劇場公開日 2016年12月3日

  • 予告編を見る

古都のレビュー・感想・評価

3.631
23%
41%
26%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全31件中、1~20件目を表示

3.5単なる懐古趣味ではない、古典を現代に息づかせる試み

AuVisさん
2016年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

嵯峨野の竹林や桂川にかかる渡月橋など、いかにも京都らしい景色の四季折々の美が映され、ちょっとした観光気分も味わえる。

原作は川端康成の昭和の小説だが、登場人物は平成の現代に生きる人々に置き換えられている。そこで作り手は、現在の京都の都市景観や、呉服店など伝統的な産業が衰退するエピソードを追加して、半世紀以上を経て日本人が変わった部分、変わらない部分を描き出そうと試みているようだ。

生き別れた双子の姉妹を二役で演じた松雪泰子、それぞれの娘に扮した橋本愛と成海璃子のキャスティングもいい。双子姉妹が偶然再会する原作のエピソードを反復し、“もうひとつの古都”パリで橋本愛と成海璃子も偶然出会うのだが、その先のドラマをもう少し見たかった。

ともあれ、美しい日本の風景と、日本人の心の機微が丁寧に描かれ、しみじみと味わい深い一本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

1.0つまらなすぎてびっくりした

YSさん
2018年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

こんなに何が言いたいかわからない、眠くなる作品は初めて。
なんで点数が高いのか謎、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YS

4.0とても良かった。設定がよく、とっても映画らしい映画だと思った。 女...

yonda?さん
2018年6月26日
PCから投稿

とても良かった。設定がよく、とっても映画らしい映画だと思った。
女優陣がみな素晴らしかった。エンディング曲も秀逸。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.530代でこれだけの映画が撮れるのはすごいことなんだろうと思う

2018年2月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

岩下志麻と山口百恵の主演で、1963年と1980年の2度にわたって映画化されていることも知らなければ原作も読んだことなかったので、そちらの方が気になる。
この映画は海外の人に向けて作られている様に感じた。
地元京都の人がみたらどう感じるのか知りたい。
伊原剛志はおいしい役どころ
松雪泰子より橋本愛の方が光ってた。
パリの着物は斬新な柄に見えたがそれでも映えてたのは確か。
首のラインが美しい。
新山詩織の歌う中島みゆきの「糸」のエンディング曲は良かった。
西陣織にも北山杉にもあまり触れられていないのは、それでいいのか?
京都府と京都市の後援を得て、オールロケとか。小道具や衣装も本物が使われているらしい。
パリでのシーンもオールロケとか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.0美しさ。

みなさん
2017年11月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

風景の美しさ。登場人物達の美しさ。所作の美しさ。日本の凜とした姿と少しの切なさを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

3.0百恵版の面影も

2017年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

御旅所のシーンや、お布団のシーンで山口百恵版を思い出しました。
それだけでも十分映画ファンには楽しめます。
印象を選ぶキーワードになぜ「美しい」がないのだろう。
この映画の最大の印象は「美しい」です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ごいんきょ

5.0まだまだ大丈夫

2017年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

川端康成の原作を現代に置き換え、松雪泰子が双子を演じ、若い頃を蒼れいなと蒼あんなが演じる。
材木商の姉の娘を成海璃子が演じ、天才画家としてパリで勉強中という役どころ。
呉服商の妹の娘は橋本愛で就活中で人生を考え始める。
秋の京都が美しく、エンディングも申し分なし。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

停滞感。

Jyotiさん
2017年8月11日
スマートフォンから投稿

最初に小説を読んでいないと、理解し辛い作品かもしれません。主人公の日本人にありがちな自分が我慢すれば・・・覚ってくれたら・・・とギリギリまで我慢し爆発、という感覚が重すぎて暗い印象。
唯一目を奪われたのは橋本愛さんの日舞。本当に美しい。そのシーンは流れが感じられた。
それ以外は残念。全てが重く停滞した印象。京都のイメージビデオとしてはOK。自分には合わない作品でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Jyoti

2.0美だけで心は伝わるか

近大さん
2017年6月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

萌える

川端康成の名作文学を現代版として映画化。双子姉妹のその後。
元々の「古都」に関しては、その昔中村登監督版もしくは市川崑監督版を見たぐらいで、正直ほとんど覚えておらず。
なので、これはこれで、久々の文芸の香り漂う作品として、ちょっと期待していたのだが…

一人二役の松雪泰子、その若き頃の蒼姉妹、それぞれの娘役の橋本愛、成海璃子ら女優陣。
映像、音楽、着物や舞踊などの日本文化、そして古都・京都…。
それらの美しさは特筆すべきもの。
だけど、話の方は…。

