ソーセージ・パーティー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ソーセージ・パーティー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スーパーマーケットに陳列された食材たちが人間たちに反逆する様を描いた、R指定の大人向けコメディアニメ。「スモーキング・ハイ」「ネイバーズ」のセス・ローゲンが製作や脚本、声の出演を手がけた。郊外のスーパーマーケットで、お客に選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されている食材たち。ソーセージのフランクは、恋人であるパンのブレンダと結ばれ、ホットドッグになる運命が待っていると信じていた。2人揃ってカートに入れられ、ついに夢が叶う時が来たと喜ぶ2人だったが、カートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。絶望する2人だったが、食材としていずれ人間たちに食べられてしまう運命にあったことを知り、アクシデントのおかげで命拾いしていたことに気付いたフランクとブレンダ。やがて食材たちは、人間への反撃を始める。監督は「マダガスカル3」のコンラッド・バーノン、「劇場版きかんしゃトーマス」シリーズのグレッグ・ティアナン。ローゲンのほか、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒル、エドワード・ノートンらが声の出演を担当。

2016年製作/89分/R15+/アメリカ
原題:Sausage Party
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26
  • 画像27

(C)2016 CTMG, Inc. All Rights Reserved. **ALL IMAGES ARE PROPERTY OF SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC. FOR PROMOTIONAL USE ONLY. SALE, DUPLICATION OR TRANSFER OF THIS MATERIAL IS STRICTLY PROHIBITED.

映画レビュー

4.0これは下ネタ版「ズートピア」か?

2016年12月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

大傑作『スーパーバッド/童貞ウォーズ』のセス・ローゲンが仕掛けた下ネタ満載のR指定アニメ。内容は心底バカバカしいのだけれど、画も話もクオリティはしっかりしているし、作り手がポリティカリーコレクトを意識した上であえて茶化していたりするので、決してバカなだけの映画ではない。そもそもバカがふざけてるだけで面白い映画などできるまい。

とりわけ印象に残ったのは、正しいことを伝えようとしても、大衆は自分たちがバカにされている、上から目線だと感じたら耳を貸さないくだりで、コミカルなアニメーション(本作は確実にディズニーアニメのパロディを意図している)の枠内で偏見やヘイトが渦巻く現代の大衆心理に斬り込んでいるのは『ズートピア』にも通じている。

つまりは徹底的にバカをやるには、ちゃんと正邪の区別がつくだけの知性と客観性が必要だという証明でもあり、ふざけていると同時にとても真っ当な作品だと思っている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
バッハ。

4.0まんまと

2019年7月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Keishi Yamada

2.5狂気のしょうもなさと振り切ったエログロ

オレさん
2019年5月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

スーパーの販売品として外の世界を夢見るソーセージのフランクと恋人のパンのブレンダやその仲間たちが外の世界で待ち受けている現実を知りスーパー内で逃げ惑う姿を描いたエログロアニメコメディ。

食品側から見た人間たちの世界と食品たちのとにかく生き残って繋がりたいという欲望を描いたぶっ飛んだ作品笑。
調理シーンをはじめとした食材たちが生きたまま切られる削られる茹でられるなどのグロ描写や冒頭から繰り返される下ネタ発言の連発や世紀の迷シーンとなるであろうラストの大乱行などのエロ描写など常軌を逸した映像表現に笑いが止まらないこと必死笑。

才人たちが大いに真面目にフザけた作品と感じた。
悪役のビデがパワーアップして行く過程が面白かった笑。
あとラストのネタバレ笑った。
ありえそうにない実写化に対する伏線に果たして意味はあるのか笑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレ

4.0食品ロスの問題ともとれる

takuさん
2019年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ラストシーンが衝撃的ですごく面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku
すべての映画レビューを見る(全66件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る