アベンジャーズ エンドゲームのレビュー・感想・評価

アベンジャーズ エンドゲーム

劇場公開日 2019年4月26日
708件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

正義が大好きすぎるアメリカの姿。その一時代を画する象徴的大作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

メインディッシュ級の英雄が次々に活躍し、持ち味活かした連携技で極上のマリアージュ、ヒーロー側がほぼ全員登場する総力戦のハイライトはもはや絢爛たる大宴会。正義の味方の満漢全席といった趣だ。

11年で全22作、MCUの総決算にふさわしく、時間旅行を物語上の強力なエンジンとし、半分消滅したヒーローたちの再招集に道理を与え、過去作で描かれたさまざまな時代と当時のキャラも登場させる同窓会的な懐かしさも提供。膨大なキャラを3時間のドラマに織り込んだ脚本陣の剛腕に感服するが、着想としては先行した「X-MEN:フューチャー&パスト」に、初期三部作のキャストと前日譚シリーズの新キャストを引き合わせた妙手の点で軍配を上げたい。

正義が大好きな米国らしい映画だ。サノスに「ダークナイト」のジョーカーほどの“悪の魅力と哀しさ”があれば、本作をより好きになれた気がする。ともあれ一時代を画する象徴的な作品ではある。

AuVis
AuVisさん / 2019年5月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 30 件)

それぞれのドラマに時間を割いてくれてありがとう。

正直マーベル・シネマティック・ユニバースとして発表されてきた作品群のすべてが気に入っているわけではない。むしろ映画として物足りなかったり、シリーズ物として納得がいかない部分があったりすることが多く、決して傑作ぞろいではなかったと思っている。

しかし、それでもMCU作品をすべて観てきたのは、MCUがただ映画を作ること以上に、キャラクターを育てることに重きを置いてきたからだ。気がつけばどのヒーローもそれぞれの魅力があり、また、互いにクロスオーバーすることでいろんな面を見せてくれた。結果、MCUは壮大かつ親しみやすい群像劇という、単体の映画では為し得ないことをやってのけていた。

『エンドゲーム』が素晴らしいと思ったのは、これまで培ってきたキャラクターの豊かさを活かして、それぞれのドラマ部分にたっぷりと時間を割いてくれていたこと。クライマックスは当然盛り上がるが、ゆったりと時間を使う前半の空気がとても好きだ。

バッハ。
バッハ。さん / 2019年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 72 件)

こんなにも生々しく魅力的なスーパーヒーロー映画って ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「アイアンマン」(08)から始まったマーベル・シネマティック・ユニバースの11年にも及ぶ攻防の歴史が、ここに終焉を迎えた。全編を彩るガジェットやCGIアクション、空間演出の妙もさることながら、激しく離合集散を繰り返してきたキャラクターたちを、平等に扱い、すべてを束ね直した脚本がまず凄い。精密な演出も高く評価したい。しかし、何よりも、日本人的に言えば平成を代表するフランチャイズ・ムービーを見せかけだけでなく、演技力が必須の人間ドラマに仕立て上げた俳優陣の努力にこそ敬意を表したい。彼らは我々に改めて教えてくれた。どんなに奇想天外な物語も、そこに人間の血が通って初めてリアルに感じられるということを。こんなにも生々しく魅力的なスーパーヒーロー映画がかってあっただろうか?特に、アイアンマン=ロバート・ダウニー・Jrの魂の籠もった名演には感服した。彼は本作で元々のフィールドであるキャラクターアクターに回帰したかのよう。さて、いったいこれからどに向かうのか?そんなダウニー・Jrを取り囲む面々も然り。我々観客にとって、いずれ劣らぬ当代の人気役者たちが各々の個性をぶつけ合った至福極まりない時間に、感謝しきりの3時間超である。

MP
MPさん / 2019年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 75 件)

この圧倒的な連作と同時代を生きれたことを誇りにすら思う ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

'08年の「フェイズ1」開始から10年の歳月が流れ、この壮大な英雄たちの叙事詩にも一つの区切りが打たれようとしている。まずもって、かつてこれほど渾身の力と創造力と資金を駆使して織り成された連作はなかっただろうし、今後同様のプロジェクトがあったとしてもそれはもう映画というフォーマットではないかもしれない。その意味でも我々は記念碑的な瞬間に立ち会っている。3時間にも及ぶ長丁場の中で、いったい何が起こるのか。詳細は避けるが、アクションも素晴らしいし、アイディアも突き抜けてるし、それ以上に、俳優陣の織りなす迫真のドラマが胸を揺さぶってやまない。サノスに愛する者たちを奪われた喪失感。無力感。そこからどうやって立ち上がっていくのか。俳優たちが長年かけて創り上げてきたキャラクターの生き様が、友情の証が、渾身の力で焼き付けられている。圧巻。シリーズの立役者たるルッソ兄弟の大采配にも心からの拍手を贈りたい。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2019年4月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 112 件)

食べ足りない大団円

シリーズの節目として、ご祝儀評価はするけれど
ここ数作続いた「なんだか雑」な流れで〆に突入したのが残念だった。

しかも3時間…冗長だよ、もう少しシャープに出来る演出はいっぱいだよ。

シリーズ初で、映画泣きが無かったのが寂しい。
「コレだよ、コレ!」ってグッとくる画面も物語の説得力もないんだよ。

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2019年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アイアンマンよ、さようなら

大変評価の高い映画ですが、自分にはそれほどでもでした。
サノスの考えは仕方がないのかなと思うし、サノスに憎しみが湧かないんですわ、ワタクシ。
前半で展開が読めるのもどうかなと思うのですが、中盤から後半にかけて、ごちゃごちゃ出てきて、お腹いっぱいになりました。

内容は、ステーキ頼んだら、何故かライスがとんこつラーメン大盛になっていて、ギョーザとお好み焼き無料で提供します的な、俺何食いにきてんのやろ、食いすぎて吐きそうやわという感じ。

アイアンマンカッコいい度★★★★★
展開★
無茶ぶり度★★★★★
面白い度★★

自分には、アベンジャーズ、やっとエンドゲーム、大して楽しめませんでした。
ごちゃごちゃ無理に納めるのなら、二部作とかでも良かったような。

トニースターク、ありがとう。
アイアンマンの映画として観れば何の問題もありません。ロバートはとてもカッコいいです。

風になりたいパパ
風になりたいパパさん / 2019年5月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お祭りの集大成 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

感情移入できない部分もあり、全体的にやや盛り上がりに欠ける印象だった。
3時間という超大作だが、無駄な演出も多く、もっとスリムにできたのではと思う。
正直、ソーをあそこまでダサく、残念なキャラに描くのは、いくら過去を引きずっているからといえ、腑に落ちない。

残念ながら、あまりワクワクハラハラしながら続きを観ることができなかった。

もちろん、他の映画とは比べ物にならないくらい、派手で、きれいで、迫力もあるが、シリーズものだけにストーリーや人間の描写、キャラ設定、感情移入がとても大事で、それが足りない気がして残念だった。

カイン
カインさん / 2019年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この歴史的な作品をリアルタイムで観れる喜び

MCU作品は全て見てきました。
が、この作品だけはなかなか観に行けなかった…。
大好きすぎるが故に「観たら終わってしまう」と思っていたから。けど、本日覚悟を決めて観に行ってきました。

…結果「素晴らしい!!」の一言。
もう落涙しまくり、3時間があっという間でトイレも忘れて楽しめました!!
単なるアクションシーン満載のSF映画ではなく、そこには人間ドラマが詰まっていた。
やはりヒーローも人間、愛や正義感・使命などだけではなく、怒りや悲しみ・無力感や喪失感もある。しかし、それすらも前に進むエネルギーに変える。だからこそ「ヒーロー」なのだと。そう教えてくれた気がしました。
登場するキャラクターが多すぎるのもあって全ヒーローに活躍するシーンを持たせられなかったのは残念ですが、発足メンバー達の卒業(?)には相応しい作品だったと思います。

書きたいことが多すぎてまとまらないですが、とにかく「ありがとう、アベンジャーズ」

そしてスパイダーマン、「鉄の意志」をしっかりと受け継いでくれよ!!
「3000回愛してる」

あーしゃ
あーしゃさん / 2019年5月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

心にグッとくるものがあります。

ずっとMCUを追ってきました。
一旦これでひと段落ですが、嬉しい気持ちもありつつ、悲しいような寂しいような気持ちもあります。
集大成という言葉に相応しい、最高のエンドだったと思います。
エンドゲームを見てから、またMCUを最初から家で見直して、アイアンマン1で既に泣けてしまったり。
家に帰ってからも、これからもファンを魅了し続ける作品です。
ぜひ皆さんにも見て欲しいです。。

Bigginer
Bigginerさん / 2019年5月21日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイムスリップ系は大体こうなる

マーベルもアベンジャーズも大好きですがまぁあまり期待はしていませんでした

はい 面白くなかったです

ただ今作はアベンジャーズをどう終わらせるか まとめのようなモンなので不満はありません

マーベルは次のステージに進みましょう

たつ
たつさん / 2019年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロケット・ラクーン また映画を見たいです

ロケット・ラクーン💌💜❤️💗❣️💟💝💛💙💚💖💔🤩😣😍😣🖤💞🧡💓

上野 ガルル
上野 ガルルさん / 2019年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3時間が短く感じた

大ファンとまではいかないけどマーベルが好きで、アベンジャーズが特に好きなので見に行きました。
戦闘シーンはほんとに鳥肌が立ちました。
すべての作品を見ている大ファンの方なら納得いかない部分もあったかもしれませんが、普通に好きな程度なら楽しめると思います。
あれはどうなったの?と思う部分があったので評価は4にしました。
もし見に行くか迷ってたら行って損はないと思います!

み
さん / 2019年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アベンジャーズだよ⭐️最後は全員集合!

やっと見てきた〜
でも混んでた〜
でもでも面白かった〜
ハリウッド映画は
アメリカのプロパガンダとして
活用されていることは周知の事実。
今回も一つ一つのシーンに
色々なメッセージが
込められていたような気がします。
あとは
やっぱりとは思っていたけど
スタン・リー御大も登場してましたね。
あちらの世界でもやっぱり
クリエイターしてるんでしょうね〜
ご冥福をお祈り申し上げます。。。

ラッキー7
ラッキー7さん / 2019年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

興奮冷めやらぬ感想と少し冷静な感想を ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大阪と名古屋にてIMAX3D字幕版を2度視聴。
感想を簡潔に表すと以下のような感じ。
「この映画は作れたこと自体が奇跡!」
「CGがやばい!演技もやばい!」
「深い配慮とメッセージ性がある」
「いい映画ゆえに問題提起もしたくなる」

ここからはそれぞれ説明を。

 『この映画は作れたこと自体が奇跡!』
まずこの映画はマーベルシネマティックユニバース(MCU)という一連の作品の22作品目で一応の完結作ということで、シリーズをどこまで観たかで楽しさがいくらでも変わる。

・アドレナリンが出る→過去作不要
・事態が理解できる→前作のインフィニティウォー
・流れが理解できる→ルッソ兄弟監督作品
・アクションからドラマへ→全MCU作品
・ディテールを楽しむ→コミック

過去作不要でアドレナリンが出るとは言っても、例えば終盤の”Avengers Assemble!”のセリフを聞けた瞬間に分泌される快楽物質量はコミックからのファンとそうでない人とでは桁違いだろう。
よって、できる限りMCU作品を見ておいた方が楽しめる作品なのは間違いない。

また、全編IMAXカメラで撮影されたことからもできるだけIMAXシアターで見るべし。

とにかく今までの21作品が10年の時をかけて、個々のストーリーとは別に、本作の一点に向かって収束し、これ以上にない見事な着地を決めた。

映画史上に残るこの奇跡の裏には、交渉とスケジューリングの鬼がいたに違いない。
監督の違う作品群を整合のとれた脚本にし、役者のスケジュールと収益性の高い公開日とネタバレが起きないような順立てでコンスタントに公開してここまでたどり着いたことは奇跡としか言いようがない。
同じディズニー傘下でもマーベルよりはスターウォーズファンとしてはマーベルファンが心底羨ましい。(スターウォーズの現状……)

 『CGがやばい!演技もやばい!』
本作で見落とされがちなものの一つに役者の演技力があると思う。特に表情による感情表現が素晴らしい。
・ナターシャがソウルストーンのために投身する際の「let me go」。
・トニースタークの「I am Ironman」までの溜め。
など各名シーンでの役者の完璧な表情のほか

・量子世界から帰還したスコットが少年に何が起きたのか尋ねた時の振り返った少年の表情
など1カットしか登場しないような役者までもが、唸るような演技を見せてくれる。

またCGの書き込みっぷりには狂気を感じる。所々立体物がテクスチャで済まされている部分が目につくが、ブラックパンサーで散々叩かれたような半端なCGはどこにもない。「映画におけるCGの適切な使い方は、その配分が鍵だ」と言われることもあるが、9割CGでゴリ押していくアクションシーンはもはや視聴する人間の処理限界を超えて圧倒していく。
クライマックスには、ドクター・ストレンジのポータルから大量のCGアニメーターが出てくるのが俺には見えたぜ……。