母となった双子姉妹。自分の人生に行き詰まりを感じるそれぞれの娘。
日本とパリを舞台に、2組の母と娘の人生が交錯するのだが…
どうも話に面白味を感じられず。

本当に日本の美を見るだけの映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.0古都から新都へ。

ハチコさん
2017年1月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

3.5三人の女優の演技がいい❗ 京都が綺麗に映されていると思います。

2017年1月21日
Androidアプリから投稿

三人の女優の演技がいい❗
京都が綺麗に映されていると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おんせんくん

4.0盛り過ぎ

NoBodyさん
2016年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

京都だらけです。ただ秋の紅葉をCGで色付けすぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NoBody

1.0京都のPV

2016年12月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

寝られる

萌える

お金持ちオーラをぷんぷん感じ
役者も豪華

物語としての中身がほとんどない
京都のPVになってました。

京都のPVとしては素晴らしい出来なので、
観光客がわんさかくるかもです。

贅沢な画でした

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
CinemaExpress

5.0心に沁みました

2016年12月16日
スマートフォンから投稿

泣ける

私は原作や前作の「古都」を知らなかったのですが、ストーリーの中で描かれた描写は、どれも失いたくない、受け継いでいきたい失われつつある日本の風景、そして「日常」がひとつひとつ丁寧に描かれていて、静かに感動しました。そしてその大切さに気づくことができる、とてもとても奥の深い本当に素晴らしい映画でした。エンディングに流れる曲、中島みゆきさんの「糸」新山詩織さんの歌声がとても良かったです。余韻となって心に染み、自然と涙が流れてきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
カンパーニュ

4.5うつくしい

とんさん
2016年12月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

静かでおだやかな映画だった。なんとも心地よい。この手の映画が苦手な人はつまらないと寝てしまうのかもしれない。

一人二役の松雪さんが、本当に2人の人間に思えるほど演じ分けていてさすがの一言に尽きる。
娘役の2人もよかった。棒読みとの意見があったが、よく見られる感情を入れすぎて逆に嘘くさい演技ではなく、穏やかな中にも宿る心情が現れていて映画の空気感を損ねていない。

ラストに流れる「糸」を聴きながら映画を思い返したらなんとも感慨深い気分になり、観てよかったと思った。
日本文化PR的な要素が多少くどいとも思わなくもないが、全体的に大変素晴らしい作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とん

4.0のこしたいもの。

2016年12月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

映画古都はすっかり世界的に有名な観光地になった京都の見たい景色、覗いて見たい生活や風習、継承される伝統文化、時代の変化と共にそれらを残して行く事の難しさが眈々と美しさの中に描かれていきます。
日本人だけでなく世界中の京都好きの人に京都の今を見てもらえると良いのにと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bonちゃん

3.5今の、京都。

栗太郎さん
2016年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原作はあらすじを知っている程度。この映画は、原作の続編のスタンスだという。それが良かった。原作をなぞれば時代にあわないもの(ある意味、時代劇)になっていた。この映画は、現代の京都(風景も伝統工芸も京都で生きてる人々も)を上手く映し出していたように思えた。
今の日本は、ブラックギルやセイタカアワダチソウが我が物顔の自然界のように、伝統も美意識も食文化も外来のものが幅を利かせている。それを悪だとは言い切れないが、少なくとも、忘れてはいけないものを忘れようとしていることに、気付いていない。
そのことをこの映画は、監督の持つ「外にいた人間の眼」で教えてくれようとしている。

婿役の井原剛志が「ほんまもんに囲まれて、眼だけは肥えている」と京都人を評する。まさに、門前の小僧。だからこそ、そこで育ったものは、意志があるなら家業を継ぐ資格があるのだと思う。
松雪の見せる憂い、橋本の見せる葛藤、成海の見せる挫折、じつにいい。それらを乗り越えることでたどり着けるなにかに、橋本と成海の二人が行き着き、運命のごとくようやく出会った、そんなラストが良かった。
てことは、続編があるのか?

(ただし、背景に移りこんだ大型クレーンは、人物かお墓で隠せなかったのか?という不満はあった)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
栗太郎

2.5松雪泰子のPV

2016年12月14日
iPhoneアプリから投稿

原作である川端康成の古都は読んだ事があります。それだけに、映画の出来という点に関しては、せいぜい55点くらいしか出せません。
せっかくだから良い点から言うと、松雪泰子さんが好きな方でしたら、最高の作品だと思います。大変美しいです。
次に気になる点としては、①カメラに関して、黄金比率が成ってない。アングル内に柱や襖など余計な物が写っている事が多い。これは監督の拘り? にしても、とても見にくいです。それと被写体は女性なので、美しく撮れる角度が当然あるのだけど、これ以外のダメな角度が目立った。京都を撮るに当たっても、美の観点が解らない人間が撮るであろう御法度ショットが盛り沢山でした。

