セブン・シスターズ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
セブン・シスターズ
15%
60%
20%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」「プロメテウス」のノオミ・ラパスが、7つ子の姉妹を1人7役で演じたSFスリラー。2073年、繰り返される戦争や難民問題で主要国は滅び、「ヨーロッパ連邦」が新たな超大国として君臨していた。人口過多と食糧不足から政府は厳格な一人っ子政策を発令し、2人目以降の子どもは親元から引きはがされ冷凍保存されてしまう。そんな世界で偶然生まれた7つ子は、週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで監視の目をくらませてきたが、ある日、7人のうちの1人、マンデー(月曜日)が帰宅しなかったことから、姉妹の日常が次第に狂い始めていく。優等生、ヒッピー、反逆者、天才エンジニア、パーティガールなどバラバラな個性をもちあわせながらも、家の外では1人の銀行員を演じている7人姉妹を、ラパスが1人7役で体現した。「処刑山 デッド卍スノウ」で注目され、「ヘンゼル&グレーテル」でハリウッドデビューを果たしたノルウェー出身のトニー・ウィルコラ監督がメガホンをとった。

2016年製作/123分/R15+/イギリス・アメリカ・フランス・ベルギー合作
原題:What Happened to Monday?
配給:コピアポア・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ジェーン・ドウの解剖
  • 機械じかけの小児病棟
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 怪談新耳袋 百物語【TBSオンデマンド】
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 喰女 ―クイメ―
  • オーディション
  • カオス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016

映画レビュー

4.0北欧出身監督ならではの独創性が炸裂!

2017年10月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

北欧監督ならではの独特な感性に満ちた怪作だ。セットやCGを工夫して、コンパクトながら鮮烈な近未来を築き上げている。その創造性にまず驚かされ、次に登場する一人7役のノオミ・ラパスにまたビックリ。彼女の役どころは7つ子。人口爆発に伴って政府による一人っ子政策が続く中、彼女らは祖父に匿われて暮らしてきた。「マンデー」から「サンデー」まで7つの曜日の名をつけられ、一人のIDを7人で共有する日々。しかしある事件をきっかけに平穏な日々に変化が芽生え・・・。この設定からしてすでに独創的だが、初めは見分けるのが面倒に思えた7人の演じ分けも、次第にそれぞれの個性を感じ、別人格なのだと思えるようになっていく。単にCGで人を増やしたり、切り張りするだけの映像ではなく、しっかり魂がこもっている点に唸らされる。そしてウィレム・デフォーの慈愛と厳しさを秘めた演技がとてもいい。うっかり見逃してしまうのは勿体無い作品だ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.0月曜日はお風呂を焚いて、火曜日はお風呂に入る♪

kossyさん
2020年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

3.0七等分の人生?この管理社会で無理がある。

2020年6月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

萌える

人口増加と食料不足で食品改良しちゃったら、4つ子5つ子出産当たり前の妊婦にも影響ありな世界になってしまい、更に世界は人口増加に。
政府は超一人っ子政策を打ち出し、2人目以降は冷凍保存される人生を送る羽目に。
ある家族に7つ子が産まれ、父は超一人っ子政策を避ける為に隠れて曜日毎に1人の人格として7人それぞれ外の生活させる事を試みるが、、、。

なんちゅう設定や?と思いながら成人7つ子を見る訳だが、合成などで見事にノオミ・ラパスの成人7つ子を観せられる。

しかし「劇中人物を1役7人した所で食べる量や排泄する量は1人分にする事は出来る訳ないからバレるやん。」と思いながら観てたらやはりバレる内容w(バレるっちゅうか、バラしたっちゅうか💦)

そこからは展開がいかにも近未来モノ感丸出しだし、いきなり出てきた第三者や近未来装置で展開がどうにかなってるし、政府のやり方が実は嘘だった感は博士のせいで前半から臭ってくるし、ノオミ・ラパスの独壇場で彼女の魅力無しでは7人姉妹は観れないかな😅
髪型がそれぞれ違うのが救いだと思うし。

7人それぞれに凄い魅力があった訳じゃないし、これだったら7つの人格とか7変化出来るレインボーマン(かなり古い)の方が個人的には魅力的かな😓
7人物及び社会設定ありきの映画でした💦
(これを観た後私は何故が「トータル・リコールは偉大だった」と認識した。似ていない様で実は似ているし)

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 11 件)
巫女雷男

4.51人7役

2020年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

地球存亡の危機に瀕して温暖化、異常気象、食料問題、水問題などなど、
その全ては人口増加に原因があり、このままのペースで人口増加が続くと
地球が破綻してしまう。とりあえず食料不足だけは何とかしようということで、
1人っ子政策を打ち出したわけですが、遺伝子組み換えの作物の副作用により
7つ子の姉妹が生まれてしまう。
本来なら一人を残して、残り六人は冷凍保存される運命でしたが、
おじいちゃんは七人全ての命を守ることを決意しました。
その後、大人になった姉妹達の1人(月曜日)が行方不明になって
事件が勃発していくSFスリラーです。

■ノオミ・ラパスが1人7役を演じる
個性豊かな7人を見事に演じきっています。
そしてどうやって撮影したんだろう??・・と思うくらい違和感ゼロ。

■近未来世界の描写が斬新
2073年を舞台にしておりますが、よくある未来都市のような
ネオンでチカチカしてる訳ではなく、 荒廃した近未来の世界観
が実にリアリティがあって入り込めました。

■SFスリラーだけど怖くはないです。
少し暴力シーンや血が出たりグロいシーンもありますが、そこまで怖くないです。
7つ子姉妹達の気持ちを考えたら生きるか死ぬかの瀬戸際の恐怖さが
伝わってきてとても緊張感がありました。むしろ効果音の方が怖かったw

■木曜と金曜への攻撃の時だけ派手にやりすぎ
ケイマンの支持により当局は秘密裏に殺しておきたかったはずなのに
後半かなり派手に攻めてて違和感ありました。

■涙が溢れた
金曜日の最後のシーンでかなり胸が痛くなり泣きました。

■考えさせられる映画でした
人口爆発で地球が危なくなったら・・・そんな遠い未来が本当に来るかもしれない。
1人っ子政策ってのは中国で実際にありましたし
(廃止されましたが現在は2人っ子政策)
この映画でも実にリアルに感じてとても涙が出ました。

■何回でも観たくなる
非常に作り込まれた映画だなぁ~と感心しますね。
2回目見る時は左手人差し指に注目して観てましたw
1回目では全然気づかなかったけど左手隠しながらの演技が違和感なさすぎて
撮影側も、演技してるノオミ・ラパスも凄いと思いました。
ちゃんとCGで7人分全部指を処理してるとこも凄いよね。

見終わったあと・・心がざわざわ・・
決してハッピーエンドではないけどバッドエンドでもない・・
とても心に残る映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
▼・ᴥ・▼ marron
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る