カフェ・ソサエティ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
カフェ・ソサエティ
11%
53%
32%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウッディ・アレン監督が1930年代ハリウッド黄金時代を背景に、きらびやかな社交界(カフェ・ソサエティ)に身を置くことになった青年の恋や人生を描いたロマンティックコメディ。映画業界で働くことを夢見るニューヨーク生まれの青年ボビーは、業界の有力者である叔父フィルを頼ってハリウッドにやってくる。フィルの秘書を務める美女ヴォニーに心を奪われたボビーは、映画スターやセレブリティを相手に、フィルの下で働きながらヴォニーと親密になっていくが、彼女には思いがけない恋人の存在があった。「ローマでアモーレ」でもアレン監督と組んだジェシー・アイゼンバーグが主演を務め、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、テレビドラマ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリー、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のスティーブ・カレルらが共演。アレン監督が自らナレーションを務める。女優陣が着こなすシャネルなどの華やかな衣装にも注目。

2016年製作/96分/G/アメリカ
原題:Cafe Society
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

Photo by Sabrina Lantos (C) 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC

映画レビュー

5.0ロマンチックでノスタルジックな人生の諦念

2017年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バッハ。

4.0豪華で楽しく、アク少なめ。アレン入門にいいかも

AuVisさん
2017年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

日本の観客のほとんどが映像でしか知らない、1930年代のハリウッドとニューヨークを華やかに再現。古色の画面がノスタルジアを誘う。若手演技派を配し、甘く切なくやるせない恋愛模様を中心に描く。不倫やギャングの話もはさみつつ、軽やかに流して暗くしすぎない。屈折したインテリの登場人物による皮肉満載の長台詞もない。ウディ・アレン監督のテイストは確かにあるが、全体的にあっさりテイストの味付けを思わせる。

ウディ・アレン監督の作品を全然またはほとんど知らないという若い観客層にとって、アレン監督の入門作によさそう。逆に、往年のアレン好きにとっては物足りないか。

秘書役のクリステン・スチュワートは、1週後に公開の「パーソナル・ショッパー」でもセレブの裏方として働く役。フェミニン全開のヒロインよりも、派手な世界を裏で支える中性的ないしマニッシュなキャラクターに向いているのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

4.0不倫ロマンチックでした!切ない

マモさん
2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マモ

3.5哀愁ラブロマンス

Mさん
2020年5月1日
iPhoneアプリから投稿

ウッディアレンの映画は少し苦手だったが、クセが少なく観やすい。
1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台にしたラブロマンス。不倫やギャングのトラブルがあったりハラハラする後味を悪くせず2人の話に自然に戻れる。時代の雰囲気もあり哀愁のある映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M
すべての映画レビューを見る(全100件)