パティ・ケイク$
ホーム > 作品情報 > 映画「パティ・ケイク$」
メニュー

パティ・ケイク$

劇場公開日

解説

困難な状況に置かれながらもラップで成功を収めようと奮闘する女性を描き、サンダンス映画祭で話題を集めた青春音楽ドラマ。ニュージャージーで飲んだくれの母や車椅子の祖母と3人で暮らす23歳のパティは、憧れのラップ歌手O-Zのように音楽で成功して地元から抜け出すことを夢見ていた。しかし現実は金も仕事もなく、周囲からは見た目を嘲笑されるつらい日々。ある日、駐車場で行われていたフリースタイルラップバトルに参加した彼女は、渾身のライムで対戦相手を破り、諦めかけていた夢に再び挑戦するべく立ち上がる。そんな彼女のもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくる。「シークレット・デイ」のダニエル・マクドナルドが主演を務め、本作のためにラップを猛特訓。母親役を「エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方」のブリジット・エバレット、祖母役を「レイジング・ブル」のキャシー・モリアーティが演じる。本作が長編デビューとなる新鋭ジェレミー・ジャスパーが監督・脚本のほか劇中音楽も全て手がけた。

作品データ

原題 Patti Cake$
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 カルチャヴィル、GEM Partners
上映時間 109分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
パティ・ケイク$の映画評論・批評

ホワイト・トラッシュの23歳女子がラップでサクセスを目指す物語。「パティ・ケイク$」を端的に説明しようとすればそうなる。太っているせいで町中から“ダンボ”とあだ名されるパトリシアは、元ロック歌手の母親と車椅子の祖母との3人暮らし。アル...パティ・ケイク$の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全25件)
  • ミソジニーへの反逆心 黒人差別のある社会を背景に黒人の団結や自覚を歌い、ギャング文化との親和性もあり、アメリカ社会の中の弱者からの反抗心の象徴だったヒップホップ音楽も今やシーンの主流。黒人のみならずあらゆる人種に聴か... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年4月28日  評価:4.5
    このレビューに共感した/4
  • 応援していました ラップって、ニグロ差別の反感をうたうのが発祥なので、言葉が汚くてあまり得意ではなかったのですが、主人公の歌は彼女の生きる葛藤そのものをのせていて感動しました。 見目へのコンプレックス、母親への葛... ...続きを読む

    ちいまめ ちいまめさん  2018年6月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • もうひとつ! 底辺の貧困層にいる女性がラップ一つでのし上がろうとしていくという題材は面白そうと思ったのですが、カットや曲自体も好みが分かれそうな印象でした。悪くはないのですが、同じ題材を扱う映画としてはどうし... ...続きを読む

    ワンランク上野おっ ワンランク上野おっさん  2018年6月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi