古都

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
古都
23%
40%
26%
6%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

川端康成の同名小説を現代版として映画化し、松雪泰子、橋本愛、成海璃子共演で描いた人間ドラマ。原作では描かれなかった主人公の双子姉妹のその後にスポットを当て、成長した双子姉妹とそれぞれの娘たちの人生を、京都とパリという2つの古都を舞台に描く。京都室町に先祖代々続く佐田呉服店の女主人・千重子は、20年前に店を継いで以来ずっと変わらぬ生活を送り続けてきた。千重子の娘・舞は、大学で就職活動に励む友人たちの中で、店を継ぐべきか迷っている。一方、千重子の生き別れた双子の妹・苗子は、京都のはずれにある北山杉の里で林業を営んでいるが経営難に悩まされていた。ある日苗子は、美術を学ぶためフランスに留学中の娘・結衣に会うためパリを訪れる。同じ頃、舞も日本文化を披露するイベントに参加するためパリへ行くことになり、2組の母娘の人生が初めて交差する。松雪が千重子と苗子の双子姉妹役を1人2役で演じ、橋本が舞役、成海が結衣役をそれぞれ演じる。ハリウッドで8年間にわたって映画製作を学び、その後もアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品の現場などに参加した経験を持つ新鋭Yuki Saitoが初メガホンをとった。

2016年製作/117分/G/日本
配給:DLE

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

映画レビュー

3.5単なる懐古趣味ではない、古典を現代に息づかせる試み

AuVisさん
2016年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

嵯峨野の竹林や桂川にかかる渡月橋など、いかにも京都らしい景色の四季折々の美が映され、ちょっとした観光気分も味わえる。

原作は川端康成の昭和の小説だが、登場人物は平成の現代に生きる人々に置き換えられている。そこで作り手は、現在の京都の都市景観や、呉服店など伝統的な産業が衰退するエピソードを追加して、半世紀以上を経て日本人が変わった部分、変わらない部分を描き出そうと試みているようだ。

生き別れた双子の姉妹を二役で演じた松雪泰子、それぞれの娘に扮した橋本愛と成海璃子のキャスティングもいい。双子姉妹が偶然再会する原作のエピソードを反復し、“もうひとつの古都”パリで橋本愛と成海璃子も偶然出会うのだが、その先のドラマをもう少し見たかった。

ともあれ、美しい日本の風景と、日本人の心の機微が丁寧に描かれ、しみじみと味わい深い一本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

1.0つまらなすぎてびっくりした

YSさん
2018年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

こんなに何が言いたいかわからない、眠くなる作品は初めて。
なんで点数が高いのか謎、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YS

4.0とても良かった。設定がよく、とっても映画らしい映画だと思った。 女...

yonda?さん
2018年6月26日
PCから投稿

とても良かった。設定がよく、とっても映画らしい映画だと思った。
女優陣がみな素晴らしかった。エンディング曲も秀逸。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.530代でこれだけの映画が撮れるのはすごいことなんだろうと思う

2018年2月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

岩下志麻と山口百恵の主演で、1963年と1980年の2度にわたって映画化されていることも知らなければ原作も読んだことなかったので、そちらの方が気になる。
この映画は海外の人に向けて作られている様に感じた。
地元京都の人がみたらどう感じるのか知りたい。
伊原剛志はおいしい役どころ
松雪泰子より橋本愛の方が光ってた。
パリの着物は斬新な柄に見えたがそれでも映えてたのは確か。
首のラインが美しい。
新山詩織の歌う中島みゆきの「糸」のエンディング曲は良かった。
西陣織にも北山杉にもあまり触れられていないのは、それでいいのか?
京都府と京都市の後援を得て、オールロケとか。小道具や衣装も本物が使われているらしい。
パリでのシーンもオールロケとか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全31件)