ラジオ・コバニ

劇場公開日:

ラジオ・コバニ

解説

イスラム国(IS)との戦闘により瓦礫と化したシリア北部の街コバニで手作りのラジオ局を立ち上げた大学生たちの姿を中心に、復興を目指すコバニの人々に降りかかった激動の3年間を追ったドキュメンタリー。トルコとの国境に近いシリア北部に位置するクルド人街コバニ。2014年9月から過激派組織・イスラム国の占領下となったコバニはクルド人民防衛隊(YPG)と連合軍の支援により、15年1月に解放された。しかし、コバニは数カ月にわたる戦闘により街の大半が瓦礫と化してしまった。そんな中、友人とラジオ局を立ち上げた大学生のディロバンは、ラジオ番組「おはようコバニ」をスタートさせる。番組では生き残った人々、戦士、詩人などの声が放送され、街を再建して未来を築こうとする人々に彼女の番組が希望と連帯感をもたらしていく。監督は自身もクルド人のラベー・ドスキー。

2016年製作/69分/オランダ
原題:Radio Kobani
配給:アップリンク

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0【”ラジオ・コバニは自由の声” 一度はISに占領された、クルド人街コバニで生きる若き女性の言葉を通して、戦争の愚かさ、自由の素晴らしさを描くドキュメンタリー作品。】

2021年8月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

泣ける

怖い

幸せ

ー トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月からISの占領下になってしまった。そこで、行われた虐殺の数々。
  だが、クルド人人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。
  人々はコバニに戻って来たが、街の大半は瓦礫と化していた。
  そんな中、20歳のアレッポ大の大学生だったディロバン・キコは友人とラジオ局を立ち上げ、街の人々に”おはよう!”と放送を始め、街を再建していく人々に希望と連帯感を齎した・・。ー

◆感想<Caution! 内容に触れています。>
 ・序盤、クルド人人民防衛隊(YPG)とISとの激しい戦闘シーンが、映し出される。そこで、年配の女性YPG隊員が毅然として、言った言葉。”私たちは、逃げずに戦う。”

 ・瓦礫の中から重機で掘り出されるISにより斬首された人々の腐乱死体が、モザイクなしに映し出される。犠牲になった人たちは、辛うじて人間のカタチをしているように見えるが・・。ハンカチやマスクで口と鼻を覆う人々。その中には幼い男の子もいる。
 ー ディロバンの声は必ず”我が子へ・・”と言う、呼びかけから始まる。
  そして”戦争に勝者などいません。どちらも敗者です”と述べる。
  若き女性の想いから出た真実の言葉である。ー

 ・クルド人兵士による、IS兵士への尋問。IS兵士が、涙を流しながら”家に帰りたい・・”と嗚咽する姿。

 ・ISを蹴散らしたYPGはコバニを取り戻し、ディロバンたちは明るい声で”おはよう!”から始まるラジオ番組”おはよう コバニ”の放送を始める。
 ー ディロバンの幼馴染シーリーンも、何の罪もないのに斬首されていた事を、彼女は涙ながらに話す。だが、ラジオではその悲しみを声にせず、明るく街人たちに声を届けるディロバンの姿。ー

 ・平和が戻り、知り合いになった男性を母に恥ずかしそうにフェイスブックで見せるディロバン。
装飾品を嬉しそうに、見て回るディロバン。
 そして、彼女は言う。”私は人を信じ、生きることをあきらめません。”

<前半は、苛烈なシーンが続く。良く撮影出来たな、と思ってしまった程である。
 後半は、解放されたコバニが、徐々に復興していく様が映し出される。
 深い心の傷を負いつつも、ラジオ局を立ち上げ、街の人々に対し”おはよう!”と勇気づけるラジオを流すディロバンと、友人の姿が素晴しい。
 コバニの激動の3年間を、一人の若き女性の姿を軸にして追ったドキュメンタリー作品。>

<2018年8月26日 京都シネマにて鑑賞>

<2021年8月4日  別媒体にて再鑑賞>

コメントする 2件)
共感した! 1件)
NOBU

3.5瓦礫と化したコバニに響き渡るラジオ放送

2018年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「ラッカは静かに虐殺されている」に続く自主企画「シリア発見」の第2弾。

シリア北部、トルコ国境近くのクルド人街コバニは、2014年9月に過激派組織IS(イスラム国)によって占領されたが、クルド人民防衛隊と連合軍の空爆により、翌年1月に解放された。

瓦礫と化したコバニの街が太陽に照らされ真っ白に輝く。それを上空からとらえたオープニングの映像は秀逸だ。復興に向け、瓦礫に埋もれ腐乱した死体を延々と除去していくシーンも圧巻。

そして女子大生2名で立ち上げたラジオ放送がポジティブに響き渡る。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
エロくそチキン

5.0ドキュメントには5をつけたくなる

2018年9月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ドキュメントには5をつけたくなる

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ききみみ

5.0言葉が出ない

2018年8月27日
Androidアプリから投稿

見て感じて体験して欲しい作品。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
バトー
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る