静かなる叫び

劇場公開日

静かなる叫び
19%
52%
22%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「プリズナーズ」「ボーダーライン」などを手がけ、「ブレードランナー」続編のメガホンも託されるなど、ハリウッドで注目を集める気鋭監督ドゥニ・ビルヌーブが2009年に故郷カナダで手がけた作品で、モントリオール理工科大学で実際に起きた銃乱射事件をモチーフに描いた社会派ドラマ。1989年12月6日、モントリオール理工科大学に通う女子学生バレリーと友人の男子学生ジャン=フランソワは、いつも通りの1日を送っていた。しかし突然、1人の男子学生がライフル銃を携えて構内に乱入し、女子学生だけを狙って次々と発砲を開始。犯人は14人もの女子学生を殺害し、自らも命を断つ。バレリーは重傷を負ったものの何とか生還し、ジャン=フランソワは負傷した女子学生を救う。それぞれ心に深い傷を負った2人は、その後も続く非日常の中で苦悩にさいなまれるが……。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

2009年製作/77分/カナダ
原題:Polytechnique
配給:アットエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2008 RP POLYTECHNIQUE PRODUCTIONS INC.

映画レビュー

3.0支配の構造

2021年11月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

内容は、カナダにある大学銃乱射事件を取り扱う社会派ドラマ。監督自身の厳しい母親に育てられた生い立ちと物語が重ねられ作家性がある様に感じた。また映画内の重厚な音楽とモノクロ映像合間って緊張感と寒さがより伝わってきたように感じられた。そしてカメラを逆さや回して撮る撮り方がそれぞれの心境と重なり事件関係者の全てが、これ以降180度変わってしまい女性の主人公は、事件後そばにいた友達の顔が忘れられず回復後同じように髪まで染める変貌ぶり。息苦しく一種の呪いみたいに感じられ非常に胸打たれる。モノクロ映像と吹雪で屋根の端から吹き上がる雪は終始沈黙に似た叫びが聞こえてきそうで見ていて辛かったが生きて行くとはこういう一面も否定できないよなあ。社会問題を再考させられら作品。短いが三者三様で上手く纏めらていた作品でした。見て辛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コバヤシマル

4.0変身するということ

あしたさん
2021年10月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ヴィルヌーヴの作家性とは変身することを描くことだと思っている。
そのハッと驚く気持ちの揺らぎを映すために丁寧に丁寧にシーンを重ねていく。
本作の事件前後の被害者、加害者、巻き込まれた人、3人の変身の瞬間を描ききってしまう。
そして、その変身のカタルシスを映画にしてしまえるのはヴィルヌーヴだけだ。
本作も実に素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あした

4.0男尊女卑、日本の専売特許かといえば、そうではない。フェミニズム、な...

哲也さん
2021年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

男尊女卑、日本の専売特許かといえば、そうではない。フェミニズム、なんていう言葉・概念は、日本ではなんとなく歪められて流通したのかもしれない。というか、あまり興味ないけど。バカなオッサンは、やたら女性を擁護し、男はガマンだ、なんて言ったりする。それは、一見女性を尊重しているかのように見えるけど本音は、男社会だから、男は最終的に得するんだから、馬鹿な女性が少々騒いでもガマンしとけ、くらいの浅薄な感覚でしかないことが殆ど。それは能力のある女性だけでなく男も埋没させてしまうこともある。が、馬鹿なオッサンは無自覚で…。歪んだ男の感情。その表出がこの映画のようになったり、あるいは日本の生産性の低い会社組織のようになったり…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
哲也

3.5反フェミニストの正当な理論とは?

カメさん
2020年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.8
ドゥニ・ビルヌーブが描く社会派作品。フェミニストについて考えるきっかけになる。しかしながら犯人の反フェミニストの考えや、そこに至った経緯が無い為、実際にフェミニストという人達や、その社会について深く考える事が出来ず残念。反フェミニスト側の正当な理論があってこそ問題提起ができると感じる。犯人の手記などがあまり無いのだろう。
殺害シーンを減らし、反フェミニストの主義思想の時間を増やした方が心に残りそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る