詩季織々のレビュー・感想・評価

メニュー

詩季織々

劇場公開日 2018年8月4日
30件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

中国の今と昔

監督が秒速5センチメートルを観て感銘を受け、何年もラブコールを送って実現した企画だそうだが、とても美しいドラマに仕上がっている。

「衣食住行」という生活の基本をテーマにしていて、現代の中国の市井の日常生活が垣間見える。急速な経済成長で移り変わる景色を、コミックス・ウェーブ・フィルムならではの美しい背景で描いており、そこに生きる人々の等身大の気持ちを情景に託して語っている。
経済成長で得たものも大きいが、失ったものもたくさんある。総監督のリ・ハオリン氏は、生まれ育った故郷の失われてゆく景色を美しいアニメーションで残したかったと、製作の動機を語っているが、ニュースなどではなかなかうかがい知ることのできない、中国の今の人々の寂寥感がこの映画には描かれている。

でも失ったものへの憧憬だけでなく、前向きな希望の残しているのも好感が持てる。これを観ると一度石庫門の住宅地を訪れたくなるだろう。

ローチ
ローチさん / 2018年8月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

学生作品?

・陽だまりの朝食
まったくさっぱり何を言いたいのか不明なストーリー。
過去を懐かしみ、失ったものを惜しむが、まぁ時代時代で良いことあるよ? と言いたいのだろうか。
別段糞だとは言わないけど、この内容を映画でする意味とは……
でも汁ビーフンは食べたくなった。舞台が中国なので啜らないからそこまではそそられないけど。

・小さなファッションショー
ルルが可愛い。
それだけ。
でも3作品で一番新海感が薄い(良いとは言っていない)。

・上海恋
秒速と君の名はを足して割ったような感じで、ストーリーとしては最も完成度が高い。
3作品で最も新海感が強い。
でも新海と違って童貞臭さと厨二感が無いために味の薄い作品になってる。
シャオユが可愛い。

全体的に予算と優秀なスタッフを使える学生作品といった印象。
それぞれ30分弱しかないからしゃーないと言えばしゃーないが、ほしのこえが25分しかないことを考えると、もう少し頑張って印象に残るというかもう少し癖のある作品を見たかった。おもしろくなくとも感動しなくてもいいから。
そういう意味では、陽だまりの朝食は最もストーリーが無い作品だったけど、まだ印象に残る作品だった。
新海感が見たい人は見ればいいと思う。

おじゃる
おじゃるさん / 2018年8月27日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

絵、描写の完成度が素晴らしい。 しかし、ストーリーは

例のビーフンのシーンや中国の市街地の描写は美しく素晴らしいの一言
キャラクター動きにもこだわりも感じられ仕草等も精密に作り込まれているなという感想を持った。

しかし、ストーリはどれもインパクトに欠け、特に1話はシナリオにおいて正直何を伝えたかったかがいまいち分からなかった。

とはいえ全体を通して言えば
タイトルに違わぬ日々の移り変わりを美しい描写で連ね織り混んだ素敵な詩(お話)でした。
中国向けに作られた作品でしょうが、観て間違いなく損はないと思います!!

枝豆がうまい
枝豆がうまいさん / 2018年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったより

中国が舞台のオムニバスアニメ。3つのストーリー共に、映像▪描写も良かった。脚本もまあまあで、爽やかな内容。昔の中国を想像して観に行くとあれって感じ。逆に今の中国とのギャップも楽しめる。

のり
のりさん / 2018年8月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春オムニバスの佳作

急な発展で移り行く中国の街(=湖南・北京・広州・上海)に住む、若者たちの衣食住にまつわる青春を描いた3つの中編オムニバス。

【食】がテーマの「陽だまりの朝食」は腹が減った。冒頭のビーフン調理シーンだけで、胃が鳴る。かなりの飯テロ作品。

【衣】がテーマの「小さなファッションショー」は佳作。妹のロロちゃんがかわいい。

【住】でありまた同時に【恋愛】がテーマになった「上海恋」は、キャラデザイン含めて『君の名は。』を意識し過ぎかな、という感じ。 テイストは『秒速5センチメートル』に近い。

全般に作画レベルが高く、キャラに演技させてるのは好印象。背景やCGの技術の確かさは、新海作品譲り。
内容的にも、中国の監督たちの豊かな感性と、日本のコンテ・演出が融合した、見応えのある作品たちだった。

ただ、全体にモノローグ処理が多く、「日本のアニメ」のセリフに頼りすぎて、客の感想に委ねないところまで真似しなくてもいいのに、とも思ったり。

コージィ日本犬
コージィ日本犬さん / 2018年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

丁寧な作品でした

中国と日本のスタッフがコラボして作られた作品のようです。
3つの短編のオムニバスですが、どれもよかったです。

ビーフンの飛び散る汁に作画の凄さを思い知らされ、たくましいようで脆い姉と、ひ弱なようで強い妹の物語を楽しめました。

そして「上海恋」。
若さゆえの強がりが招いたすれ違いには、胸が締め付けられました。

公開期間が短いと聞いています。
どうぞ、この作品をご覧になる方が、少しでも増えますように。

むらさきたましい
むらさきたましいさん / 2018年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

新海作品お好きな方にお勧め

基本的に丁寧な作画ではあるのですが中国動画陣の元来持つエネルギッシュな部分を削ぎ、捻り無く上品に纏めたという印象。

どの話もまるでラジオドラマの如く説明台詞が延々続き辟易、所謂有声漫画という風情でしょうか。

新海氏の作品いづれかでも星4評価以上の方なら気に入るんじゃないでしょうか。星3.5以下評価の方だと厳しいかも。

褐色の猪
褐色の猪さん / 2018年8月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一見の価値あり!気になるなら見るべき!

私は新海誠監督の作品のファンなんですが、一度も映画館で彼の監督作品を観たことがなく、今までのサイクルだと新海監督の次回作はもう少し先になりそうだと思っていました。
しかし今年の夏にどうしても映画館で近いものが見たかったので、コミックス・ウェーブ・フィルム(以下略CWF)制作で中国との合同という珍しい本作品を観ることとしました。

いちばんの感想は「満足感がある作品」です。

新海作品の良いところを受け継いでいながら、作品それぞれの監督の生き方に対する見方を感じられるストーリーだと思います。
構成は監督の人数の都合で3つの短編というものになっており、各監督の考えや感覚を共有する気持ちで観るべきだと思います。新海作品のように大きな流れはありませんし、インパクトも小さくなりがちで話として成立させずらいことは多いですが、本作品はコンパクトに話がまとまっているのでそこは各監督の力量による成果だと思います。しかし、3つの独立した短編でなくても良かったと思う(1つあたりの時間が非常に少なく、新海作品に比べてインパクトが小さく思える)ので星は1つ減点です。「衣食住行」を作品の軸としているところは良いと思います。
また、風景などの描写や音楽などについてはまとまっている印象で、大変よく仕上がっていました。さすがCWFというところです。
私は自身の体験から『上海恋』が最も気に入っています。ありきたりなラストかもしれませんが、私は楽しむことができした。

入館時にチケットと交換で、ポストカードをもらえました。また、『上海恋』をあまりに気に入ったので、売店でDVDを購入してしまいました。でも特典も豊富で、良かったと思います。また数量限定でしたが、映画の半券と引き換えでDVD購入時に劇伴曲が収録されたCDを手に入れました。本作も何回か見ると、他の話の良さや深さも分かってくるかもしれません。様々な面で、楽しみがいはありそうです。

結論はやはり、気になっているなら観るべきと思います。期待しても大丈夫な完成度です。
ずばり、「一見の価値あり!」です。

この夏、『詩季織々』を観てみてはいかがでしょうか?

シーサー
シーサーさん / 2018年8月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

これからに期待 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

中国好き視点での感想です。

美術はとても綺麗ですね。衣食住のテーマも面白いです。
脚本はありがちな内容ですが、雰囲気は良かったと思います。

第1話と第3話。昔の田舎町のビーフン屋さんと現代の都会のチェーン店の対比。上海の昔の街並み石庫門と高層マンションの対比。中国人監督ならではのノスタルジーでしょう。
ただ、どちらも似た雰囲気のメガネ男子が主人公だったので、区別がつきにくいかな。
個人的には、もっとガツンと中国っぽい雰囲気を感じたかった。中国語吹替の公開が無理なら、街いく人々のざわめきだけでも中国語にするとか。中国語の歌が流れるとか。
パンフレットに書いてありましたが、第3話は日本版と中国版と少し違うそうです。中国版を見てみたいです。

日本人監督の第2話は、中国に対して未消化のまま作ったんでしょうね。話としてはいいけど、中国である必要はない。背景画が東京でもどこでもいい。中国人監督に挟まれて中国を題材にするのは難しかったと思います。ちょっと分が悪かったですね。
全員中国人監督じゃダメだったんでしょうか?

カセットテープを模したパンフレットは可愛いかったです。ちゃんと後ろに「小雨转晴」と書いてあるのが良いですね。

異なる国同士の合作は難しいと思いますが、こういう試みはとても素晴らしいと思います。どんどんやって欲しいですし、今後中国のCGアニメなども、もっと日本で公開して欲しいです。期待しています。

楠
さん / 2018年8月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

週刊ストーリーランドみたい

ややインパクトに欠ける短編が3つ。舞台が中国ですが、日本の片田舎の話といっても通じるほど中国である必要性は感じられませんでした。
ストーリーは3篇とも少しいい話ではあるが、感動するほどではなく、もう一押し何かがあればと思いました。
ただ作画のクオリティは高く、映像面で印象に残るシーンは多かったと感じました。

mono
monoさん / 2018年8月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

三鮮ビーフン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『三鮮』とは肉、魚介、野菜等の三種?を使った中華料理のことをいうらしい。湖南省、広州、上海を舞台に繰広げられるノスタルジー溢れる三つのストーリーになっているのだが、ここでポイントは、“チャイニーズ版新海誠”を少しでも脳裏に掠めながら観に行ってしまうと痛い目に合うことである。『君の名は』のあのイメージを自分も残念ながら払拭できずに鑑賞してしまい、その期待値の下を低空飛行されてしまうことのガッカリ感はなかなか抜けない。ただ、だからなのか鑑賞料もお安くなっております的な“保険”は、ここにきて効いてくる。まぁ、仕方ないわな。
中国の話なのになんだか日本のような背景が透けて見えるのがチグハグな印象。1部目の話は、食にまつわる青春時代の思い出。食レポ系の小説を中国でも出来るぞということなのだろうか。まぁビーフン自体は大変美味しそうな描かれ方をしていたので、それだけで成功かと思う。2部目がこの中で一番ダメな作品。これを日本の監督がやっていたことを後で調べて、益々落胆だったのだが。。。物語の発想力の無さに、日本のアニメの将来の暗さを浮き彫りにされた内容であった。まさに“陳腐”
この中で3部目が一番可能性を感じた作品だ。アイデアとしての交換日記ならぬ交換テープという発想が、レトロフィーチャー的で興味深い。お互いに好き同士だが、中々恥ずかしさで思いを告げずにいた二人が、進路で行き違いが起こり、その後の人生に暗い影を落とすという構成は、確かに色々と手垢がついてはいるが、それでもこの切なさ、甘酸っぱさは、万国共通なのだろうか?それをキチンとドラマティックに演出、構成されているこの作品が見どころが多い良作だ。『石庫門』という、遺跡的な建築群の存在も初めて知ったし、こういう長屋的建物は、ノスタルジックな演出としては最良であろう。
アニメだから仕方ないのだが、もう少し、中国ならではの雑多、又は汚さ、そしてそれを飲み込むほどの悠久な画角を表現して貰えたら、もっと中国の発見が期待できたのだが・・・・

いぱねま
いぱねまさん / 2018年8月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

そんなに期待はしてなかったのですが・・

あの麺、おいしそうでなかった・・・・
人気モデルのお姉さん、いつも同じ服・・・・
たったあれだけのメッセージで・・・・
どんなふうになるかと思いながら観てましたが、パッとした展開にならず、残念でした
絵も期待程綺麗でなかったし・・・・

シネパラ
シネパラさん / 2018年8月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

上海恋が一番

最初の二話まではストーリーが薄っぺらいなと感じました。
あとは映像に中国感が感じとりにくいです。
中国の埃っぽさや、ごみごみした感じなくさっぱりキレイすぎかな。
服装もパリッとしすぎてて、もう少しヨレた感じが出てないと...(特にランニング着たおじいさん姿とか)
それと翻訳が直訳すぎるのでしょうか?
特に1話目の語りの多い話は全然入ってこない。
個人的には中国語音声で日本語字幕の方が
情感も掴めてよかったかな。
二話目の携帯のチャットの内容も大した内容ではないけど翻訳されてないのはちょっと不親切かも。

