菊とギロチン : 関連ニュース

メニュー

菊とギロチン

劇場公開日 2018年7月7日

関連ニュース:菊とギロチン

「菊とギロチン」評伝小説著者、女力士と伊藤野枝の類似点挙げ「その強さを文章で描きたかった」(2018年7月26日)

映画「菊とギロチン」の評伝小説「菊とギロチン―やるならいましかねえ、いつだっていましかねえ」刊行記念トークイベントが7月25日都内であり、瀬々敬久監督と脚本家の相澤虎之助、アナキズム研究者で著者の栗原康、評論家の太田昌国、俳優の川瀬陽太が出席した。瀬々監督が30年に渡り構想を温め続け、そして「... 続きを読む

瀬々敬久監督の“叫び”に通じる若松孝二監督の“怒鳴り声” 小木戸利光が述懐(2018年7月17日)

瀬々敬久監督最新作「菊とギロチン」(公開中)の脚本を原作とした書籍「菊とギロチン やるならいましかねぇ、いつだっていましかねぇ」(タバブックス刊)の発売記念トークイベントが7月15日、東京の下北沢B&Bで行われ、瀬々監督をはじめ、著者の栗原康(政治学者)、俳優の小木戸利光が登壇。客席にいた前原... 続きを読む

瀬々敬久監督×木竜麻生、“今”を揺さぶる30年間の夢想の結実「菊とギロチン」(2018年7月8日)

30年前の夢想が形を成し、“今”の世界を揺さぶる野心作が世に放たれた――瀬々敬久監督が、巨編「ヘヴンズ ストーリー」以来8年ぶりに自身の企画によるオリジナル映画としてメガホンをとった「菊とギロチン」。長大な時間のなか、折々に起こった出来事を反映し続けた物語は、現在24歳の新人・木竜麻生の参戦を... 続きを読む

東出昌大&寛一郎、「菊とギロチン」初日祝い“四股ふんじゃった!”(2018年7月7日)

瀬々敬久監督の最新作「菊とギロチン」が7月7日、東京・テアトル新宿で封切られた。主演に抜てきされた木竜麻生をはじめ東出昌大、寛一郎らキャスト29人が集結。同館史上最多となる30人での初日舞台挨拶に、30年来の構想を結実させた瀬々監督は「皆さんの支え、力があったからこそでき上がった」と喜びをかみ... 続きを読む

死んだ長男はアルゼンチンで勤務中? 木竜麻生「鈴木家の嘘」30秒予告完成(2018年7月6日)

「作家主義」「俳優発掘」を掲げ、沖田修一監督作「滝を見にいく」、橋口亮輔監督作「恋人たち」などを世に放ってきた松竹ブロードキャスティングオリジナル映画製作プロジェクトの第6弾「鈴木家の嘘」のティザービジュアルと30秒予告が、このほどお披露目された。引きこもりの長男の突然の死に直面した鈴木家の混... 続きを読む

興収28億円「8年越しの花嫁」ヒットの理由は“普通の人々による実話” 瀬々監督が語る(2018年7月3日)

佐藤健と土屋太鳳が共演し、興行収入28億円の大ヒットを記録した「8年越しの花嫁 奇跡の実話」のDVD&ブルーレイが、7月4日に発売される。“成功”と言えるひとつの基準である興収10億円を超え、これほどのヒットを叩き出した要因は何だったのか。メガホンをとった瀬々敬久監督がインタビューに応じ、“普... 続きを読む

瀬々敬久監督、作品の源は事象への「嫌な感じ」 寛一郎は芝居初挑戦の苦闘明かす(2018年6月30日)

最新作「菊とギロチン」の公開が控える瀬々敬久監督と出演した寛一郎が6月30日、東京・早稲田大学で行われた講義「マスターズ・オブ・シネマ」にゲストとして登壇した。多彩な映像制作者たちを招き、映画の見方、映画のつくり方を学ぶ「マスターズ・オブ・シネマ」(講師:谷昌親氏)。本講義の前には、瀬々監督の... 続きを読む

東出昌大、「菊とギロチン」に絶対の自信「人生にとっての3時間なら短い」(2018年6月27日)

瀬々敬久監督が、30年来の構想を実現させた最新作「菊とギロチン」のヒット祈願が6月27日、東京・両国の回向院で行われた。木竜麻生、東出昌大、寛一郎ら主要キャストをはじめ女相撲の一座「玉岩興行」、アナキストグループ「ギロチン社」の面々が顔をそろえた。関東大震災後の大正末期に、軍部が権力を強める中... 続きを読む

木竜麻生&東出昌大“嘘なき芝居”を映した「菊とギロチン」支援者に感謝!(2018年6月19日)

瀬々敬久監督が8年ぶりに自身の企画によるオリジナル映画としてメガホンをとった「菊とギロチン」の特別試写会が6月18日、東京・渋谷のユーロライブで行われた。瀬々監督は、木竜麻生、東出昌大、渋川清彦、嘉門洋子、大西礼芳、仁科あい、大西信満、川瀬陽太らとともに、上映後の舞台挨拶に立った。舞台は大正末... 続きを読む

罪を背負った者同士の友情…生田斗真×瑛太「友罪」新場面写真&特別映像披露(2018年4月11日)

生田斗真と瑛太が主演し、薬丸岳氏のミステリー小説を映画化する「友罪」の新場面写真と特別映像が、このほどお披露目された。少年犯罪など重厚なテーマを扱う薬丸氏が、かつて世間を震撼させた実際の少年犯に着想を得て執筆した小説を、「64 ロクヨン」「菊とギロチン」(7月7日公開)の瀬々敬久監督が映画化。... 続きを読む

19件中、1~10件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi