洗骨

劇場公開日:

洗骨

解説

「ガレッジセール」のゴリの監督・主演で、数々の映画祭で好評を博した2016年製作の短編映画「born、bone、墓音。」を原案に、ゴリが本名の照屋年之名義で監督・脚本を手がけた長編作品。沖縄の離島・粟国島に残る風習「洗骨」をテーマに、家族の絆や祖先とのつながりをユーモアを交えて描いていく。新城家の長男・剛が母・恵美子の「洗骨」のために故郷の粟国島に帰ってきた。母がいなくなった実家にひとりで暮らす父の信綱の生活は、妻の死をきっかけに荒れ果てていた。さらに、長女の優子も名古屋から帰ってくるが、優子の変化に家族一同驚きを隠せない。久しぶりに顔を合わせ、一見バラバラになったかにも思えた新城家の人びと。数日後には亡くなった恵美子の骨を洗う大事な洗骨の儀式が迫っていた。父・信綱役を奥田瑛二、長男・剛役を筒井道隆、長女・優子役を水崎綾女がそれぞれ演じ、筒井真理子、大島蓉子、坂本あきら、鈴木Q太郎らが脇を固める。

2018年製作/111分/G/日本
配給:ファントム・フィルム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)「洗骨」製作委員会

映画レビュー

4.0未知の文化を知る面白さ

2019年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

沖縄の離島にこんな風習が残っていることを知らなかった。映画はたくさんの未知の文化を教えてくれる良いモノだと改めて思った。数年経った死者の骨を洗うというのはすごい。ここでは、死んだらそれで人生が終わりではない、死の世界と生の世界が地続きになっている。島の地理に死の世界があるというのが面白い。この島では死が、ここではないどこかではなく、我々が生きている世界の一部なのだ。そう考えると、死が怖いものではなくなる。死んでも自分はこの世界の一部で、どこかで何かをつながっていられるのだ。

それにしてもラストカットがすごい。新しい生と死が向き合うあのカットが、この島の死生観を見事に描写していたと思う。あのカットを観るだけで1800円の価値がある。照屋年之監督は、ただのタレント監督ではない。本当の実力を持った映画作家だ。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
杉本穂高

4.0丁度いい

2021年10月31日
iPhoneアプリから投稿

笑いと怒り、切なさと優しさの配合が丁度良い。

出来事をこういう目線で見ることができたら幸せ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
大粒 まろん

4.0人生のポイントごとに見たい作品

2021年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

幸せ

監督の照屋年之さん
名古屋の中京テレビで『ゴリ夢中』という番組でガレッジセールのゴリさんが出てるんです
観光地でもなんでもない町をぶらついてゴリさんが気になった人やお店などとの触れ合う番組なんです
この番組でゴリさんの優しい人柄が溢れ出ているんです
そして彼の一般の方の話を引き出す能力の高さに驚きました
『鶴瓶の家族に乾杯』に匹敵します
そしてゴリさんの人や物やお店のチョイスがオシャレでセンスがいいのです(私の好みですけどね)
そんな彼の作品ですから当然興味がないわけがない
演者の方々の魅力あふれる個性、度肝を抜くような風習
先祖と私達の生命の繋がり
歳を重ねるとそんなことを無碍にできないのですよ
心に残るいい映画でした
また私の状況が変わったら見てみたい作品です、

コメントする (0件)
共感した! 1件)
カルヴェロ1952ll

4.5風土と風習の素晴らしさが描かれていました。 洗骨シーンでは静かに涙...

2020年9月9日
iPhoneアプリから投稿

風土と風習の素晴らしさが描かれていました。
洗骨シーンでは静かに涙が流れました。
エンドの童神はぴったりマッチしていました。
島の人達の明るさも滲んでました。
沢山の人に観て貰いたいと思いました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tuna
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る