②役者。 松雪泰子さん以外、本当に演技に気持ちが入っていないなぁ〜とガッカリしました。さらに若手女優さんのボー読みと演技の小ささ。脇役やチョイ役で出てたベテランさんも、ああ…適当に流してるなぁ〜と、あからさまに分かってしまう演技でしたね。
※ これ事実なんですけど、上映中に寝てしまう方が何人も居ましたね。

③全ての責任は、監督にある。
これは松雪泰子さんのPVですか? ならいいですが。
役者さん達は、ダレてて、これは監督が役者を使えてない証拠。古都の原作者である川端康成に失礼な内容。古都である京都に失礼なほど、日本の美の理解が無いこと。
もっともっと努力が必要ですね。以上。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バスキア

4.0伝統は人の心のなかに

2016年12月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 文学作品として完成された長編小説の続きを映画にした、意欲的な作品である。

 各シーンには京都の美しい風景が沢山出てくるが、実在するのは風景だけではなく、人も実在の人をうまく登場させている。舞が通う大学で講義しているのは同志社大学の前学長の村田晃嗣だし、舞に書を教えるのは書道家の小林芙蓉さんだ。村田教授はともかく、小林芙蓉さんという本物を登場させることで、書の説得力が格段に違ってくる。パリの展示会で生け花を活ける女性も、迷い続けた舞が座禅をしたときの僧侶も、皆その道のオーソリティの方々である。よくぞ出演されたと拍手を送りたい。

 原作の川端康成は美学の小説家である。同じく美学の小説家であった三島由紀夫とは歳の差を超えた親交があった。三島の美学が空間的なのに対し、川端の美学は時間的だ。街の歴史と人の歴史との邂逅を描く。それは茶の湯でいうところの、一期一会の美学だ。
映画にも茶室のシーンが出てくる。碗に抹茶を入れ、茶匙を戻し、湯を入れて茶筅で茶を点てる。主人は最初から最後まで一言も発しない。千利休による、余分なものを究極まで削った静かな作法の美学がある。

 京都はいろいろな顔を見せる街だ。かつては和歌と恋に明け暮れる貴族の街であり、その裏では芥川龍之介の「羅生門」に見るようなスラムでもあった。利休以後は文化の中心であり、茶の湯の美学は京都のいたるところ、そして京都人の心に綿々と受け継がれている。

 映画も茶の湯の美学に倣い、余分なものを削った引き算の美しさを意図しているように思える。川端の原作のその後の話を創作した訳だから、とかく説明が多くなりがちなところだが、どのシーンにも余分な台詞はほとんどない。そもそも台詞自体が少ない映画なのだ。説明的な台詞よりも、風景と自然の音と役者の表情と音楽で伝える。あたかも茶の湯のようだ。凛として潔い。

 生きていくのが苦しいのはどこでも同じだが、京都には伝統があり生業がある。流行りもあれば廃りもある。人生だけでなく、伝統も綱渡りのように歩んできた。数百年の老舗の敷地や建物に伝統があるのではない。京都という古い街に生きてきた人々の心のなかにこそ、伝統がある。

 女たちは伝統に支配され、あるいは反発し、儚い人生を生きて、娘に自由を託す。しかし娘もまた、伝統に押しつぶされそうになりながら、綱渡りのような危なっかしい人生を生きていく。それでも何が美しくて、何が大切なのか、女たちは皆知っている。それが京都という古都の伝統なのだ。この映画は川端の美学を真っ向から受けとめて、さらなる美しさを上手に描いている。姉妹都市であるパリでのシーンも、少ない台詞で女の人生をよく表現していた。稀にみる素晴らしい作品である。

 惜しむらくは、エンディング曲だ。エンドロールを眺めながら、映画の冒頭のシーンから最後のシーンまで、京都の歴史と伝統と女たちの人生を反芻しているのに、「糸」がかかった瞬間に安っぽくなってしまった。映画の価値を損なうほどではないが、千年以上の歴史をバックボーンにした映画に、たかだか数十年の個人の人生を歌った曲は相応しくない気がする。名曲「糸」は場所を選ばないが、この映画は京都を舞台としなければ成り立たない。そこを考えてほしい。中島みゆきは個人的にはとても好きな歌手ではあるが、この映画に限っては別の曲を選んでほしかった。
 そもそも「糸」は出逢いの曲だ。しかしこの作品は別れの映画である。同じ中島みゆきなら、「時代」のほうがまだ、この作品に相応しかっただろう。時代は巡って別れと出逢いを繰り返す。

 余談だが、「古都」という名前の日本酒がある。佐々木酒造の大吟醸だ。川端康成が自身の作品名を揮毫したことで知られている。なかなか手に入らないので飲んだことはないが、すっきりした辛口らしい。また京都に旅したときにでも飲んでみたいものである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
耶馬英彦

4.0うつくしい

Sky-blueさん
2016年12月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

人とのつながりを感じた。
俳優さん、京都、着物、ただただ美しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Sky-blue
「古都」の作品トップへ