詩季織々

劇場公開日:

詩季織々

解説

「君の名は。」など新海誠監督作品で知られるアニメーション制作スタジオのコミックス・ウェーブ・フィルムが手がけ、日本・中国の3人の若手クリエイターが監督を務めたオムニバスアニメ。中国のアニメ業界を牽引するブランド「ハオライナーズ」の代表を務めるリ・ハオリン総監督のもと、中国の暮らしの基本となる「衣食住行」を共通テーマに、大切な思い出を抱えながら大人になった若者たちの過去と現在を紡いでいく。「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」など実写作品を手がけてきたイ・シャオシン監督が自身の思い出をノスタルジックにつづった「陽だまりの朝食」、CGチーフとして長年にわたって新海監督作品を支え続けてきた竹内良貴の劇場公開初監督作「小さなファッションショー」、ハオリン監督が「秒速5センチメートル」にオマージュを捧げた「上海恋」の3作品で構成。

2018年製作/74分/G/日本
配給:東京テアトル
劇場公開日:2018年8月4日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)「詩季織々」フィルムパートナーズ

映画レビュー

3.5中国の今と昔

2018年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

監督が秒速5センチメートルを観て感銘を受け、何年もラブコールを送って実現した企画だそうだが、とても美しいドラマに仕上がっている。

「衣食住行」という生活の基本をテーマにしていて、現代の中国の市井の日常生活が垣間見える。急速な経済成長で移り変わる景色を、コミックス・ウェーブ・フィルムならではの美しい背景で描いており、そこに生きる人々の等身大の気持ちを情景に託して語っている。
経済成長で得たものも大きいが、失ったものもたくさんある。総監督のリ・ハオリン氏は、生まれ育った故郷の失われてゆく景色を美しいアニメーションで残したかったと、製作の動機を語っているが、ニュースなどではなかなかうかがい知ることのできない、中国の今の人々の寂寥感がこの映画には描かれている。

でも失ったものへの憧憬だけでなく、前向きな希望の残しているのも好感が持てる。これを観ると一度石庫門の住宅地を訪れたくなるだろう。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
杉本穂高

4.0どのエピソードも共感できました

2024年3月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

『君の名は』のスタジオが制作したこともあり、背景はとてもリアルで美しかったです。

舞台は中国になっており、登場する3人の日常をそれぞれの視点で描かれていました。彼らが社会や家族など、様々な悩みを抱えながらも前を向いて生きようとする姿に感情移入しました。

どれも共感できるエピソードで、最後には別々の物語が一つにまとまった展開に涙しました。

U-NEXTで偶然見つけましたが、とても感動する作品になっていました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Ken@

3.5短編連作

2024年2月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

普通に面白い。日常生活を淡々と流しているようでドラマもしっかりとある。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Yu

2.0新海の会社と中国のスタッフの合作らしい と言うか新海のスタッフを借...

2023年8月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

新海の会社と中国のスタッフの合作らしい
と言うか新海のスタッフを借りたのかな?

3部作でどれも暗めのストーリー
ビーフンなど飯テロになりそうだけど、全然美味しそうに見えない
どこか突き抜けるものがなく、試験的に作ったような感じがしてしまった
画が綺麗だけで評価できる人なら良いかもしれないが、個人的偏見で中国そこまで綺麗じゃないだろと思ってしまった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
柚子一味
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る