倉科カナ、主演映画「あいあい傘」公開に感涙「わが子を託す思い」

2018年10月26日 20:00

感極まる倉科カナ
感極まる倉科カナ

[映画.com ニュース] 女優の倉科カナ主演の映画「あいあい傘」が10月26日、全国107スクリーンで封切られた。倉科は共演の市原隼人立川談春原田知世宅間孝行監督とともに東京・TOHOシネマズ日比谷で初日舞台挨拶。「絶対に見る価値のある作品。たくさんの人の心に、ほんのりでもいいから温かいあかりをともしたい」と感極まり、そっと目元をぬぐった。

宅間監督が2007年に作・演出した舞台を自ら映画化。25年前に家を出て行った父親を探し出した娘が、その事情を知った上で再会を決意する物語。撮影は昨夏で「皆が熱い思いを込めた作品。これからは皆さんに育てていただく、我が子を託す思いです」とはにかんだ。

倉科に思いを寄せる露天商役の市原は、「倉科カナという女優の、役への向かい方をずっと見てきた。笑って泣ける、素敵な作品になった」と絶賛。対する倉科も、「市原くんは10代の頃から知っているし、先輩でもありお兄ちゃんでもある存在。人柄が温かいんです」と“相思相愛”ぶりを披露。これを見た倉科の父親役の談春は、「おいおい、見つめ合っちゃっているよ」とあきれ顔だ。

その談春は、原田と“夫婦”役で「私が『どうした?』と声をかけた時の、『う~ん』って顔が良かった」とにんまり。原田が、「談春さんといろんな話をして、すごく楽しかった。幸せでした」と応じると、「身に余る…」とさらに相好を崩した。

感動的なストーリーにちなみ今年最も泣いたエピソードを聞かれると、倉科は「毎年やっている某刑事ドラマ(『刑事7人』)で、すごく長いシーンで説明セリフもあって何度やってもNGを出し放心状態のところに、カバンを現場に忘れて号泣してボロボロになった」と照れ笑い。市原が「僕らは常にお客さんのことを考えて舞台に立っている。お客さんに拍手をもらうと涙をこらえるのが大変」と明かすと、倉科は「私の悔し泣き、カットしてもらっていいですか」とさらにほおを赤らめていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース