巨匠ガリン・ヌグロホ、インドネシア女性監督の重要性を熱弁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月26日 > 巨匠ガリン・ヌグロホ、インドネシア女性監督の重要性を熱弁
メニュー

巨匠ガリン・ヌグロホ、インドネシア女性監督の重要性を熱弁

2018年10月26日 19:30

女優アニサ・ヘルタミも ガリン・ヌグロホ監督の教え子!「アリー スター誕生」

女優アニサ・ヘルタミも
ガリン・ヌグロホ監督の教え子!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1970~90年代のインドネシアを舞台にした映画「めくるめく愛の詩」が10月26日、東京・六本木で開催中の第31回東京国際映画祭「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #05 ラララ♪東南アジア」で上映され、メガホンをとったガリン・ヌグロホ監督、出演した女優アニサ・ヘルタミがティーチインに出席した。

インドネシアで暮らす幼なじみのルーミーとユリア。需要が減ったラジオの技術者であるユリアの父親は、妻と娘を残し家を出てしまう。一方、アメリカから輸入されるソフトドリンクに押され会社が傾いてしまったルーミーの父親も、不機嫌が募って妻を殴るようになる。政治的・経済的な状況を背景に、若い2人が思いがけない別離や遭遇を経験する様子を描く。

東京国際映画祭への参加は13回目となるヌグロホ監督は、「私の作品は13本も上映させて頂いたということで、大変誇りに思っております」と感慨深げに語り、「この作品には私の個人的な体験も描かれております。例えば、オープニングで子どもたちが橋に座っているシーンなどは実体験です」と明かした。

6年前の第25回で上映されたヌグロホ監督の「スギヤ」で学生を演じていたヘルタミは、本作ではユリアの母親役を熱演。「私はまだ母親ではないので、挑戦的な役でした。当時、インドネシアの女性たちは若くして結婚し、年が近い自分の娘とは友達のような関係になっていたので、そういった部分を演じるのも難しかったです」と振り返った。

近年は、インドネシアの女性監督の育成に力を入れているというヌグロホ監督。昨年の第18回東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞したモーリー・スルヤ監督(「殺人者マルリナ」)、カミラ・アンディニ監督(「見えるもの、見えざるもの」)に言及し、「インドネシア映画界にとって重要な、2人の女性監督が誕生しました。私が原案を手掛けた『殺人者マルリナ』は、男性の視点から描いてはいけない、女性の視点で描かなければと思い、モーリーに監督を依頼しました」と明かした。

現在大学院で映画学を専攻し、ヌグロホ監督から指導を受けているというヘルタミは、「今回の映画祭のオープニング作品『アリー スター誕生』も、俳優のブラッドリー・クーパーさんが監督を務めています。映画製作を勉強することで、女優としてもインパクトを受けます」と、映画製作への意欲をにじませた。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi