菊とギロチンのレビュー・感想・評価

メニュー

菊とギロチン

劇場公開日 2018年7月7日
29件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

猥雑さを失う社会に抵抗する映画

関東大震災直後の閉塞していく日本社会と、3.11後の日本を重ねて描いた瀬々監督の渾身の一作。全編に強烈なパワーが漲っていて時間を忘れて引きずり込まれる。

言うことだけは立派で観念的な男たちに、地に足のついた女相撲の力士たちが見事な対比。自由を求めて戦う女力士たちの切実さを目の当たりにして、目覚めてゆく男たち。しかし、時代はどんどん自由をうばってゆく。

社会が余裕を失っていく時は、いつの時代もにたようなことが起こるものなのだろう。猥雑なものを排除する権力の姿は、「正しい」ものしか許さない現代の空気にも共通するものがある。猥雑さを排除しそれいつかエスカレートし、日本は暴走した。今世界で何が起きているのか、本作にはたくさんのヒントがあるように思う。正しいものしか残そうとしない社会は、正しくないのだ。

時代と呼応した、奇跡みたいな映画がたまに生まれるが、本作はまさにそれ。脚本の相澤虎之助のアイデアだという、浜辺で踊るシーンは魂が震える。

ローチ
ローチさん / 2018年7月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

最終的にはバトルオブザセクシーズ

女相撲と聞いて思い出すのは倒れた人を助けようと女の人が土俵に上がったら下がってくださいと言われたニュース。
.
あの時女は土俵から追い出されたけど、この映画最後の最後に神聖な場所だからと男(警察)を追い出すシーンが印象的。
.
主演の女の子が警察の男達をなぎ倒してくシーンはスカッとしましたね(笑).

せつこん
せつこんさん / 2018年8月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

熱量感じた

女優さんたちが素晴らしい
すごい熱量
他のレビューにもあったけど、ほんと男って愚かとつくづく。
3時間長くて途中で寝ちゃったけど特に問題なし。脚本に相澤虎之助さんが参加しているのを知って納得。脚本素晴らしいとおもう。長いと批判してる人もいたけど、あの三時間、あの世界に没入するのは、私は全然よかった。2時間だと綺麗にまとまりすぎちゃってあの猥雑さは伝わらないかも。

大正時代、言葉もまだ未分化でコミュニケーションもろくに成立せず、平気で人が人を虐げていたのだと思い知らされるけど、現代だって夫のパワハラで仕事に行かせてもらえないとかそんなことも横行しているから人と人との力関係の本質は変わらず、そこにどれだけ対話や良心や理性が介入できるかだと思った。

Rubysparks
Rubysparksさん / 2018年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

女性を励ましてくれる映画です。

女相撲興行一座中心のロードムービーが浮かぶよう。

おぎゃん
おぎゃんさん / 2018年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

熱量の素晴らしい青春群像劇の傑作

アナキスト集団(というよりテロリスト集団の方が適切か)と女相撲とを結びつけた発想が凄い。実際には全く関わりなかったそうなのだが、こんな繋がりが史実でもあったかも、そう思わせるリアリティが素晴らしい。

関東大震災の混乱に乗じて朝鮮人や左翼活動家が虐殺されつつも微罪に付された大正時代に比べ、SNSを含めたメディアが力を持ちペンは剣より強しを地で行く現代はなんと平和な世の中になったことか。
一方で、自分とは相容れない異質物を暴力を以って断固排除する。そういう社会の空気はまさに現代と同じ。結局、暴力の種類が拳や拳銃による肉体的な暴力からペンやメディアによる精神的な暴力に変わった、それだけなのだ。

3時間を超える大作ながらもその長さを感じさせない熱量が圧巻だ。纏まりは無いがだからこそ余韻が残る、それこそがリアリティを追求した群像劇の真骨頂だと思う。
時代にドンピシャでマッチした、数年に一度の傑作に出会えた。

あいわた
あいわたさん / 2018年8月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

情熱的!!

フェミニズムとアナーキズムが絡み合うなんて実に複雑で、見終わった後、なんて形容していいのか分からない感情で劇場を後にしました。色々なエピソードが組んず解れつ、絡み合っては、またほどけ、本当に暑苦しいくらい、情熱的で凄まじい作品でした。

ただ私はどちらかというと、フェミニズムを応援したいので、大正時代に生きる女性たちの、自分らしく自由に生きたいと思えば思うほど、男性優位の権力や力に絡め取られて底辺に押し戻されるもどかしさに共感し、心の底から悔しくて「負けないで!」と思わされました。だからヒロインの花菊が「おら、強くなりてぇ!」と何度も何度も立ち上がっていく姿は、印象強くて良かったでした。

エミさん
エミさんさん / 2018年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まあまあの映画

3時間越しの力作であったが、やや冗長であり、時代設定の割にはあまり緊張感も無く、正直あまり面白いストーリーでも無かった。各登場人物にキャラクター付けはしてあるが、思いの外、印象に残らない。女相撲を描いたという点では、面白い作品であったかも知れない。

*とにかく、映画初っ端からセリフが聞き取りづらい!しかも、大正〜昭和初期の言葉であるし、また方言や韓国語訛りの日本語も出て来る。オフィシャルHPに人物相関図などが出ているので、ストーリーを追うのが不安な方は、目を通しておいても良いかも知れない。

stoneage
stoneageさん / 2018年7月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

画きたい事が多かったのでしょうね

出来事が簡略して押し込まれてる感じがして長いと思ったら3時間ものでした(^∀^;)

asgy213
asgy213さん / 2018年7月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

どうしても女目線だけど〜〜

町山智浩氏がラジオ番組で、さらに
映画メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」で
かなり強めに押していたので、
ちょっと興味を持って観にいきました。

う〜〜ん、
今の時代や体制への批判や警告を含んだ
中身の濃い映画であり、今だけでは無く、
過去に同じような時代があって
その時の人々が長いものに巻かれてしまったがために
戦争が起きてしまった!と言うか
戦争に突っ込んでしまったと言うか〜

社会が個人の自由を奪う行為がエスカレートすると
本当に間違った方向に動いてしまう恐ろしさ〜〜

ゾッとするわ!!

で、月に8本ほど映画館へ通う中途半端な映画好き的には

私はフェニミニスト的思想が強い方なので
結局どうしても女目線になるのだけど〜〜

男って、ほんと下らね〜〜!!
男って、ほんと出来損ないだわ〜〜!!

ここで言う「男」とはギロチン社の若者たちだけでなく、
女相撲の女たちに交言いよる
今風に言うとアイドルのストーカーだったり
別れた夫だったり
それから、元軍人や警官や役人や
とにかく、自分たちだけで世界を動かしてる気になってる
アホなやつら全部です!!

と、つくづくここで福岡伸一氏の著書
「できそこないの男たち」を思い出してしまう。(笑)

その反面、女相撲の一座の面々のカッコ良さったら!!
どうしてもそこに行くのよ、私的には(笑)

個人の自由には、
もちろん女性の自由が含まれていて
女性が自由に生きていけない社会は
女性だけの問題で無く
やがて全ての人々が自由に生きられない社会になって行く。

怖い話ですよ!!

いつまでも有ると思うな男の優位と自由な世界!!

映画館で観ないとなかなか没頭出来ない作品だと思うので
頑張って観て欲しい。

@もう一度観るなら?
「後で誰かと濃い〜映画談義をするためなら、もう一度観ても良い」

星のナターシャ
星のナターシャさん / 2018年7月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

木竜麻生、韓英恵、嘉門洋子他女相撲一座が光る

東出昌大が女郎と騎乗位で激しくやる姿に加え梅毒性膀胱炎で悶え苦しむ姿を披露するとは意外。
こんなに悲しい「天皇陛下万歳!」を聞かさせると評価し辛い。
自主製作映画とは思えない大正時代後期を感じるロケーション(滋賀県と舞鶴だとか)に衣装、暗くてもちゃんと映ってるカメラといい特別料金興行でも納得いく出来。これは長くても1本で観るべきだと感じた。
所詮アナーキストだな、と思う男の情けなさに比べ虐げられても挫けない女の強さが際立つ。女相撲も予想以上に画にな
ってる。見知らぬ主演女優の頑張りと女優のイメージがなかった嘉門洋子の貫禄が出色。
在郷軍人が話すシベリアの話は、日露戦争ではなくその後の第一次世界大戦後の「シベリア出兵」の話。日本史をちゃんと理解していない上に虎ノ門事件の事も知らなかったのが恥ずかしい。

