劇場公開日 2018年7月7日

  • 予告編を見る

「異端児的かつ対称的な男女」菊とギロチン 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

3.555
24%
39%
27%
4%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0異端児的かつ対称的な男女

2020年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

女相撲の一座「玉岩興行」とアナキスト・グループ「ギロチン社」による大正末期の物語。3時間に及ぶ長時間作品である。

長時間である理由も納得。内容をぶつ切りにせず、とことん映像化しようと言う試み。悪くないです。

登場する男性達は思想や革命心ある若者達、訳あり元軍人自警団みたいな集団もいる。何だか思想や理想が空回りし頼り甲斐が無い。

対象的に頼り甲斐がありそうな相撲興行の女達。
訳ありの女性達が集い、たまにはお互い争いもする。
この女達の強さは心強い。

時代背景を異端児的視点で描き、また対称的な男女の生き辛さを描いた作品。
シナリオ勝ちの様な作品でした。
特に絶賛する訳でも無く、反発する訳でも無く。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
巫女雷男
「菊とギロチン」のレビューを書く 「菊とギロチン」のレビュー一覧へ(全55件)
「菊とギロチン」の作品トップへ