こどもしょくどう

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
こどもしょくどう
こどもしょくどう
22%
43%
28%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

藤本哉汰と鈴木梨央のダブル主演で、子どもの目線から現代社会の貧困問題を描いたドラマ。「火垂るの墓」「爆心 長崎の空」の日向寺太郎が監督を務め、脚本には「百円の恋」「14の夜」の足立紳が参加している。小学5年生の高野ユウトは食堂を営む両親、妹とともに何不自由ないおだやかな毎日を過ごしていた。幼なじみのタカシの家は母子家庭で、タカシの母はわずかなお金を置いたままほとんど家に戻ってくることはなかった。そんなタカシを心配したユウトの両親は食堂に招き、頻繁に夕食をごちそうしていた。ある日、ユウトたちは河原で父親と車上生活をしているミチルとヒカルの姉妹に出会う。彼女たちの境遇を気の毒に思ったユウトは実家の食堂に姉妹を連れて行き、2人にも食事を出してほしいと両親に願い出る。そして数日後、姉妹の父親が姿を消し、ミチルたちは行き場をなくしてしまう。ユウト役を藤本、ミチル役を鈴木が、食堂を営むユウトの両親役を吉岡秀隆、常盤貴子がそれぞれ演じる。

2018年製作/93分/G/日本
配給:パル企画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会

映画レビュー

2.5タイトルに期待したが中身が違ってる

2021年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

子ども食堂を中心にしたストーリーで展開されず、
ネグレクトのいじめられっ子と車中生活の子ども姉妹、そして主人公家族というか息子が中心にグダグダと進む映画。

なぜ?なぜ?の疑問が結局解消されないのでスッキリしない。

最後の5分で子ども食堂らしいシーンが出て終了。
話が始まるのはここからでしょ💦

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
零式五十二型

4.5こどもたちが気づく貧困問題

kossyさん
2020年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 NPO法人や地域住民によって運営されている「子ども食堂」の内容かと思っていたら、道徳教育的な雰囲気の子ども目線の作品でした。しかし、後半になるにつれ、あづま食堂を営む両親(吉岡秀隆と常盤貴子)の目線となり、社会福祉、公的扶助の問題提起を訴えてくる。

 明らかにホームレスだとわかる人や、貧困に喘いでいる人たちならば福祉活動家や公的機関も見つけやすいのだろうけど、女の子二人だけだし、見た目は小ぎれいだったからわからなかったのかもしれない。それを気づいたのがユウト、タカシ。母子家庭でネグレクトされ、イジメに遭ってるタカシにとっても、タカシの面倒を見るユウトにとってもわかりやすかったのだろう。夫婦の会話からも、当初積極的ではなかったことがうかがえる。

 食事を提供したり、家に泊めてあげたりして、ようやく車上生活者であり、母親がいないこともわかり、そこからの常盤貴子の演技はとても良いものでした。民生委員や児童福祉司などケースワーカーも目が届かない現実。6人に1人の子どもが貧困家庭であると言われてからかなりの年月が経っているのに、何も変わらない日本。逆に消費増税や大企業優先の政治によって、またコロナの影響でますます酷くなることは目に見えている。

 なぜ母親はいなくなったのか、父親はどこへ消えたのか、わからない点は多いけれども、描かれないことで父親がクズだとかダメ人間だという批判を回避したためだと好意的に受け止めました。『万引き家族』みたいに強い生命力さえ持たない弱者。自分よりももっと悲惨な子どものことを考えて強くなったタカシ。そして、時代がいつかはわからないけど、あづま食堂のような慈善家たちが「子ども食堂」を自然発生させたんじゃないかと想像させてくれた。ユウトにはイジメを止められなかった自責の念も感じられ、走る姿が謝っているようにも思えました。“虹の雲”がわずかながら希望を与えてくれるエンディングは好き。

 音楽がCastle In The Airというユニット。ギターが渡辺香津美♪なんかスゲーと思ったよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

3.0スイカの名産地〜

2020年8月18日
PCから投稿

幸せそうな家族旅行のシーンを観て一体この家族に何が起こったんだ!?と思った。
お父さんもよく女の子をあんな場所で車に寝泊まりさせるな…せめて外から中が見え無いように布くらいはってくれ!!と怒りすら覚えた。
あんまり子供食堂に話の中心は無いけど今の子供の貧困の現実やこういう子供達のサポートの仕方の仕方もあるよ。という知るきっかけになる作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

2.0映画にする意味は?

M hobbyさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

正直、テレビのスペシャルドラマ的な感じでした。

他のレビューを読むと同じ事が書かれてありましたが、
いなくなった両親についての背景や、その他もろもろきになる事が多すぎて、今ひとつ"見てよかった"と思えないのが残念でした。

世の中にはとんでもない親がたくさんいる。
子供を作っておきながら、責任をとらない。
子供は親を選べないのだから、せめて、自分が自分で育てられないのなら、安全な場所へ子供を連れていくべきだと思うが、現実にはなかなかそうはいかない。

核家族化が広がり、孤立してしまう家族がいたり、格差社会の中でどうする事もできない人も増えてきているだろう。そんな中で、自ら、弱者である子供に手を差し伸べるには生半可な気持ちでは動けない。
そんな勇気を皆が持ち合わせているわけではないから。

でも、せめて世の中の大人ないし、子供を作った責任のある人間が、我が子にしっかりと親の務めを果たすだけでいいのだと思う。我が子を愛して、我が子へ必要最低限の衣食住を与え、教育の場を与えてあげるだけで、特別なことは何もしなくていいのだと。

それすらできれば、他人の子供の世話をしたり、心配をする必要もないと私は思う。我が子をとにかく大切に育ててあげられたら、それだけで世の中変わってくるのではないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M hobby
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る