e
eさん / 2018年7月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

女相撲とアナーキストの自由を求める出会い

えらい感動した

大正時代。
どうにもならず、がんじがらめになっている若者たちが自由を求めてもがき苦しんでいる姿がとても心に刺さった

その頃、日本には語る自由が制限され、女性たちは男性たちの所有物だった

その中で、ギロチン社は国民の自由と平等を求めて戦い、行き場をなくした女性たちは女相撲に集まってきた

最近の「相撲」といえば「国技」という重圧に押しつぶされ、力士たちの不祥事が続き、「女は神聖な土俵に上がってはいけない問題」が語られる

特に相撲に興味がない私からすれば、力士にとっても、その周りで働いている女性たちにとっても「相撲」とは、とても窮屈なものに見える

この映画は、その、とても窮屈なイメージの相撲に対して、まるでケンカでも売るかのように女相撲を登場させる
その描き方は「女が相撲をとって何が悪い」とでも言いたげだ

しかし、これは架空の話ではなく「女相撲」は現実に存在していたのだ

さらに、そこへ自由で平等な社会の実現のために戦っていたギロチン社を登場させる

そうすることで、一見、何の関係もないかのような女相撲とギロチン社の間に「自由のために戦っていた」という共通点があることがわかる

しかも、その二つの団体が、まるで運命に導かれたかのように自然に出会うのが良い

そして、彼らが出会い、ありのままの若者らしく楽しそうに踊る姿を見て
「本当に自由で平等で幸せな社会とは、一体どこにあるのか」と思う

土俵に上がれば「神の怒りをかう」と言われ
朝鮮人だからという理由で殴られ
好きでもない男性との結婚を強要される

そんな社会が嫌になった中浜鐡は
「全ての人が自由で平等な社会を作る」
「100年後には、そんな時代になっている」
と言うけれど
100年経った今、時代は本当に変わっただろうか

未だに女性が土俵に上がれば苦情が殺到し
人種差別も性差別も無くなっていない

つまり、この映画は、大正時代の若者たちのもがき苦しむ姿を通して、
現代の社会に対する痛烈な批判を描いている作品だったのだ

中浜鐡の語る理想の世界は「ただの空想で現実味がない」と、映画の中では批判されていたけれど、
理想の世界を語れない世の中こそ、夢のないネガティブで悲惨な社会で、もう終わっている

大いなる夢を語ってこそ、その先に希望かあるのだ
いつの時代も、若者が大いなる夢を語る世界であって欲しいと思う

とえ
とえさん / 2018年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

嫉妬した

恵まれていないからこそ
生まれる、感情、絆、思考
ハンパなく熱く
今は何処を探しても無い
その熱さ、バカなの?ってほど
バカなの?って感じるのは
嫉妬なんだって
自分の感情を知った
悔しいけど嫉妬してます

koharunbox
koharunboxさん / 2018年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

不寛容の時代に生きる

 日本の戦後民主主義はポツダム宣言の土台の上に成り立っている。ポツダム宣言は、第二次世界大戦という悲惨な戦争を体験した世界の指導者が、もう戦争は嫌だ、国家ではなく個人の幸福を追求しなければならないという大前提のもとに造り上げられた。日本国憲法のもとになっていることは言うまでもない。日本国憲法は決して、どこかの小国の首相が言う「みっともない憲法」ではないのである。二度と戦争をしないために世界の英知が結集した、世界最高峰の憲法なのだ。

 この作品は、日本国憲法ができるより四半世紀前の話である。世界中が悲惨な戦争に向かって坂を滑り降りている真っ最中だ。国家の繁栄が個人の幸せだという牽強付会が大手を振って罷り通っていた時代である。天皇陛下万歳という価値観に誰もが疑問を抱きながら、そのパラダイムに逆らえない不自由な時代でもあった。
 そんな時代に異を唱えることがどれほど大変な勇気の要る行為であったことか、いまでは想像すら出来ない。しかし例えばネット右翼の族や、ワールドカップの試合で渋谷に集まる人々を見ると、この国はひとつの価値観を共有している風を装うことで盛り上がろうとする短絡的な人間が非常に多いことがわかる。国家主義者たちにとってはなんと御しやすい民衆であろうか。
 大正デモクラシーの頃の人々がどのようであったかは不明だが、この作品では権力に阿るのは在郷軍人会と下っ端の警察官で、その他の人々は必ずしも天皇陛下万歳のパラダイムに支配されてはいないように見える。実在の無政府主義者たちは、自由闊達な精神を維持していたのだ。彼らが逮捕され処刑されたことは、日本から自由な精神が失われて、国家主義の陥穽に嵌ってしまったことの象徴である。女相撲も同様に、女が土俵に上がるということで、タブーを真っ向から打ち破る自由の象徴のように描かれる。この二つの自由が映画の両輪となって、3時間の長丁場をぐいぐいと引っ張っていく。
 俺たちは、私たちは自由だ!と叫んでいるかのような作品で、当時と同じように国家主義の陥穽に転がり落ちつつある現代に警鐘を鳴らす。現代が将来、平成のファシズムと銘打たれる時代になるなら、平成デモクラシー映画群の作品のひとつとなるだろう。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2018年7月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アナーキー!

こんな時代だからつくった、アナーキーな映画。
瀬々敬久監督が言ったことにウソはなかった。
そもそも瀬々監督は若松監督と同じピンク映画を作っていた人だ。
ピンク映画自体、全共闘時代のアナーキーなものだった。

とにかく反体制!とにかく自由を!
男女差別、民族差別、そして民衆を襲っている閉塞感。
時代に風穴をあけるんだというギロチン社。
女性を家畜のように扱う男尊女卑的世界から
女だけで自立して生きていこうとする女相撲の一座。
わけのわからないエネルギー、満タンの映画と言えるだろう。

東出昌大の弾けぶりがいい。
この男、単なる男優から一歩はみ出ていると思った。

この映画、自分的には時間が長かった。
3組の男女関係や生き様を表現していたが、
せめて2組であったなら、もっと絞り込んでいたなら、
饒舌さは薄まり、締まったものになっていただろう。
ただ、そんなことはわかっていたのかもしれない。
瀬々監督はあえて僕らの頭をグチャグチャにして、
アナーキー状態にしたかったのかもわからないとも思った。

メイラー
メイラーさん / 2018年7月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

男から石で頭を割られた女の悔しさについて

まさに現代に撮られるべき作品。
3時間ある映画なので見せ場も多く、例えば、別荘の瓦屋根からビラを渡す東出くん(ボロ別荘を作った美術さん良い仕事すぎる!)、朝鮮人虐殺の語り、「天皇陛下万歳!」、親方の姪による「くっそ...」長回し、などなど...。
ある属性を背負った人が恥辱を追う。「くっそ…」と漏らすその横顔には、屈辱による悔しさと、負けてたまるかという悔しさがある。それをバネに出来れば良いが、朝鮮人虐殺や男による殺害にしろ、人は死んでしまってきた。そこに哀愁がある。けど、そんな哀愁はくそったれなんだよな。

もりめろん
もりめろんさん / 2018年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

自由と平等

興味深い映画でした。
面白いかっていうとちょっと違うけど、
迫力があった。
戦前の全体主義が覆い始めた日本の、
暴力的な理不尽の中で、
自由、平等を求めた人たちの、
めちゃくちゃだけど愛おしい姿が印象的。
彼らの未来に今の私たちが立っているんだなと思った。

東出さんはじめ、役者がよかったです。

ふう
ふうさん / 2018年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

めっちゃ面白かった

女相撲とアナーキスト。差別と貧困、暴力とセックス、権力と反抗、革命、革命と騒ぎながら何もしない詩人と童貞で頭でっかちなおぼっちゃま学生。色々盛り込んでいて、テンポがよく最後まで楽しめた。それにしても男はどうしてこうも女の気持ちが分からないのかなあ、昔も今も。

くによし
くによしさん / 2018年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ただの映画好き

個々の人物の描き方が雑に思えたけど、怒りと熱気がそれを上回った気がします。

ニシ
ニシさん / 2018年7月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

こういう映画も良いと思う

今の日本の作家が政治的主題を扱うと作品がダサくなるっていう宿命があんのね。この作品もその宿命にははまってんの。それでもキャスティングの妙があって、結構観られた。カメラが手撮りで揺れるから、途中ちょっと気持ち悪くなったりすんだけど。

木竜麻生と東出昌大の演技は、ちょっとあれなんだけど、それが若々しさや無骨さに見えてきて良かったな。

東出が意外にスクリーンに映える。この人の見た目は力あるんだな。

韓英恵はいいよね。そして山田真歩もやっぱり良かった。

監督の思いの強さがドーンと出てくる映画で、整理されてないのと、表現が拙いのとでこっ恥ずかしい感じがあるんだけど、そんな感じがこの作品なんだろうな。

Scott
Scottさん / 2018年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「今これを言わなくていつ言うのだ」という監督の声も聞こえてきた。

トンチンカンなレビューも書き込まれていますが、「隣にいる奴は敵じゃない!」という中濱の言葉に感動したので何も言いません。

ちゃんと声をあげる映画人は、ハリウッドだけじゃない、日本にもいたのだということも感じました。

Pocaris
Pocarisさん / 2018年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

29件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi