監獄の首領

劇場公開日

監獄の首領
3%
62%
21%
11%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「シュリ」「ベルリンファイル」などで知られる韓国のベテラン俳優ハン・ソッキュの主演で、刑務所にいるはずの囚人たちが、そのことを逆手に取り、外界で犯罪を繰り返すさまを描いたクライムサスペンス。ソウルのある刑務所では、囚人たちの首領として君臨するチョン・イクホの指揮の下、夜になると囚人たちが塀の外へと繰り出し、証拠も痕跡も残さない組織的完全犯罪を成し遂げていた。そんな刑務所にある日、元刑事のソン・ユゴンが、ひき逃げ、証拠隠滅、収賄の容疑で収監されてくる。血気盛んなユゴンは何かとトラブルを巻き起こすが、そのたびにイクホに助けられ、次第にイクホの犯罪に手を貸すように。イクホもまた、ユゴンを新たな犯罪計画に利用しようとするが……。ユゴン役でドラマ「マイ・リトル・ブライド」、映画「江南ブルース」などで幅広く活躍するキム・レウォンが共演。

2017年製作/124分/韓国
原題:The Prison
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • カリスマ
  • 発狂する唇
  • 血を吸う宇宙
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 血を吸う粘土
  • 血を吸う粘土 派生
  • 怪談師 山口綾子の眠れない怖い話
  • 怪談師 山口綾子のエロ怖い話
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2017 showbox and curoholdings ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

2.0後半は…

ケイさん
2021年7月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ケイ

3.0スゴい設定だけど入り込める

2021年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

監獄がリアルで汚い壁や床から臭い匂いがして来そうなので
スゴい設定だけど入り込めた。
監獄の首領に取り入るまでがスゴく良かった。
小物を倒して監獄の中で成り上がって、
首領の片腕になって行く様はワクワクした。

監獄の中を自由に闊歩するのも入った事ない自分には
有り得そうだなと思いました。
流石に犯罪を請け負ってると言うのはよく分からなかった
けど。
誰も分かってないって感じで話は進んで行くけど、
そんな上手く行くかな?
2回目観たらツッコミどころはたくさんありそう。

中盤のラストくらいから真相に向けて雰囲気が変わって、
薄氷を踏むようなギリギリのドキドキする展開が続くの
だけど、
ラストは今まであの手この手でバレないようにやって来た
男がエラい雑だなとは思いました。

首領の普段の冷静さ、周りにも気を使って然るべきところに
金を使う、キレた時の恐ろしさと言うキャラクターは
とても良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

4.0すごい映画だった

asaさん
2021年1月25日
PCから投稿

最近、韓国映画すごくねと思って見ている。

本作もすごかった。
とにかく鮮やかで刺激的な映画だった。

迫力も脚本も「え、どうなるん?」ってなる
そして主人公も非常に魅力的だ。

最後は思わず残り時間を確認し、「え、あと30分もあるやんけ!!!!どうなるんよ」と引き込まれざるを得なかった。

後味も悪くなく、全体的に悪に振り切っているのでいい作品だと思った。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.5終始ハラハラ…

2020年7月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

冒頭の殺人事件に始まり、夜な夜な街に繰り出す囚人たちと手引きする看守陣、刑務所内カーストとこれにまつわる裏切りや下克上の試み etc...

カーストのトップは就くべきしてその座にいるのだと思い知らされる出来事の数々。
生きるためにボスに付く人々。ボスに歯向かえば悲劇と隣り合わせ。
いよいよその現実に疲れてきた頃に相関図の全容が見えてくるが…

刑務所長をも手中に収める囚人のボスであるイクホは、官吏をも含めた刑務所界のトップに立とうとしていて、私は終始「それは一体何の意味が…?」とモヤモヤだったけど、その歪んだ発想に対する批判は最後にきちんとユゴン(元刑事)が言ってくれた。
最後のその台詞と、劇中で繰り返し語られる「そこ(刑務所)も人間が住む場所、同じ時間が流れてる」という言葉のなかに、この映画のメッセージが込められているのでは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まりぽっさ
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る