いぬむこいり

劇場公開日

  • 予告編を見る
いぬむこいり
いぬむこいり
18%
29%
41%
0%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アジアの純真」「TAP 完全なる飼育」の片嶋一貴監督が、民間伝承の「犬婿入り」をモチーフに手がけたオリジナルストーリー。何もかもがうまくいかない小学校教師の主人公・梓が、神のお告げによって訪れた島で様々な煩悶と挫折を繰り返しながらも前に進んでいく姿を、シニカルな風刺やエロスを交えながら、全4章構成、4時間を超える上映時間で描く。東京で小学校教師をしている梓の家には、お姫様と家来の犬が結婚するという、不思議な「犬婿入り」の物語が語り継がれていた。仕事でもプライベートでも問題を抱え、落ち込んでいた梓は、ある時、突然聞こえてきた「イモレ島へ行けば望むものが得られる」という天からのお告げの声に従い、全てを捨ててイモレ島へ旅立つ。島では多くの苦難が待ち受けていたが、それが次第に家に伝わる伝説と関係していることが明らかになり……。

2016年製作/245分/R15+/日本
配給:太秦

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 INUMUKOIRI PROJECT

映画レビュー

0.5あなたの人生の4時間を捨ててみませんか?

MOTTOさん
2019年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 映画に対して憤慨という感情が自分にあったんだと気付かされた一本。

 もともと原作があって、どうやら原作者に蹴られて「じゃあ同じタイトル使ってお前の作品めちゃくちゃにしてやる!」みたいなノリで作ったらしい。

 つまり個人的な恨みを映画で晴らしてしまった。

 じゃあイングロリアスバスターズみたいに反ナチに対するパワーがある映画という訳でもない。本人はそのつもりだろうが。根暗がねちねち悪口言ってる感じ

 じゃあエド・ウッドみたいな逆にクソ作品として注目するべきかというとそうでもない。

 稚拙な濡れ場、意味も面白さもない下品なシーン。作り手はタランティーノとかエド・ウッドとかになりきったつもりなんだろう。「雑な感じがいいだろ」「これが味なんだ」っていうニヤケ顔がひしひしと伝わる。雑と味は違うよ。

 エド・ウッドみたいに笑い話にも語り草にもならない。

 クソ映画作るなら笑えるクソにしよう。これを作った行動力に敬意を評して星0.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MOTTO

2.5“”Hombre Nuevo“” by Guevara

2017年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いぱねま
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る