夜は短し歩けよ乙女のレビュー・感想・評価 (2)

夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日 2017年4月7日
182件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

ミュージカルっぽさ

前半がたまらなく退屈。登場人物がみなつかみどころがなく深みがない。非現実的な演出がよさなのだろうけれどミュージカルっぽくもあり、個人的に苦手。原作好きとかならいいのかもね。

non
nonさん / 2018年3月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ずんずん進む

楽しいキャンパスライフ。80年代ぐらいの匂いががする。さまざまなキャラクターがふんだんに詰まっているが、黒髪の彼女がずんずん引っ張っていく。
対して殻に閉じこもる先輩。シュールな殻の表現が笑える。湯浅ワールドが溢れる。
キャンパスライフの理想。現実は別にあるが、夢はあっていい。

Kj
Kjさん / 2018年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かっこ悪いのがかっこいい。

同時期の公開とあって、比較されるのは仕方がない「夜明け告げるルーのうた」
どちらが良いとか悪いとか言うつもりはないし、好みといっても、どっちも良くてこれまた難しい。

「四畳半神話大系」ファン待望のこの「夜は短し歩けよ乙女」は、どう見えただろうか。
主人公である先輩を見ていて思ったのは、アホだなーとかださいなーとか、、、ただ、男なら分かる。愚直に恋をした経験のある男なら、きっと分かる。

なるべくクールに振り向いてもらおうと、あれやこれやと好きな人へアプローチをかけるのだが、空回りしたり、何をやっても上手くいかなかったりする。そして、自分はできる限りのことはやったのだからと納得させる。何度も心が折れかけながら、それでも、止められない想いと付き合っていくしかない。

特に終盤の、空想のシーン?男は頭でいろんなことを考える。どうしたらいいか、どんなことを話そうか、クールぶりながら、、、でも、妄想は止まらない。何人もの自分が、あーでもない、こーでもないと議論を進める。一方で、女の人はそんなことは知らんぷりでけろっとしている。

あの妄想シーン、何人もの自分が登場するシーンは、深く自分にも投影してしまった。そして、それをあんな壮大なアニメーションで表現した湯浅監督恐るべし。そして、男の愚直なまでの一途な想いは届かないもの。そうやって男は強くなる。ダサさ、かっこ悪さ、どこまでも真っ直ぐな故に、突き抜けすぎて届かず通り過ぎてしまう。

ルーとは真逆の恋愛観を見せてもらった。やっぱ、男はダサくてなんぼ!たとえ、願いは叶わなくとも。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2018年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

森見登美彦X湯浅政明再び

2010年ノイタミナでアニメ化された「四畳半神話大系」から7年。
森見登美彦と湯浅政明が再びタッグを組んだ劇場版アニメ作品。

どこに進むのか分からない奇想天外な発想、湯浅監督ならではのビビットな色彩や映像表現ながら、鑑賞後は爽快な気持ちになる傑作で、森見登美彦の頭の中にある京都に小旅行したような楽しい作品。

パンツ番長役のロバート秋山や、花澤香菜、星野源など声優陣も良かった。

青空ぷらす
青空ぷらすさん / 2017年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはなかなかの良作。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 見終わった後、スカッと爽快な気分を感じた。それも胸の中がポーッと温まるような、それでも爽やかなような。
 この映画を見る前に原作小説を読んではいたが、原作を読んだから映画が面白いのか、映画自体が面白いのか。少し悩んだが、やはり後者であろう。細かなところは変えながらも原作を主体とした大胆な演出、アニメーションは原作を殺してはおらず、むしろ生き生きとさせるものだったと思う。
 乙女に対する先輩の一途な思いが度々空回り、その中に挟まったユーモア。笑わされる箇所はいくつもあって、最初から終わりまで、観る側を飽きさせない映画だった。

 ただ、(記憶が正しければ)原作は一年、それも春夏秋冬を通してストーリーは進むが、あれを一夜のできごとにおさめるには少しむりがあったとも感じた。ファンタジーなのだから、ツッコミをいれてはいけないのかもしれないが。

 客受け目的かどうかは知らないが、声優は豪華な人たちがそろっていた。なおかつ、登場人物たちにしっかりと個性を与えるようなフィット感があった。つまり、キャスティングは素晴らしいものだったと、自分は思う。

ポッケ
ポッケさん / 2017年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

湯浅

当たり前に素晴らしい。ウルトラミラクルラブストーリー。湯浅憲明は、あきらかに、1番才能ある日本人の1人。

ssspkk
ssspkkさん / 2017年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こっちはさいこう。

ルーよりも湯浅節の良さが発揮されている。

Peinyo
Peinyoさん / 2017年12月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほほぉって感じ

すごい独特なタッチだった。個人的にはちょっと苦手。ストーリーは、独特な絵に目がいってしまって、頭にあまり残らなかった。

カレーライス
カレーライスさん / 2017年12月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

乙女が歩く

個性的なキャラ、大きな動き、独特な言い回し。京都の長い夜が始まる。偽電気ブランなど、森見ファンなら一度は聞いたことがあるであろう単語も出てくるので、嬉しくなる。もちろん、知らない人でも分かるように、解説があるのが良い。乙女が歩く、不思議な夜を描いていた作品。

ゆぅい
ゆぅいさん / 2017年11月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ 知的 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

繋がる話 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とても気楽にほんわかと観れる作品に思える。

嫌悪感を抱く人は多いだろう。
かくゆう俺もその1人。
作画もそうだし、色彩も「?」
語られる物語もなんだか有象無象だし。
物語の終盤に至るまで「なんじゃこりゃ?」との疑念を払拭する事はできなかった。
ただ…見終えた感想として、表題のような事を感じた。
文学作品然とした作風でありながらも、実に現代にマッチするネタであり、人の社会とそれに関わる人々を軽くしなやかに表現していたように思えた。

劇場公開作品としては、暴挙ともいえなくはないが…1800円の価値を見出せるかどうかは人それぞれであろう。

あれこれ感想を述べ合うのにとても適した素材がふんだんに投入されていて、勝手な妄想を掻き立ててくれる。
例えば京都という舞台を考えてみても、古都というイメージが付きまとい、作品の語る夜の懐の深さだったり、不可思議な登場人物たちへの説得力が付加されてたりする。
古本の祭りが大々的に開催される事への違和感の緩和だったりと、そこはかとなく必然性を感じたりするわけだ。
古めかしい街並みにカラフルな人物たちが存在する違和感が、不思議な調和を奏でだしてくれるのも「京都」のおかげとも思える。
妖怪のような街の実力者がいたりするのも。
あ、「鎌倉」もありかもね。
大学生たちの無駄に上手い歌唱力に、若さ故の才能と情熱の無駄使いを感じてみたり、溢れるエネルギーの暴走を感じてみたり。
様々な題材的な裏側とその必然性を妄想する楽しみがあった。

なかなかに深く良い話が詰まってた。

U-3153
U-3153さん / 2017年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大学生の時に原作を読んでいたけど、

大学1年生の頃に原作に出会い、その後の大学生活に強く影響を受けました。(男性やお酒の趣味など、、もちろん京都も大好きになりました)
本ではサラサラ読めるわりには想像が小難しく苦戦した自分ですが、この映画に最初から出会えていれば安易に世界観を味わえたのになぁと思いました。それほど本の世界をそのままに、懐かしくも詭弁踊りに笑わされ、新鮮な気持ちで見れました。

nekomusumeeee
nekomusumeeeeさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

らしさ全開突き進め湯浅

『夜明け告げるルーのうた』と共にほぼ同時期に公開された湯浅政明監督作。
レンタルで先に見たのはあちらだが、公開はこちらが先。
あちらも独特の湯浅ワールドだったが、こちらはもっともっとらしさ全開!

黒髪乙女の後輩を振り向かせようとする主人公“先輩”の恋愛奮闘劇で、一見ラブコメ的だが、湯浅監督の手にかかれば、
クセが強いんじゃ!

たまたま奇遇を装って、(な)なるべく(か)彼女の(め)目に留まる。
「黒髪の乙女振り向かせ作戦も子供っぽいですから、“なかめ作戦”としましょう」「では、なかめ作戦を開始する!」(某映画より)
…でも、先輩、やってる事ほぼストーカー。
奇遇を装って黒髪乙女の前に現れるのは勿論、彼女を振り向かせる為なら、激辛鍋を食べ、黒髪乙女が幼少時好きだった本を手に入れ、黒髪乙女がピンチヒッターで出る事になった劇の相手役に文字通り“飛び入り”参加する。股間にソフトクリーム付けられたり、フル○ンで黒髪乙女の前に…。
でもでも全ては黒髪乙女の為。
恋路は遠し走れよ先輩!

で、先輩ゾッコンの黒髪乙女。
純情そうな可愛らしい娘ではあるが、彼女またなかなか不思議ちゃんなクセモノ。
魅惑の大人の世界に憧れ、酒は強いわ、ヘンテコな詭弁踊りするわ、代わりに劇のヒロインやるわ、風邪ひいた皆を見舞うわ…。パンチも強い。

本作、この二人以上に一癖も二癖も三癖もある強烈個性キャラのオンパレード。
女装趣味のある学園祭事務局長、パンツを履き替えた事の無いパンツ総番長、エロい日本画収集のオヤジ、古本市の神、妖怪みたいなジジイ…。
ファンタジーでもあり、時々ミュージカル。
酒くらべ、古本市、学園祭…これら全て、一夜の出来事!
独特の作風、作画、演出。シュールで奇想天外な世界観。

正直、意味不明なシーンも多々。
でも、一本の作品の話としては『夜明け告げるルーのうた』の方が筋が通ってるかもしれないが、この不思議なノリ、テンポ、雰囲気はこちらの方が好きかも。
それでいて最後は先輩と黒髪乙女のラブストーリーとして終着。
天晴れ!
好きになったら、これ、ハマる。

近大
近大さん / 2017年11月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しかしこのアニメの夜は長い

いきなりアニメなのにお酒の話になったのには面を喰らいました。
冒頭から「つまらない」と思った方、少しお待ちを。
全部観てから判断して欲しい。(大人目線として)それだけの価値はこの映画にはある。

お酒あり、古本あり、演劇あり、etc....お下品あり。
小説をアニメ化し、現実的な様で非現実な表現。

監督の表現したい事をありったけアニメ化した様な情熱や新機軸は伝わって来るが、万人に受けるかはまた別。映画館で観る様なモノかと言われれば私的に別。
(例えば、過去短編小説アニメ「銀河鉄道の夜」が面白くなかった人ははっきり言って面白くない。小説なら小説のままでいいんじゃない?的感じ。)

私は文学アニメとして見れば面白みがありました。

巫女雷男
巫女雷男さん / 2017年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説の世界観を上手く表現してた。

小説の世界観を上手く表現してた。

たくや
たくやさん / 2017年9月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正直、前半部分はめっちゃ退屈で眠たくなる。映画の中で初めてそんなん思った

正直、前半部分はめっちゃ退屈で眠たくなる。映画の中で初めてそんなん思った

ふちふち
ふちふちさん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好き。

絵が好き。世界観が好き。説明的だけど、実はポップで、ププッと笑える感じが好き。あくまでも、爆笑じゃなく、プッと笑える感じが。

あみ
あみさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を読んでからだとより面白い!

先輩と黒髪の乙女の長い夜のお話。
劇中に出てくる、電気ブランを飲んでみたくなりました!黒髪の乙女があまりにも美味しそうに飲むので……。

先輩の声は星野源さんがやられていましたが全く違和感がなく、作品に声が溶け込んでいて最後まで楽しめました。

内容の原作は小説なので、読んでおくとさらに楽しめると思います!

桜
さん / 2017年8月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポップでキュートで面妖な京都ファンタジー

最近のアニメみたいに、写真と見間違えるような質感をもった背景や人物ではなく、絵とは平面に色彩を乗せる事で表現するものだと言わんばかりのポップで古臭い絵柄が観ていて楽しい。センスある色彩。アニメーションならではの非現実的描写が、内容とも絶妙にマッチしている。森見作品の、男はひたすら情けなくてしみったれたロマンチストで、女はひたすらチャーミングで謎めいていて強靱な、そんな愛すべき人々が暴れまわるには、こんな表現が相応しいのではないかと感じた。

P.P
P.Pさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

天才!

パプリカ以来の衝撃!!ほかの作品もみます!!!

けろろ
けろろさん / 2017年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

四畳半神話体系

四畳半神話体系と共通の登場人物が多数(というかほとんど一緒?)登場して来るので、事前に予習しておくと良いかも。

原作は知りませんが、アニメ同様テンポが良いので観ていて飽きません。

観終わって満足しますが、何か残るとかそういう感じではないですかね。

ちゃんたく
ちゃんたくさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

182件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi