グリーンルーム

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
グリーンルーム
8%
42%
38%
10%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2016年6月に自動車事故で亡くなったアントン・イェルチンの主演作で、「ブルー・リベンジ」で注目された新鋭ジェレミー・ソルニエ監督によるバイオレンススリラー。パットがボーカルを務めるバンドは、車のガソリン代にも事欠く、売れないパンクバンド。彼らが極貧ツアーの中、ようやく出演することができたライブハウスは、なんとネオナチの根城だった。パットとバンドメンバーは、そこで殺人の現場を目撃してしまい、ネオナチ軍団から命を狙われる事態となってしまう。圧倒的に不利な状況で、グリーンルーム(英語で「楽屋」の意味)に閉じこもったパットたちは、アイデアと反骨精神を武器に極悪非道なネオナチ軍団に立ち向かう。主人公パット役をイェルチンが演じるほか、「マイ・ファニー・レディ」のイモージェン・プーツ、「新スター・トレック」のピカード艦長や「X-MEN」のプロフェッサーX役でおなじみのパトリック・スチュワートが脇を固める。

2015年製作/95分/PG12/アメリカ
原題:Green Room
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 Green Room Productions, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5純度の高いスリラー。

2017年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

『ブルー・リベンジ』の監督の新作で、イェルチン最期の主演作。作品単体にとって過度の期待は迷惑だろうが、さすがに期待値を上げて観た。

結論として言えるのは、『ブルー・リベンジ』にあったジャンル物を新たな視点で描き、人間の深層を問い直す哲学性や、そこはかとないユーモアはさほど感じられない。じゃあどんな映画かというと、純粋に危機そのものを描いたバイオレンススリラーである。

「なんでこんなことに?」とか「一体どんな人間たちがこんなことを?」とか、そういう疑問は意味をなさない。とにかく狂った危険の中に放り込まれたらどうするよ?という即物的な恐怖がエキサイティングに描かれる。

『ブルー・リベンジ』とは真逆に、『グリーン・ルーム』はジャンル映画をより純化させる試みなのではないか。目指しているのは深みではなく、ドーパミンを分泌させるショックと興奮。好き嫌いが別れること間違いなしのドラッギーな映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バッハ。

4.0「ブルー・リベンジ」監督+故イェルチン&イモプー共演で見逃せない

AuVisさん
2017年2月13日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

興奮

ジェレミー・ソルニエ監督と言えば、世捨て人のようなサエない中年男の悲愴な復讐劇にドライなユーモアを漂わせて描いた「ブルー・リベンジ」。悲しくて痛々しいのについ笑ってしまう、独特の感情の揺さぶられ方が新鮮だった。タイトルの通り、映像の基調はブルー。

そして今作。激痛が伝わりそうなバイオレンス描写、場違いな笑い、何とも言えないやるせなさは健在で、やはり映像は題名と同じグリーン基調。作風をしっかり保ちつつ、娯楽性やポップさを加味した印象だ。

今は亡きアントン・イェルチンがバンドでギターを弾きながら歌う姿を見ると、本当に惜しいと思う。「君が生きた証」での役と重なる点も感慨深い。

さらに、イェルチンとは「フライトナイト 恐怖の夜」でも共演したイモージェン・プーツ!ネオナチ軍団と渡り合うタフな美女、華があって最高。見所がいっぱい詰まった快作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

1.0パンク!

2019年7月10日
iPhoneアプリから投稿

設定はバンドマンが閉じ込められる、ネオナチなどワクワクさせられるような設定なのですがいざ見てみると余計な要素が多くて集中してみられない、興味の持続ができない、もっとシンプルに突然閉じ込められてイかれたやつらが襲ってくるみたいな設定でよかったのでは?
ライブシーン、犬なんかは良かった
この監督はブルーリベンジのときも青い車や青が目立っていたり今回は緑が印象的な色合い、色合いは素敵なんだけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好

2.0あかん

2018年10月14日
iPhoneアプリから投稿

おもんない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る