Shiro
Shiroさん / 2018年8月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

いや、なんか、すごい

いや〜なんかすごいもの見せられましたね。
正直期待はそこまでしていなかったんですがどれも明確な方向性のある良いストーリーに仕上がってたと思います。
一言で表すなら一編目は懐旧、二編目は在り方、三編目は齟齬ですかね。
個人的には一編目の詩的な語りが凄く好きなんですがやはり三編目が印象的でしたね。
この映画の舞台は中国なのですが民族的な要素はほぼ無く、学校、受験、ビル街と日本に近しいものを感じられました。
画も美しく分かりやすい良い描写だったと思います。
評価を低く付けられてる方々は恐らくこういうアニメを見るためのフィルターがまだ備わっていない方なのかなと思います。
こういった作品を客観的に評価し、楽しむには確かにある種のパースペクティブと審美眼が必要だとは思いますが幸い私は非常に楽しめました。
見て損する事は無い作品です。

クソザコナメクジ
クソザコナメクジさん / 2018年8月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

期待しすぎた。

中国に売り込むのが見え見えで、
日本ではついでで、売れればよいかな?
程度の脚本だった。平凡。

中国の街並みはとても綺麗だし
麺類の汁も透き通っていて、お腹すいた。

『君の名は。』みたいな感動はなく
ただただ普通のアニメーションだった。

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2018年8月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なかなか面白いですね

前評判は、新海監督の名前で売ろうとしている、ちょっと似ているだけの駄作とか言われていたらしいが、全くそのようなものではなく、違う味のとても良い映画だった。感想としては難しいが、2話目、3話目は、共感できるものがあった。1話目は、狙ってかどうかわからないが、ちょっと物足りなかった。

ブル
ブルさん / 2018年8月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

見て損はない

独立した3つのストーリーで作られている。『秒速五センチメートル』のような作り方だが、異なっているのは、この映画では3つのストーリーそれぞれの主人公が違うという点だ。そのため、1つの話が20分程で終わる。

作品全体としては穏やかな映画なので、眠くなってしまうかもしれないが、それぞれ話が短いので飽きずに最後まで見ていられる方がほとんどだと思う。

どの話も展開がありきたりといえばありきたりだが、舞台が中国ということに真新しさを感じる。

新海作品と同じスタジオが手がけているということなので、『君の名は』のような綺麗な風景が見たい方にもオススメだ。

雰囲気もなんとなく『秒速五センチメートル』に近い感じなので、これがつまらないと感じた人には『詩季織々』は合わないと思う。

がんざん
がんざんさん / 2018年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

新海誠色強い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

監督は違えど製作者側がリスペクトしまくりで青春期へのノスタルジー感がすごい。私新海誠作品のいつまでもくよくよと過去を振り返るような話はあまり好きじゃないのでうーんだったなぁ。
.
『陽だまりの朝食』.
キミ、友達いないの?ビーフンを中心とした幼い頃の思い出を振り返ってく話。すごい美化されてるけど主人公ほとんど見てるだけ。初恋の人ですら見てただけやないかい。
.
『小さなファッションショー』.
モデルの姉とデザイナーを目指す妹。これが一番好き。最終的に救ってくれたのは妹というアナ雪的な展開も良かったですな。
.
『上海恋』.
なんだかいちばんイライラするなと思っていたらこの映画の監督が『秒速五センチメートル』にオマージュを捧げて作ったのらしく、とことんすれ違いとことん後悔しまくる男にイライラ。格好つけず素直に同じ高校受けるって言えよ。

せつこん
せつこんさん / 2018年8月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

切ない、郷愁

舞台が中国と言う事で、観ました。毎回思うが、日本語吹き替えで残念。舞台は中国なのに日本語吹き替えなので、中国っぽさがあまり伝わってこない。

3本建てで、1300円で安く、時間も短いので、お薦めだが、観たあとは郷愁的で切ない気持ちになりました。

たー坊
たー坊さん / 2018年8月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見て嫌な気持ちには絶対ならない疲れた時にこそオススメ

見て嫌な気持ちに絶対にならない。
疲れた時、悲しい時、そんな時にこの映画を見てください。

美しい映像。キラキラした懐かしい思い出と共に心が温まります。1週間仕事で頑張ったお休みの前の日にレイトショーで一人で見ると尚良いかも…と思いました。

声優はほぼ新人ですが、実力があり声優が下手で集中出来ないなんてことは全くなく、またアニメ過ぎることもないので、幅広くの方が楽しめると思います。

poyopoyo
poyopoyoさん / 2018年8月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

30件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi