少女邂逅

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
少女邂逅
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

孤独な女子高生と転校生の交流を描き、「MOOSIC LAB 2017」で観客賞を受賞した青春ドラマ。いじめられたことがきっかけで声が出なくなってしまったミユリ。そんなミユリの唯一の友達は一匹の蚕だった。ミユリは山の中で拾ったこの蚕に「紬」と名付け大切に飼っていたが、いじめっ子の清水にその存在がバレて、蚕を捨てられてしまう。唯一の友達を失い絶望するミユリ。そんなある日、ミユリの学校に亡くなった蚕と同じ名前を持つ「富田紬」という少女が転校してくる。ミユリ役を「ミスiD2016」グランプリの保紫萌香、富田紬役を「RADWINPS」のアルバムジャケットで知られるモトーラ世理奈がそれぞれ演じる。監督は「美味しく、腐る。」で早稲田映画まつり観客賞を受賞した枝優花。「転校生」名義で活動していたミュージシャンの水本夏絵が音楽を担当。

2017年製作/101分/PG12/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2017「少女邂逅」フィルムパートナーズ

映画レビュー

4.0邂逅=蚕(カイコ)

ローチさん
2018年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

少女漫画原作の映画作品は数多くあるが、本当の意味で少女漫画の感性を映像に焼き付けた作品は少ない。これはその数少ない1本だ。岩井俊二作品にも匹敵する純度の高い少女漫画性のある実写映画を初めて観た気がする。

邂逅=蚕(カイコ)、2人の少女の世界は純白のカイコの繭に包まれているかのように狭くて純粋だ。クラスに馴染めず外の世界も知らない2人のこの世界は、青春時代の僅かな瞬間にしか存在できない。20代前半の枝優花監督だからこそ、描くことのできたものであろうし、監督にとっても今じゃなければ描けないと思えるものだったと思う。

彼女の感性は京都アニメーションの山田尚子にも通じるものがあると思う。『リズと青い鳥』と本作は比較できるところがたくさんあるだろう。物語も、撮影も録音も荒削りだが、それすら魅力に転じさせる力を持った作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

4.0親友と出会える確率は24億分の1

yonda?さん
2019年7月30日
iPhoneアプリから投稿

見たまんまの感想でいうと少女=蚕のようなもの。前半は傷口から糸が出てくることの他は全て現実的。監督の意図することはよくわからないけど、後半は蚕になぞらえてるのをそのまま表現してる。痛みの話も。そんな生き方でいいの?と問うてるような感じの映画だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0女子高校生の葛藤

2019年5月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

女子高校生の生活の鍵って友達だよね、としみじみ感じました。
仲良くなりたい子がいるけど積極的にいけない、信じたいけど裏切られたくない、自分が一番の存在になりたい、知りたいけど聞けない…など様々な葛藤が繊細に描かれていて自分の高校生活と重ね合わせてしまいました。
そんな状況にプラスして影を潜めるのが家庭環境。明るく振舞っている人ほど意外と家庭が複雑なのもそうだなぁと…。

配役も絶妙でとっても引きこまれてしまいました。 監督・役者の方々の今後に期待してます!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まりまり

5.0素晴らしい

Ryoさん
2019年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD、映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Ryo
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「少女邂逅」シリーズ関連作品