名前

劇場公開日

  • 予告編を見る
名前

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家の道尾秀介原案、津田寛治と駒井蓮主演による人間ドラマ。中村正男は経営していた会社が倒産し、茨城の地にやってきた。周囲にさまざまな偽名を使い、なんとか体裁を保ちながら自堕落な暮らしを送っていた。ある日、正男を「お父さん」と呼ぶ女子高生・葉山笑子が突然現れる。正男は笑子のペースに振り回されながらも、親子のような生活に平穏な時間を見出していく。しかし、笑子が正男のことを生き別れた父親だと思っていることに気づき、自分が消してきた過去について考え始めるが……。正男役を津田が、笑子役を駒井が演じるほか、筒井真理子、勧修寺保都、松本穂香らが脇を固める。監督は「ねこにみかん」「狂い華」の戸田彬弘。

2018年製作/114分/G/日本
配給:アルゴ・ピクチャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2018 映画「名前」製作委員会

映画レビュー

5.0理屈抜きで

2019年8月28日
PCから投稿

感動する

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

5.0娘をなくした独身男と父をなくした娘の疑似親子としての交流を通して、...

ちゆうさん
2019年8月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

5.0良かった!

zinさん
2019年7月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

人間が持つ隠れた感情を、駒井さんのストレートな演技と、津田さんのベテランの演技で描かれてました。
所々の田舎のカメラアングルが、癒されます。
原作を読みたいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zin

5.0解る人にしか解らないそんな気持ち。

2019年7月4日
PCから投稿

泣ける

幸せ

萌える

私は共感する環境にあるから痛いほどに解る。
この映画が成立するのは多分ピンポイント。
解らない人が観たら、不思議な関係で理解し難いだろうし、女子高生とおじさんの交流だから想像する事も多いだろうし。
でも、どちらかの人生がオーバーラップしている人ならごく自然な気持ちなんです。
だから、こんな映画に恵まれた事は、私には本当に有難い事です。
これが、道尾秀介の原案だなんて意外でした。
人間の暗闇を描く彼がこんな月並みな良くあるそれでいて有り得ないストーリーを考えつくなんて。
自然な展開に観えましたが心に焼きつく映画でした。
おじさん役の彼を見たのは、はるか昔、仮面ライダー龍騎のライダーの上司の編集長、20年前の事です。
今は亡き長男と見ていました。
こんな映画のように現れる事を夢で観ました。
有り難うございます。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン
すべての映画レビューを見る(全15件)