしいと言えばそれまでだが狭量の狭さなども気になる。
ようやく終盤に入って、この作品の根底に関わる要素に向き合うところでグッと引き込まれたが
そこからはもう終わりまで一直線で、結局ハマりきれなかった。
ただ展開や登場人物が自分には合わなかっただけなのだが、もう少し丁寧に演出できる尺があればよかったのにと思ってしまう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ボヘ太郎
すべての映画レビューを見る(全193件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る