タレンタイム 優しい歌

劇場公開日

  • 予告編を見る
タレンタイム 優しい歌
35%
50%
13%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2009年に他界したマレーシアの女性監督ヤスミン・アフマドの長編映画としての遺作となった作品。音楽コンクール「タレンタイム」(才能の時間=タレントタイム)が開催される高校で、ピアノの上手な女子学生ムルーは、耳の聞こえないマヘシュと恋に落ち、二胡を演奏する優等生カーホウは、成績優秀で歌もギターも上手な転入生ハフィズを嫌っていた。コンクールに挑戦する生徒たちの青春を描きながら、マヘシュの叔父に起きる悲劇や、ムルーとの交際に強く反対するマヘシュの母、闘病を続けるハフィズの母など、民族や宗教の違いによる葛藤を抱えた人々の様子を通して、多民族国家としてのマレーシア社会を映し出す。

2009年製作/115分/マレーシア
原題:Talentime
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)Primeworks Studios Sdn Bhd

映画レビュー

4.0監督の優しさが見事に投射されている

さちさん
2020年2月12日
iPhoneアプリから投稿

多民族国家はつくづくバランスを保つのが難しいと思う。その関係の中で子供たちのどう生きるか。正解はないけど、ヒントとなる一掬いがどこかにある映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さち

3.5タイトルなし

Shiroさん
2020年2月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

レビュー見てすごく期待してましたが、そこまででは...
館内が蒸すほど暖かく暖房効いてたのもあり、大分寝落ちしてしまった~
そして長回しのシーンなんかも多かった?のかボンヤリしてしまうと余計ですね。
ちょっと寝すぎでストーリーしっかり掴んでませんが、最後のタレンタイムの弾き語り部分よかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shiro

3.0「重力」としてのゴルトベルクと月の光

Imperatorさん
2020年2月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

マレーシアの世情に疎い自分にとって、ヤスミン監督の作品は、常によく分からない感じがつきまとう。
この作品もストーリーは追えるが、「民族の壁も宗教の壁も越えて」という背景となると、どこまで理解できているのか覚束ない。

また、かなり登場人物が多い。
学校を中心となる「惑星」として、その周りをムルー(マレー系)とハフィズ(マレー系)とマヘシュ(インド系)の3つの家族が、それぞれ「衛星」となって回る。
さらに、カーホウ(中国系)が「彗星」のように加わる。

ただ、メインの話と関係ない“脱線”が多い。それらの「遠心力」によって、話の「軌道」が乱される。
“叔父の死”や“メイド”は、話を分裂させる方向に働くだけだ。
“謎めいた車いすの男”や“教師のオナラ”は、緊張を解くギャグなのかもしれないが(笑)、インパクトが強い「隕石」だ。

結局のところ、全くまとまりのないストーリーを、音楽のもつ強大な「引力」で無理矢理まとめ上げたという印象だ。
「ゴルトベルク変奏曲」のアリアと「月の光」、そしてオリジナル曲の「I Go」と「Angel」という、すべてスローな曲で映画の雰囲気を形作って、それで押し切ってしまう。

“最高傑作”というには物足りない。やはり、まだまだこれからの“夭折”の人だったのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

3.5言葉にできないことの可能性へのまなざし

2020年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ありきたりな女
すべての映画レビューを見る(全25件)

他のユーザーは「タレンタイム 優しい歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。