こどもしょくどう

劇場公開日

こどもしょくどう
21%
45%
28%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

藤本哉汰と鈴木梨央のダブル主演で、子どもの目線から現代社会の貧困問題を描いたドラマ。「火垂るの墓」「爆心 長崎の空」の日向寺太郎が監督を務め、脚本には「百円の恋」「14の夜」の足立紳が参加している。小学5年生の高野ユウトは食堂を営む両親、妹とともに何不自由ないおだやかな毎日を過ごしていた。幼なじみのタカシの家は母子家庭で、タカシの母はわずかなお金を置いたままほとんど家に戻ってくることはなかった。そんなタカシを心配したユウトの両親は食堂に招き、頻繁に夕食をごちそうしていた。ある日、ユウトたちは河原で父親と車上生活をしているミチルとヒカルの姉妹に出会う。彼女たちの境遇を気の毒に思ったユウトは実家の食堂に姉妹を連れて行き、2人にも食事を出してほしいと両親に願い出る。そして数日後、姉妹の父親が姿を消し、ミチルたちは行き場をなくしてしまう。ユウト役を藤本、ミチル役を鈴木が、食堂を営むユウトの両親役を吉岡秀隆、常盤貴子がそれぞれ演じる。

2018年製作/93分/G/日本
配給:パル企画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

映画レビュー

3.0食べるシーンが描かれている映画

2021年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

レンタルで3回に分けて鑑賞
スクリーンで観ようとしていたが
時間が合わなかったと記憶

社会活動家の湯浅誠が大竹まことのラジオで
こども食堂のことを話していて興味があった

こどもたちの演技力が素晴らしい
いじめられていた子の最後の行動とか
虹の雲のくだりには泣かされた
まぁ予定調和だけど

なるほどこども食堂へのステップはこういうことかと
知ることができた
ただし短い割にどうも散漫な感じが…

食べることは大切だ 今さらながら
エンドロール時に流れるこどもたちの歌声でも表されている
食べるシーンが描かれている映画は
ある意味信頼できるかもしれない

吉岡の眼の演技は毎度気になる
石田ひかり久々
パパはやっぱりドラゴンアッシュだったか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
北枕寝二

3.5少し幸せな気持ちになれます

白波さん
2021年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

脚本は「百円の恋」の足立紳氏による本作。
冒頭は育児放棄から来るいじめの問題、と思いきやそこからもう一つの要素を入れて来たのは新鮮で興味深かったです。
あとご両親役が良いんですよ。
吉岡秀隆はやはり憎めない感じですし、常盤貴子は定食屋の女将にするには隠しきれない美しさが溢れてて面白いんです。
作品は子どもの視点による、子どもで変えていく世界。
でもそこには子どもでは超えられない壁が当然あって、そこに大人が目線を下げて手を差し伸べてくれる、そんなお話です。
そんな世界もあるんだなって、少し幸せな気持ちになれますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

3.0痛たまれない…

ケイさん
2021年6月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ケイ

3.5内容はさておき

ゆきさん
2021年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

子供達の演技が素晴らしいです!
特に鈴木梨央ちゃんはホントに良かったです。多感な時期のお姉ちゃん役を見事に表現出来ていました。彼女が歌った海は涙を誘います。タカシを演じた男の子もセリフ少なく難しかったと思いますがちゃんと表情で気持ちが読み取れました。

作品全体的に悪くないのですが今一歩と言いましょうか、もう少し深掘りして欲しかったです。タカシの家庭環境はもちろん伝わりますが、あまりに想像任せ?父親も謎過ぎでした。

ラストのミチルが「帰ってきてお母さん!」と泣き叫んだシーンは彼女の女優魂を見せつけられたと思いました。今後の更なる活躍が楽しみです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆき
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る