ザ・キング

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ザ・キング
12%
54%
22%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1980年から2010年の激動の韓国現代史を背景に、歴代の大統領選の裏で、金と権力のために動いた検事たちを描いたクライムエンタテインメント。権力で悪を制する検事に憧れたケンカ好きの貧しい青年パク・テスは猛勉強の末に検事となり、地方都市での多忙な毎日をスタートさせる。しかし、ある事件をきっかけにソウル中央地検のエリート部長ガンシクと出会ったことにより、平穏だったテスの人生は激変する。他人を踏み台にして出世した結果、富も名声も手にしたガンシクは大統領選挙を利用して権力をつかんだ「1%の成功者」だった。検事という正義の仮面に隠された正体を知ったテスは、次第に悪の魅力に染まっていく。金と権力の虜となる若き検事テス役をドラマ「大丈夫、愛だ」のチョ・インソンが、あらゆる手を使い名声をつかんだ検事ガンシク役を「アシュラ」「グッド・バッド・ウィアード グッド・バッド・ウィアード」のチョン・ウソンがそれぞれ演じる。監督は「観相師 かんそうし」のハン・ジェリム。

2017年製作/134分/韓国
原題:The King
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5カネは人を変える!

2020年1月19日
Androidアプリから投稿

(2020/1/19 3本目 U-NEXT)
「アシュラ」での狂犬のような狂った演技が最高だったチョン・ウソンが、今度は静かに狂ってる作品です。

日本の司法とか情報操作も、こうやって進んでるのかなって思わせるような、実話のようなお話。本来なら暗いテンションで語られそうな内容を、スタイリッシュでハイテンションなテンポで畳み掛けるので見ていて全く飽きません! 面白かった!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たにひろ

4.5【”権力を持つ者にとって、韓国より住みやすい国があるだろうか。”ソウル中央検察庁を舞台にした若き検事の成り上がり人生を強烈な政権批判を込めて描き出す】

NOBUさん
2019年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

 今作は、若きソウル中央検事局検事の抱いた野望を、1980年から2010年の激動の韓国現代史を背景に、見事なポリティカルエンタメ作品として描き出している。

 韓国の歴代大統領がほぼ不幸な末路を迎えている事実の背景を露わにした作品。

 ソウル中央検事局部長検事、ハン・ガンシクを演じるチョン・ウソンが端正な表情を保ちつつ、検察権力の頂点に立った時の姿”踊っていた!”と奈落の底に落とされた時の演技。

 パク・デスを演じるチョ・インソンが徐々に権力の階段を上っていく姿。

 韓国は何でここまであからさまなポリィティカルムービーを制作出来るのか。政府の干渉はないのか?

 ここまで、徹底して権力に固執する男達の姿を見せつけられると”韓国、凄いなあ、でも日本でも同じなんだろうなあ”と思ってしまった作品。

<今作が日本公開された直前、朴(パク・クネ)前大統領が弾劾訴追され、罷免され懲役25年の有罪判決を受け、現在でも獄中にいる・・。>

<2018年3月11日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.0まぁまぁ

2019年4月28日
iPhoneアプリから投稿

惜しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.0こめでぃい…なのかね。韓国の歴史もちょっと学べる

2019年4月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

知的

1980年から2010年の韓国。大統領が全部わかるのでなんかリアル
全斗煥から李明博まで
全羅道出身はアカ
ホワイトノイズ学習法
高校時代から始めるから話が長くなる
チンピラのような目で引き寄せた金持ちの勝気な彼女
ボブが可愛い
正義感に燃える事件を手掛けたところから本番の流れに突入
戦略部(戦略3部)
熟成するまで待つ、キムチのように。
やっぱり芸能人とXXしてみたいよねぇ
チョン・ウソンがプライドを捨て歌い踊る様がみたくなかった
犬に人を食わせる。描写は漫画チック
あらなんか漫画サンクチュアリみたいな幼馴染みコンビ結成
検事連中はスーツ格好いい
奥さん女子アナやったんや!
大統領選は検事連中にも一大事
チョン・ウソンが終始かるい
演出がハリウッドチック
2回目踊り出した
シャンパンタワー綺麗
世間の気をそられるまやかしは日本でもやってる気がする
1部に昇格
パツキンの寄せてあげてねーちゃんにひっかかるとはやっぱ芸能人好きか
やる気満々のイケイケ女性検事登場
やばい浮気がバレそう
しかし時代の変化を上手に感じさせるメインキャスト。だんだん見た目が変わってきた
そしてどんどんほころびが
廬武鉉政権誕生
ちょいちょい飛び蹴り
主役だけ都落ち
焼き畑農法みたいな書
ダチの金でダチを守る
イケイケ女検事、まさかの先輩
まだあと一時間ある、もうひと展開か
先輩=ヒョン
少しずつ太ることで時代を感じさせるのか
相棒出所

ありがちなラストで始まる奴かと思ったら違うのか!
しかもアクシデントかいや違うか
相棒泣かせる
ドウィルの最期だけ渋い
ここは漫画チックにはいかないのはえらい
イミョンバク政権発足
酒浸り
今更生き方を後悔。この曲聞いたことあるな
ここで2時間弱
何もかも失う
全てを賭けてハンガンシクに一矢報いる
チンピラの目
政治家になれば検事を上回れる
イメージ戦略
ここで出てくるのか
政治力学の基本理念が「やられたらやり返す」
スクープにはスクープを
しかしなんやねん当選発表がカウントダウンて

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全14件)