判決、ふたつの希望
ホーム > 作品情報 > 映画「判決、ふたつの希望」
メニュー

判決、ふたつの希望

劇場公開日

解説

キリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性との口論が裁判沙汰となり、やがて全国的な事件へと発展していく様子を描き、第90回アカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネートされたドラマ。主演のカエル・エル・バシャが第74回ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞するなど、国際的に高い評価を獲得した。クエンティン・タランティーノ監督作品でアシスタントカメラマンなどを務めた経歴を持ち、これが長編4作目となるレバノン出身のジアド・ドゥエイリ監督が、自身の体験に基づいて描いた。

キャスト

作品データ

原題 L'insulte
製作年 2017年
製作国 レバノン・フランス合作
配給 ロングライド
上映時間 113分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
外国語映画賞  

第74回 ベネチア国際映画祭(2017年)

受賞
ボルピ杯(最優秀男優賞) カメル・エル・バシャ

特集

《あなたの“正義”を問う》この夏、映画好きを満たす“真の良作”は本作“ご近所トラブル”が国家規模の大裁判に! “この事件”あなたにも起こる![見応え&感動]“史上初”アカデミー賞候補選出……
アカデミー賞外国語映画賞に、レバノン映画として初めてノミネートされた力作

見た目が派手な夏の大作も良いが、しっかりと心を満足させてくれる良作に出合いたい――。そんな映画ファンにぴったりな一作が、8月31日に公開される。第90回アカデミー賞外国語映画賞にレバノン史上初めてノミネートされた「判決、ふたつの希望」...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

アラブ社会の複雑さを普遍のヒューマニズムへ昇華させる手腕に瞠目
判決、ふたつの希望の映画評論・批評

ことの発端は、工事関係者と住民の小さな諍い。しかし事態は、侮辱、暴力、裁判へとエスカレートし、やがて国を分断する大騒動に発展してしまう――。「判決、ふたつの希望」は、今年のアカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネート...判決、ふたつの希望の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全67件)
  • 舞台はレバノンでも、こういうことってよくある。 配水管工事の際に起きたちょっとした暴力と差別発言のせいで、当事者である2人の男の意思に反して、事が大袈裟に膨れ上がっていく。たとえそれが、レバノンとパレスチナ、キリスト教とイスラム教の対立という... ...続きを読む

    MP MPさん  2018年9月4日  評価:4.0
    このレビューに共感した/8
  • 法廷で争う弁護士父娘が新鮮なアクセント ジアド・ドゥエイリ監督は、西側や東洋の私たちがなかなかうかがい知れないレバノンやアラブ文化圏の事情を、ごく普通の人々の暮らしや体験にからめてわかりやすく伝える才人だ。フランスのアラブ人ゲットーで... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年8月31日  評価:4.5
    このレビューに共感した/7
  • ちゃんと話し合えば1時間もあれば解決できたはず ネタバレ! おじちゃん達の意地の張り合いでこじれまくって国まで巻き込む大事に。ざっくり言うと、水道管から水が漏れてて下の人にかかるから水道管を直したら、叩き壊されてクソ野郎と言ったら訴えられた☆っていう話。... ...続きを読む

    せつこん せつこんさん  2018年10月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「判決、ふたつの希望」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi