劇場公開日 2019年2月9日

  • 予告編を見る

洗骨のレビュー・感想・評価

3.983
37%
50%
10%
1%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全83件中、1~20件目を表示

4.0未知の文化を知る面白さ

2019年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

沖縄の離島にこんな風習が残っていることを知らなかった。映画はたくさんの未知の文化を教えてくれる良いモノだと改めて思った。数年経った死者の骨を洗うというのはすごい。ここでは、死んだらそれで人生が終わりではない、死の世界と生の世界が地続きになっている。島の地理に死の世界があるというのが面白い。この島では死が、ここではないどこかではなく、我々が生きている世界の一部なのだ。そう考えると、死が怖いものではなくなる。死んでも自分はこの世界の一部で、どこかで何かをつながっていられるのだ。

それにしてもラストカットがすごい。新しい生と死が向き合うあのカットが、この島の死生観を見事に描写していたと思う。あのカットを観るだけで1800円の価値がある。照屋年之監督は、ただのタレント監督ではない。本当の実力を持った映画作家だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

4.5風土と風習の素晴らしさが描かれていました。 洗骨シーンでは静かに涙...

tunaさん
2020年9月9日
iPhoneアプリから投稿

風土と風習の素晴らしさが描かれていました。
洗骨シーンでは静かに涙が流れました。
エンドの童神はぴったりマッチしていました。
島の人達の明るさも滲んでました。
沢山の人に観て貰いたいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0人間賛歌

ちゆうさん
2020年5月30日
Androidアプリから投稿

人間はどうしようもなく弱い。
弱いからこそ、いざとなれば腹をくくって強くもなれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ちゆう

4.0笑いと神秘体験と・・・

kossyさん
2020年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 祖先は私たちそのもの。死は終わりではなかった。そしてこの世に生を受けた者。家族のそれぞれの悩み、抱えている問題が「洗骨」という風習によって一気に噴き出し、さらに収束する絆。初めて見る洗骨の儀式はとても神秘的で、即身仏のような遺体の骨をバラバラにして丁寧に洗っていく光景だ。

 新城信綱の妻・恵美子が亡くなって4年。儀式のために長男・剛、長女・優子が帰省するのだが、剛は家族を連れて来ず、優子は未婚のまま臨月を迎えていた。美しい碧い海に囲まれた粟国島の風景は田舎であるも、誰をも受け入れてくれる優しい村だと感じられる。しかし、700人程度の人口の村では噂がすぐに広まる息苦しさもあるのです。

 悩みなんて吹っ飛ばしてくれる大声の信子伯母さん(大島蓉子)。彼女が存分に笑わせてくれるし、優子の相手の男(鈴木Q太郎)もいい味出しています。儀式まではまるでよしもと新喜劇の人情ストーリーとも思えるのですが、終盤のシークエンスは生命の神秘を見せてくれるので、得した気分にさえなるのです。命をつなぐのは女よ!と、男のおいらは寂しくもあります・・・ぐすん。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 10 件)
kossy

4.5生と死

2020年5月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2時間弱の間に人の弱さ、強さ、妬ましさ、そして優しさと生と死が凝縮された作品。
亡き人をもう一度偲ぶ洗骨もいい埋葬の仕方かと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

4.5風葬

2020年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

沖縄の離島・粟国島が舞台、母親(筒井真理子)が亡くなり4年、洗骨のため一人暮らしの父親(奥田瑛二)のもとに、東京から長男(筒井道隆)が、名古屋から長女(水崎綾女)が大きなお腹を抱えて帰ってくる。
家族は妊娠に戸惑うが、伯母(大島蓉子)だけが味方になってくれる。
家族のゴタゴタが風葬から洗骨、そして出産と感動の連続となる。
伯母の大島蓉子がとてもいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0ラストカット

かりぶさん
2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿

ラストカットにこの映画の全てが映っている。
いい映画。とてもいい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かりぶ

4.0死んだら終わりでは無い

2020年3月27日
PCから投稿

この作品を観て“死”に対する価値観が変わった。
人も自然の一部というか…土に帰るとか…命のサイクルとか…一言では言えないけど死んだら全てが終わる訳では無いんだな〜っと漠然と思った。
大島ようこさんが終始存在感をはなっていてかっこよかった。
あんなドシッと構えた情に熱いおばちゃんになりたい。
小売店で噂話をしていたおばちゃん達をたしなめるシーンにはシビれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

3.5魅せるって難しい

2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ゴリさんは初監督作品なのかしらと思ったら、過去にも何作か撮ってるのね。その割に時間経過の描写がいまいちだなあが最初の感想になってしまった…。

他の監督さんにはない素材だけれど、演出はたくさん見て勉強したほうが良いと思った。
美しい土地、美しい人々だから、余計にね。
コンビニのおばさんがやたらリアルなのは良かったけれど。

奥田瑛二が、いまは亡き父親にそっくりで、
顔かたちではなく、父もまた母を先に亡くして孤独の中で生きていた人だった。
そこがどうしても重なる。

心配してくれる人が居るって幸せなこと。
心配する人が居るって幸せなこと。

骨が気持ち悪くないギリギリで、美術スタッフさんすごいなと思った。

沖縄の光と影、まだまだあるんだろうな。
ぜひ美しい時間経過を勉強して、もっと美しい作品を見せて欲しいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)

4.0河瀬直美のテーマを、他に描ける人がいた

カメさん
2020年2月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

個人評価:4.1
滝田監督のおくりびとで描かれたテーマを、さらに掘り下げた作品であると感じる。
4年後にある洗骨という風習。残された家族にとって、それは例えではなく死者に再び会い、向き合う儀式。
通常の火葬で灰になれば、死者はその時点から過去の人になってしまうが、この洗骨という風習は、4年間は、まだそこに魂が存在してる死者である事がわかる。そして洗骨によって魂を綺麗し、おくりだす。長男が洗骨前夜に、母親に会う前に髪を切った様に、この島では、まだ母は現世に存在していると感じる。
本作は笑いのテイストも多数盛り込み、観やすく作られているが、この素晴らしいテーマであれば、笑い無しの脚本と演出でも観たいと思う。
河瀬直美が描き続けている風土と魂が、本作にもテーマとしてしっかりと描かれている。
私はゴリが監督という事で、よくある吉本の安易な企画映画として捉えていたが、それは大きな間違いだ。
この作品のテーマを自ら脚本監督した、照屋年之名義という人は、素晴らしい作り手だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

2.5しかし、何故Q太郎なのだろうか、、そこ、、。

2020年2月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

心臓の病にて最愛の妻を亡くした夫と実家に帰って来た息子と娘の行動を沖縄の風習を活かして語る。

自分としては様々な沖縄の風習のTVや映画を観ている(旅行にも何度か行ってる)だけに、前半沖縄の良さは伝わるが淡白。
タイトル通り「洗骨」という風習みたさに映画を観たい人間にとっては少し苦痛。

娘や息子の現在事情、親父の過去を絡ませるのはいいんだけど、今でも長男は実家に戻らなければならないとか、シングルマザーは駄目だとか、「昭和の田舎」みたいな古臭い考えの拘りもちょっと、、、。

また他の方が書いてますが、デリカシーの無さを笑いや面白味にする所も好きにはなれないな。

先骨シーンは良かったですよ。(そうなるだろうな演出が重なり絶賛はしませんが。それぞれ分けて黙って観たかった感あり。)
全体的に伯母:信子役の大島蓉子が居なかったら苦痛でしかならなかったかも💦

しかし、何故Q太郎なのだろうか、、、、。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
巫女雷男

4.0驚いた

2020年1月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

評判が良かったのでレンタルDVDで視聴。
ガレッジセールのゴリが本名の照屋年之名義で、かつて沖縄で行われていたという葬儀の風習「洗骨」を題材に、家族の再生を描いた映画なんだけど、これがビックリするくらい良かった。

昨今は、各所で血縁の“呪い”を題材に、血縁に頼らない擬似家族のあり方を描く作品が流行っている印象なんだけど、そんな流れに逆行するように、本作は血の繋がった家族の再生を暖かい視線で丁寧に描いている。
映画に対して真摯に向き合っていることが伝わってきて好感が持てるし、失礼を承知で言えば、ちゃんと映画になってるとも思った。
初の長編ということもあり、正直拙い部分は多々あるけど、そこはベテラン俳優の奥田瑛二や大島蓉子らキャスト陣の素晴らしい演技でカバー。

小作品ながら、観た人の心に残る秀作になっていると思う。
オススメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

2.0感動に水を差すようでゴメンナサイ。少々、辛口です。

2019年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 普通、死者は遠ざけられ隠されるもので、土に埋めたり、火で焼いたりして決別するものですが、風葬でしかも4年後に骨を洗う、というのはちょっとビックリ。

 洗骨はかつて沖縄本島を含む多くの島で行われていたようで、しかし1970年頃には、ほとんど行われなくなったようです。照屋監督が、粟国島を舞台に選んだのは、洗骨の風習が最近まで残っていた島、という事なのでしょうか。
 では、なぜ、こうした風葬なのか。勝手に想像するに、こんな事ではないでしょうか。
・小さな離島で森林が少ないため、火葬に使えるほど木材が潤沢ではない。
・屈葬のような形で小さな棺桶にすることで、木材の使用を最小限にしている。
・強烈なにおいを避けるため、島の西側をあの世として人里から遠ざけている。
・墓の入口を石組みにすることで通気性を保ち、においがこもらないようにしている。
・大型の肉食動物がいないため、死体が荒らされることはない。
 で、4年もたてば腐敗は完全に終わるのでしょう。その時に、洗うことで生きていた時の痕跡(例えば髪とか)をすべて剥ぎ取り、ただの骨にするのです。個人を特定できる諸々を失った骨は、この世との関係を断ち、あの世へと完全に移り住むことができる、と残された者は感じるのかもしれません。儀式とは、区切りです。

 映画としては、どうか。死と生を結び付け、命の賛歌として感動的ではあり、重くなり過ぎないようジョークを織り交ぜる意図は分かるのですが、ちょっと吉本流に走りすぎた感があります。そして、「これが答えです」的なエンディングは、かなり頂けない。
 そもそも、洗骨は女の仕事、特に長男の嫁の仕事とされ、戦後、女性解放や衛生面の意識向上から、洗骨廃止運動もあったという歴史を知ると(「洗骨 女性」のキーワードで、そんな内容のホームページにたどり着く、と家の奥様に教えてもらいました)、洗骨を感動的に描くことはどうなのか、という気持ちになります。
 映画を成立させるために、歴史や文化を一面的かつ都合よく題材にする。実際に洗骨や廃止運動にかかわった人からは、どんな風に見えるのでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マツドン

4.0暗くなりがちなテーマをコミカルに描いた良作

2019年5月2日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟🌟あんまり期待せずに観たのですが…凄く面白かったです❗普通に描けば暗くなりがちなテーマをコミカルな演技を大島蓉子や鈴木Q太郎真面目な演技を奥田瑛二、筒井道隆をそれぞれ演じておりそれが上手く噛み合っていて面白く良い作品に仕上がってます❗ちょうど中間の潤滑剤の役割を娘役水崎綾女が演じており鈴木Q太郎とのやり取りは最高に笑えました❗またお墓での洗骨のシーンでのハプニングでも観客を笑わせてしまう監督ゴリのセンスは一流だと思う❗ちなみに一番印象に残ったのは妻役の筒井真理子さん❗そんなにシーンはなかったのですが意外と主役は彼女じゃないでしょうか⁉何はともあれ良い映画でした❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミリン一番搾り

4.5不思議な感動を覚える

2019年4月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

 本作品のスケールの大きな世界観に驚いたというのが、鑑賞後の正直な感想である。
 映画の前半は、地方の島らしく未だに残る封建主義と家族主義の価値観が登場人物を支配していて、少し嫌悪感を覚えた。そういう閉じ込められたような価値観の中で進む物語なのかと思ってしまった。そして奥田瑛二演じる主人公新城信綱の魂の再生が主なテーマなのだろうと勝手に予想してしまう。前半は、ある意味退屈である。
 ところが後半になると、主人公は必ずしも信綱ではないと思いはじめる。そして登場人物たちのセリフが、封建主義や家族主義から逸脱して、本音で語りはじめる。それまで感情移入できなかった登場人物たちが俄然輝き出し、人間的な魅力に溢れてくる。そのきっかけは意外にもハイキングウォーキングのQ太郎の登場であった。
 島の風習を熟知し、島の考え方に染まっている人たちばかりのところに、考え方の異なる未知の人間が現れれば、それだけでダイナミズムが生じる。異世界であった島の出来事が身近なものとなり、洗骨という儀式が現実味を帯びてくる。それから先は怒涛の展開で、男たちによるプチ巻網漁での小魚獲りから洗骨に至る数々の場面は、息を呑むシーンの連続であった。あるときはほのぼのして、あるときは緊張感があり、あるときは厳かである。これほどのシーンを撮ることができた照屋監督は賞賛に値する。
 俳優陣はQ太郎も含めて好演。特に大島蓉子の迫力のある演技は、流石に舞台で鍛えられただけある。一瞬でその場の空気を決めてしまうほどである。水崎綾女は河瀨直美監督の「光」で永瀬正敏を相手に主演を務めた。そのときは目に力のある女優さんという感想だったが、本作品でも同様に目に力をためて、封建的な島のパラダイムや、ひとりで生きていく不安と闘う気持ちをそれなりに表現できていたと思う。
 島の風景は何処も美しい。植物も動物も全て包み込んで海に囲まれている様子は、静かに微笑む女性のようでもある。筒井道隆のモノローグに少し説明過多を感じたが、島と人、生と死をこれほどうまく、そして同時に表現した映画ははじめて観た。死ときちんと対峙し、生命ときちんと対峙する。その圧倒的なリアリティに、これまで経験したことのない不思議な感動を覚えた。傑作である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
耶馬英彦

5.0ただただ感動しました。

kumiさん
2019年4月16日
iPhoneアプリから投稿

ただただ感動しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kumi

4.0丁寧で誠実な脚本に好感がもてる

niaさん
2019年4月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

序盤の伏線を回収しながら物語が進んでいった。
島の日常風景や海岸から望む水平線に沈む夕日など登場人物の心情に寄り添うなタイミングで映っていた。
父親の壊れっぷりに心配になったけれど、まわりの人たちが心根のいい人ばかりだったので安心した。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
nia

4.0信子さんかっこいい

アツコさん
2019年4月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

沖縄の土地や人の温かさと
監督の優しさ・ユーモア・沖縄を愛する気持ちが
作品を通してあふれ出ていました。

人生は、出会いあり別れあり
思い通りにいかないけれど
折々に、心を寄せ合い
助け合って生きていくこと、
繋がることの幸せを感じました。

信子さんがかっこよすぎて、
この人に出会えただけでも
この映画を観てよかったなと思えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アツコ

3.5背伸びしない身の丈の脚本が大好き

2019年4月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

どんな理由で、どこの誰に期待されてるのか全く理解できない、ゴリ押し新人監督が多い中。特に小難しい話をするでも無く、偉ぶった講釈たれるのでもなく、ラリった頭で無理矢理捻り出した世界観を見せられるでもなく。身の丈で背伸びをしない話が、すごく良かった。

伝統を引き継いで、命を紡いで、血縁の温かさに救われて。

笑いを取るのに高尚なセンスなんか要らない。泣かす場面はシンプルで判りやすいほど入り込める。ゴリさん、二作目にも期待してます。

気になるところは、やっぱり画で。ちょっと子供っぽい感じがするところが目についてしまって。コップに人物を写してる所とか。それと、「人物ドアップ」が多過ぎると思う。肩から上で頭頂部は切れてるサイズの。で、人物だけで背景はボケてる。TV画面サイズなら、それでも良いと思うけど、劇場のスクリーンなら、もっといろんなものを同時に映し込めて、色んな表現ができるのに。「洗骨前夜」から、画の作りと表現が変わります。撮ってる人が変わったんじゃないかと思うくらい。洗骨前夜以降の画は好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
bloodtrail

3.5何らかのイニシエーション(通過儀礼)?!

2019年4月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
still_ontheroad
「洗骨」の作品トップへ