検察側の罪人 インタビュー: 二宮和也が語る「木村拓哉」という存在 初共演「検察側の罪人」で感じた超然たる“人間力”

ホーム > 作品情報 > 映画「検察側の罪人」 > インタビュー > 二宮和也が語る「木村拓哉」という存在 初共演「検察側の罪人」で感じた超然たる“人間力”
メニュー

検察側の罪人

劇場公開日 2018年8月24日
2018年8月6日更新
画像1

二宮和也が語る「木村拓哉」という存在 初共演「検察側の罪人」で感じた超然たる“人間力”

一方で木村拓哉に対峙した二宮和也は、胸のうちにどんな感情を秘めていたのだろうか。くずおれそうになるほどの重圧か、たぎる意欲を抑えられぬ挑戦か、あるいはスターたるオーラへの敬意か。二宮自身の言葉をたどり、「検察側の罪人」の撮影現場を覗いていこう。(取材/文・編集部)

意外にも、木村とは初共演となった二宮。事務所の先輩であり、それ以前に役者としても人間としても尊敬する彼との共演に、二宮はただ「楽しかった。木村さんは大変だったかもしれないですけど(笑)、僕は本当に楽しいだけでした」と瞳を輝かせた。現場を振り返る際は常に口角を上げ、ワクワクがにじみ出るかのようなほほ笑みを浮かべる姿からは、今作が“人間・二宮和也”に与えたものの大きさをうかがい知れる。

二宮「事務所の先輩でもありますので、厳しいところは人よりも厳しいですし、優しいところは人よりも優しい、そういう特殊な関係ではあります。ただ今回、木村さんがしてくれることに対して、僕はずっと甘えていました。つまり、木村さんはすごく環境を整えてくださった。『長く役者をやっているんだから、ニノのやり方がある』と尊重してもらえて、『でき得る限り、こっちで整える』とも言っていただけました」

座長・木村がつくり出したステージに二宮が飛び込み、存分にエネルギーを衝突させ合う……。今作を貫く2人の死闘の圧力は、それぞれの力量だけでなく、先輩・後輩という信頼関係によるシナジーの賜物だった。「木村さんは怒らないし、感情が見えないところがある(笑)。常に何かを考えていて、それは現場で起こっている問題の、その先を考えている。今発生した問題が解決した後に、どう展開していくかということ。その結果、僕だけじゃなく、みんなも演じやすい環境が整っていくんです」と、二宮は木村の超然とした調整力を説明する。

また予告編でも象徴的に挿入された、最上(木村)と沖野(二宮)による論争。「真実を解明することはどうでもいいんですか」「検事でいる意味がない」と、互いの“信念”という抜群の切れ味を誇る剣を、相手の喉元に突きつけ合う壮絶な舌戦が繰り広げられる。今作最大の見せ場とも言える同シーンだが、挑むにあたり、2人の間に“芝居のプラン”に関する会話はなかった。それは、前述の「あなたのやり方がある」という尊重にもとづく、ごく自然なことだった。

しかも本番はテイクを重ねることなく、一発OKで終了したという。「基本的には、どのシーンもほぼほぼ一発OKだった、という印象です。もっと言うと、カメラテストもそこまでやっていないんです。段取りで確認したらすぐ撮影していたので、1日の撮影終了が非常に早く、次の日のことをちゃんと考えられる時間を、原田眞人監督につくっていただきました。だから、現場でみんなが『せーの』で演じたときに、初速が全然違ったんですよね。シーンを一緒に演じてくれる方々に、僕から『ドン!』とぶつける。そして出していただいた返答に、僕が真正面からぶつかるときもあれば、受け流すときもある。そういったバランスで演じていました」と、まるでジャズセッションのような、有機的な芝居の連鎖を述懐する。

観客の心に大渦を生じさせるシークエンスは無数にあるが、なかでももうひとつ、沖野と殺人容疑をかけられた松倉(酒向芳)の聴取シーンは白眉だ。対面した当初、穏やかな口調で言質を取ろうと攻め込むが、最上から「怒らせろ」という遠隔指示を受けると、聴取は徐々にエスカレート。松倉の希望で録音と録画を停止し、おぞましい告白を聞かされた後、沖野は満腔の力を込めて罵詈雑言を浴びせかけ、目の前に座る“モンスター”をいたぶっていく。酒向の怪演も見事だが、タガが外れたかのような沖野の変貌ぶりを、二宮が静から動へと急激なスイッチを入れ体現している。

二宮「狂気ですよね。あのシーンは大変でした……。ずっと怒っていなければいけなし、罵倒しなければいけない。僕はどちらかと言うと、円滑に生きたいと思っている人間なので、ああいうことは一切しないです(笑)。検事の先生が(監修で)いらっしゃって、『実際にここまでやっていいんですか?』と聞いたら、『ここまでやったらクビです』と言われました(笑)。しかし、これは作品のスパイスとして必要だから、映画的な嘘として徹底して演じていきました。難しいと思っていたのは、相手が動かないところ。だから僕から仕掛けていかなければいけない。相手が動くのであれば、動いた先に椅子を蹴ったり、ものを投げたりできるんだけど、今回は『どうしよ……』みたいな(笑)」

そして二宮が今作に参加するにあたり、心に決めたことは「最低限、足を引っ張らない」ということ。特別な気負いはないに等しく、こうしてインタビューに応じる際も、どこまでも自然体だ。撮影現場を、改めて「演じていて楽しくなっちゃったりすると、『ちょっとやってみよう』となるんです。どうやっても、何をやっても、たとえ自分がフラフラしていても、すくってくれる相手に木村さんがいて、まとめてくれる監督がいてくれた」と振り返り、「僕は自由にやっていましたし、木村さんとのラストシーンは、特に楽しかったですね」と破顔した。

「自由」という言葉は、なにも「滅茶苦茶に振る舞う」という意味ではない。自身の持つありったけを、肩の力を抜きながら自然に放出することが、二宮の言う自由なのだ。沖野&松倉の聴取シーンについて、こんなエピソードも飛び出した。「前日に、木村さんが『明日、やりたいようにめちゃくちゃにやってきていいよ』とメールをくれたんです。当日も『楽しみにしてるね』と。自分が稼働していない日のスケジュールも把握されていて、多分僕だけじゃなく、やっしー(八嶋智人)や松重(豊)さんにも『お願いします』とメールしていらっしゃるはず。現場にいなくても『よし、ちゃんとやらなきゃな』と常に思わせてくれるんです」。

二宮は2年ほど前から、「平成の大スターである木村拓哉と、平成のうちに共演したい」と願ってやまなかった。夢が現実となった今、喜びはひとしおだろう。だが「新しい元号になったときに、飲みながら後輩に『平成のうちに木村拓哉と共演した』と自慢したい」という慎ましい発言に、彼の真骨頂を見たように思う。

インタビュー

関連コンテンツ

特集

【想像のはるか上】映画のプロが驚き、映画ファンが認めた《本物の邦画》“異才”原田眞人監督ד傑作”ベストセラーד本気”キャスト!一線を越えた2人の検察官が激突! あなたは“どちらの正義を支持”する?
特集

辛口の映画ファンにも勧められる、“本気”かつ“本物”の日本映画が誕生した。「日本のいちばん長い日」や「関ヶ原」などの名匠・原田眞人監督の最新作「検察側の罪人」(8月24日公開)だ。「犯人に告ぐ」で知られる人気作家・雫井脩介氏のミステリ...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

検察側の罪人 Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 検察側の罪人 DVD 豪華版[DVD] 検察側の罪人 DVD 通常版[DVD] GOOD LUCK!! DVD-BOX[DVD]
検察側の罪人 Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 検察側の罪人 DVD 豪華版[DVD] 検察側の罪人 DVD 通常版[DVD] GOOD LUCK!! DVD-BOX[DVD]
発売日:2019年2月20日 最安価格: ¥6,233 発売日:2019年2月20日 最安価格: ¥5,434 発売日:2019年2月20日 最安価格: ¥3,036 発売日:2007年6月22日 最安価格: ¥18,468
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全390件)
  • 深いことは分からんが よく分かんねーけど松倉がちゃんと死んでくれて良かった。 そういう点ではスッキリする。 二宮の童貞感が良かった。 ストーリーそのものがスッキリ終わるかっていうとそうでもないかな? 途中で自殺した人... ...続きを読む

    焼餅 焼餅さん  2018年11月28日 09:01  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • まだまだキムタク キムタクの演技は、セリフの口調が普段のキムタクのままなのでいくら感情表現が良くても「最上毅」ではなく、キムタクが検事になったらこうだって感じが抜けきれない。この点で好きか嫌いかが分かれるのであろ... ...続きを読む

    Haru no laze Haru no lazeさん  2018年11月28日 04:17  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • タイトルなし ネタバレ! ...続きを読む

    re34983343 re34983343さん  2018年11月22日 23:20  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi