チャーチル ノルマンディーの決断
ホーム > 作品情報 > 映画「チャーチル ノルマンディーの決断」
メニュー

チャーチル ノルマンディーの決断

劇場公開日

解説

英国首相チャーチルのノルマンディー上陸作戦決行までの96時間を描いたヒューマンドラマ。ダンケルクでの救出作戦から4年後の1944年。英国首相チャーチルは、ナチスドイツ占領下の北西ヨーロッパに侵攻するノルマンディー上陸作戦に反対していた。第1次世界大戦中に自ら計画したガリポリの戦いで約50万人もの死傷者を出したことが、指導者としてのチャーチルの心の棘となっていたのだ。連合国軍最高司令官アイゼンハワーに真っ向から反対意見を述べるチャーチルだったが、意見は却下され、イギリス南岸に100万人もの兵士が配備される。首相としての使命と戦争の重責に苦悩するチャーチルは、やがて歴史に残る重大な決断を下す。チャーチルを「ボーン・アイデンティティー」のブライアン・コックス、チャーチルを支える妻を「スリーピー・ホロウ」のミランダ・リチャードソンが演じる。監督は「レイルウェイ 運命の旅路」のジョナサン・テプリツキー。

作品データ

原題 Churchill
製作年 2017年
製作国 イギリス
配給 彩プロ
上映時間 105分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全14件)
  • チャーチルの目にも涙!? 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」を観て、チャーチルファンになったため、観賞。 しかし、「ヒトラーから世界を救った男」の方が面白かったかなぁ。 史実がどうかわかりませんが、... ...続きを読む

    しかさん しかさんさん  2018年10月13日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • チャーチルの人物像 チャーチル好きなのも相まって今年見た映画で一番面白いと思った。 風刺映画でも戦争映画でもなくあくまでチャーチルの話で、入り込みやすさもあった。 ...続きを読む

    Nene. Nene.さん  2018年10月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 静かで重厚な映画 派手なアクションや戦闘シーンはありませんが、偉大なチャーチルの当時の葛藤する内面が丁寧に描かれていました。決断までの苦悩・迷い・葛藤、決断したあとの断固とした演説の対比が印象に残りました。 ...続きを読む

    orang orangさん  2018年9月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi