判決、ふたつの希望 : 映画評論・批評

判決、ふたつの希望

劇場公開日 2018年8月31日
2018年8月21日更新 2018年8月31日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

アラブ社会の複雑さを普遍のヒューマニズムへ昇華させる手腕に瞠目

ことの発端は、工事関係者と住民の小さな諍い。しかし事態は、侮辱、暴力、裁判へとエスカレートし、やがて国を分断する大騒動に発展してしまう――。

判決、ふたつの希望」は、今年のアカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネートされたヒューマンドラマ。同国出身のジアド・ドゥエイリ監督にとって、長編4作目にして日本での劇場公開は初となる。

まず主演俳優2人による抑制の効いた演技がいい。パレスチナ難民の現場監督ヤーセル役、カメル・エル・バシャは監督や脚本家としても活躍する才人で、押し殺した感情を表情で雄弁に語る。本作が出品された昨年のベネチア国際映画祭では最優秀男優賞を受賞した。対するレバノン人のトニー役には、ナディーン・ラバキー監督・主演の「キャラメル」でヒロインに思いを寄せる純情な警官を好演したアデル・カラム。本作では打って変わって、パレスチナ難民への憎悪と家族への愛情の二面性を持つ複雑なキャラクターを体現した。

画像1

ドゥエイリ監督は、長編デビュー作「西ベイルート」(98)以来のオリジナル脚本となる本作で、自身が配管工の男性と口論になった実際の体験に着想を得たという。どこの国、どこの社会でも起こりうる小さな衝突を導入部で提示し、双方の尋常でない「頑なさ」の背景には、レバノン内戦によって生じたキリスト教系レバノン人とムスリム系パレスチナ難民の歴史的な対立と確執があることを、法廷劇のスタイルを活用して徐々に明かしていく。

重苦しく険悪になりかねない筋書きだが、女性たちの存在にずいぶん救われている。特に、相手からの謝罪にこだわるトニーをいさめる妻シリーン(リタ・ハーエク)と、被告ヤーセルを弁護するナディーン(ディヤマン・アブー・アッブード)の2人は、それぞれ理性的かつ誠実に問題に対処しようとする姿勢が明るく爽やかな印象を残す。

ドゥエイリ監督は自国民さえ忘れたがっているというレバノン内戦の暗い歴史に切り込みつつ、ヒューマニズムという希望を決して失わない。そうした普遍的な価値と、緻密な脚本、卓越した演出力のおかげで、本作はレバノンの事情やパレスチナ問題をよく知らない観客も引き込む面白さを獲得している。判決が出たあとの登場人物たちの表情を見れば、この映画を観てよかったなと心から思えるはずだ。

高森郁哉

関連コンテンツ

特集

《あなたの“正義”を問う》この夏、映画好きを満たす“真の良作”は本作“ご近所トラブル”が国家規模の大裁判に! “この事件”あなたにも起こる![見応え&感動]“史上初”アカデミー賞候補選出……
特集

見た目が派手な夏の大作も良いが、しっかりと心を満足させてくれる良作に出合いたい――。そんな映画ファンにぴったりな一作が、8月31日に公開される。第90回アカデミー賞外国語映画賞にレバノン史上初めてノミネートされた「判決、ふたつの希望」...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全53件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ザ・プレデター ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊る 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi