名前

劇場公開日

名前
名前
30%
39%
21%
6%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家の道尾秀介原案、津田寛治と駒井蓮主演による人間ドラマ。中村正男は経営していた会社が倒産し、茨城の地にやってきた。周囲にさまざまな偽名を使い、なんとか体裁を保ちながら自堕落な暮らしを送っていた。ある日、正男を「お父さん」と呼ぶ女子高生・葉山笑子が突然現れる。正男は笑子のペースに振り回されながらも、親子のような生活に平穏な時間を見出していく。しかし、笑子が正男のことを生き別れた父親だと思っていることに気づき、自分が消してきた過去について考え始めるが……。正男役を津田が、笑子役を駒井が演じるほか、筒井真理子、勧修寺保都、松本穂香らが脇を固める。監督は「ねこにみかん」「狂い華」の戸田彬弘。

2018年製作/114分/G/日本
配給:アルゴ・ピクチャーズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2018 映画「名前」製作委員会

映画レビュー

4.5いい映画でした

2020年10月31日
iPhoneアプリから投稿

じんわり来ます。

みんな色んなことを背負って生きてる。
この世の一番の罪は"愛"だ。
愛さえこの世になければ、悲しみも苦しさも感じないかも。
でも、愛があるから生きる意味を知る。

なんてね。

地味ですが、とっても佳い作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
totechinsyan

3.0主演が良い

2020年7月28日
iPhoneアプリから投稿

擬名を使い素性を偽りながら生活する胡散臭い男。
津田寛治は嵌まり役だ。
人生いろいろだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
おのもん

4.0人の気持ちを理解するとは

2020年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

この映画、ちょっと不思議な、ちょっとした事件が展開していく。
1度目見る時は、それを中村正男の視点で観る事になる。
で、十分に楽しめるのだけど、
この映画に限っては
2度目、観なくてはいけない。
2度目観ると良い、ではなく
2度目観なければいけない映画、である。

2度目は自然、葉山笑子の視点で観る事になる。

そうか、人は人の気持ちを
分かったつもりになっているだけ。
驚くほど
何にも分かっていなかったんだ。
と、がくぜんとする。
葉山笑子の気持ちが痛いほど分かる。

それにしても『名前』
あまりにも渋いネーミングだ。
本質を適切に表現しているのだけれど
もし、この名前で観てもらえないことがあるとすれば
ちょっともったいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
マツドン

4.5名前

masaさん
2020年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

見て爽やかな気持ちになれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
masa
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る