運命は踊る
ホーム > 作品情報 > 映画「運命は踊る」
メニュー

運命は踊る

劇場公開日

解説

「レバノン」で第66回ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したイスラエルの名匠サミュエル・マオス監督が、実体験をもとに運命の不条理や人生のやるせなさを描いたミステリードラマ。テルアビブのアパートで暮らすミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が息子ヨナタンの戦死を知らせにやってくる。ダフナはショックのあまり気を失い、ミハエルは平静を装いながらも役人の対応にいら立ちを覚える。やがて、戦死は誤報だったことが判明。ミハエルは怒りを爆発させ、息子を呼び戻すよう要求する。一方、ヨナタンは戦う相手のいない前哨基地の検問所で、どこか間延びした時間を過ごしていた。ある日、ヨナタンは若者たちの乗る車を取り調べするが……。第74回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞。

作品データ

原題 Foxtrot
製作年 2017年
製作国 イスラエル・ドイツ・フランス・スイス合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 113分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第74回 ベネチア国際映画祭(2017年)

受賞
銀獅子賞(審査員グランプリ) サミュエル・マオス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
運命は踊るの映画評論・批評

20歳でイスラエル軍レバノン侵攻に加わった体験をベースに監督デビュー作「レバノン」を放った気鋭サミュエル・マオズ。8年ぶりの長編「運命は踊る」もまた自らの経験をヒントにしているという。彼の長女は高校時代、寝坊の常習犯でその度にタクシー...運命は踊るの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全26件)
  • 運命の理不尽さ イメージで語るのが映像の醍醐味だが、本作はその醍醐味に溢れている。玄関に飾られた抽象絵画、繰り返しのデザインが印象的な床のタイル、検問所を悠々と通貨するラクダ、鳥の大群、車に大きく描かれた金髪の... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年10月29日  評価:4.5
    このレビューに共感した/3
  • こんなにも不可思議な構成で運命を描き出した怪作 こんなタイプの映画は初めて観た。宣伝のチラシには本作が並外れた映画であることが記され、現にヴェネツィアでは審査員グランプリを獲得するほど激賞された作品だ。 正直言って、私にはこれが傑作なのかどう... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年9月29日  評価:3.5
    このレビューに共感した/5
  • 「運命は踊る」と言うより「因果は巡る」 あらー、期待してたのに。映画になっとらんこと無い?な、1stパート。ヨナタンで盛り返し、鈴木家の嘘を思い浮かべてしまう展開へ。 何かが違う感が、結局最後まで抜けなくて、入り込めまへんでした、御免... ...続きを読む

    bloodtrail bloodtrailさん  2018年12月2日  評価:2.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

オオカミは嘘をつく レバノン
オオカミは嘘をつく (字幕版) レバノン (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「運命は踊る」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi