判決、ふたつの希望
ホーム > 作品情報 > 映画「判決、ふたつの希望」
メニュー

判決、ふたつの希望

劇場公開日

解説

キリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性との口論が裁判沙汰となり、やがて全国的な事件へと発展していく様子を描き、第90回アカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネートされたドラマ。主演のカエル・エル・バシャが第74回ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞するなど、国際的に高い評価を獲得した。クエンティン・タランティーノ監督作品でアシスタントカメラマンなどを務めた経歴を持ち、これが長編4作目となるレバノン出身のジアド・ドゥエイリ監督が、自身の体験に基づいて描いた。

キャスト

作品データ

原題 L'insulte
製作年 2017年
製作国 レバノン・フランス合作
配給 ロングライド
上映時間 113分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

ノミネート
外国語映画賞  

第74回 ベネチア国際映画祭(2017年)

受賞
ボルピ杯(最優秀男優賞) カメル・エル・バシャ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.3 4.3 (全7件)
  • ちょっとした口ゲンカのはずが… 素晴らしい映画だった! 台風接近という悪天候に、正直、ちょっと面倒だなと思っていたのだけど、行って良かった! 観た甲斐があった映画だった 発端は、どこの国でもある口ゲンカだった しかし、それをき... ...続きを読む

    とえ とえさん  2018年8月9日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 社会性&娯楽性→名作 映画試写会「判決、ふたつの希望」。 些細な口論が発端となり、国家を揺るがす法廷闘争へとエスカレートする様を描くレバノン映画。 民族と歴史、誇りと寛容、暴言と暴行、宗教と難民問題...様々な問題の... ...続きを読む

    旅するランナー 旅するランナーさん  2018年7月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 痛みをもたらした過去も受容するしかない ネタバレ! ことしの米国アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたレバノン・フランスの合作映画。 レバノンの首都ベイルート。 レバノン人トニー(アデル・カラム)と妊娠中の妻が暮らすマンションのある一帯は不法... ...続きを読む

    りゃんひさ りゃんひささん  2018年7月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi