見えるもの、見えざるもの

見えるもの、見えざるもの
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2017年・第18回東京フィルメックスのコンペティション部門で、「殺人者マルリナ」(劇場公開時タイトル「マルリナの明日」)とともに最優秀作品賞を受賞。

2017年製作/86分/インドネシア・オランダ・オーストラリア・カタール合作
原題:The Seen and Unseen

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

  • ニ・カデク・タリ・ティティ・カシー

  • イダバグス・プトゥ・ラディティヤ・マヒジャセナ

  • アユ・ラクスミ

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0夢の中で神話を体験する少女

ローチさん
2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

インドネシアの巨匠、ガリン・ヌグロホ監督の長女のカミラ・アンディニ監督によるマジック・リアリズム的映画。寝たきりの双子の弟を看病する少女は、毎夜夢を見る。その夢の中だけでは少女は自由な存在となる。夢の中の世界は、インドネシアのジャワ島に伝わる神話や伝説をモチーフにしたものだそうで、現代の少女の想像力とインドネシアの長い伝統の美学が融合した、他ではあまりお目にかかれない映像美が堪能できる。少女は昔の伝統など知らないはずだが、彼女の中には祖先から受け継いだ文化の遺伝子が眠っているのだ。これは生と死、夢と現とが境目なく存在するという世界観の話なのだと思う。それはとてもアジア的な感性ではないかと思う。
この映画を監督した時、カミラ・アンディ二監督はまだ31歳。巨匠の娘とはいえ、瑞々しさと高い芸術的センスをこの年齢ですでに身につけているのは驚きだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「見えるもの、見えざるもの」以外にこんな作品をCheck-inしています。