 『深い配慮とメッセージ性がある』
本作は表面的にはヒーロー映画だが、ヒーローを描く上で案外冷静な描写を意識している。言ってしまえば一歩引いた視点から物語を描くことで、視聴者がガチオタク化するのではなく、映画から得た経験を現実に反映できるような余裕を与えてくれる。それは下記のようなプロットに見られる。

・実は一匹のネズミ(ミッキーマウス)の偶然で勝利したこと。この偶然がなければディズニーもアベンジャーズの勝利もなかったわけで、「努力をしても成功するとは限らないけど、成功した人は皆努力している。」的なメッセージは、現実に失敗した人を絶望から立ち上がらせてくれる、楽観的だが救済的なメッセージを秘めている。

・男女差別、LGBTQへの配慮。女性ヒーロー集合シーンだったり、具体的な描写はないけどロキやヴァルキリーはゲイだったり、何気に配慮が細かい。

・自己中だったアイアンマンが他人を救うために自己犠牲し、大義のためだけに生きてきたキャプテンアメリカが恋人一人を愛する人生を選びなおし、国王としての象徴と責務がいつしか鎖になっていたマイティソーが自分自身の選択で自由を得る過程は、「人は変われる」ということを様々な形で教えてくれる。見た人には確実に生きる勇気を与えてくれるのだ。

 『いい映画ゆえに問題提起もしたくなる』
この映画が名作なのは間違いないが、小さくない問題を残してしまったように思う。

・宇宙というスケール感の喪失
多くのSFでは宇宙の広がりに対し人間のちっぽけさを描写したり、人間には理解し得ない”higher being”を登場させたりする訳で、実際それが正しい宇宙の描写だと思う。一方で本作では宇宙の命運が地球の何人かのヒーローにゆだねられておりそのスケールの差は違和感しかない。
キャプテンマーベルの「あなた達のようなヒーローがいない星がたくさんあるの」というセリフはその違和感を補完しているようで逆に強調してしまっている。

・科学技術と人間賛美
神の世界でアサルトライフルが猛威を振るったり、サノスの母艦の空爆力が人一人殺せない程度だったり、トニースターク含む人間の科学者がタイムトラベルやらナノ技術やら量子技術やらありとあらゆる科学技術の発明を担ったりと、違和感しかない。

映画におけるこういった描写は小さくない問題だと思う。
子供達には、「人間はなんでもできる」とか思って欲しくないし、宇宙の果てを正しく想像して、そのスケールに胸を締め付けられるような恐怖感を味わってほしいと思っている。
だがこの映画を見た子供達はどういった思想を得るだろうか。この映画が子供達の発想の限界を決めてしまわないだろうか。

本作は”一般人が想像して一番ワクワクできる範囲での”スペクタクル超大作になってしまっており、本来「宇宙の生命の半分が死ぬ」とかいうイベントをガチで描こうと思ったらもっと訳わかんないレベルでハイパーウルトラスペクタクルに描かざるを得ないはずなんだが……。

cokeman_2
cokeman_2さん / 2019年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ把握1/2くらいで鑑賞 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アントマンやマイティ・ソー等、見ていない映画も多いので設定やキャラクターに分からない部分は色々とあったが、アベンジャーズ・シリーズやシビル・ウォーを見ていたので話の流れはつかめた。

BTTF2の様に過去作のシーンの裏側で動くシーンがあり、見たことのある映画の場面では実際はどうだったか見返したくなったし、見たことのない映画のシーンも見てみたくなった。

過去から戻って来て、仲間が全員集合し敵との決戦に挑むシーンは予定調和であっても感動したし、戦いも迫力があり面白かった。

映画のラストは、ドクター・ストレンジはあの犠牲を変えられなかったのかという点と、キャプテン・アメリカのあの行動は気持ちはわかるがやってはだめだろうという2点が引っかかったのと、完全に一区切りがついてしまったので少しさびしい感じではあったが、概ね満足できる映画だった。

to
toさん / 2019年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメコミファンでなくても楽しめます

登場するヒーローの半分くらいは知らない人でしたが、楽しめました。
それぞれに背負っているものがあるんだな~っていうのは理解できました。
アメリカらしい曲や、昔のがむしゃらだった時代とか、郷愁を誘います。そのころからアメコミを読んで、ヒーローにあこがれていた人は目がうるうるするくらい感情を揺さぶられるのではないでしょうか。

りっちー
りっちーさん / 2019年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

集大成ここにあり

5段階評価
面白さ:3
スリル:4
グロさ:2
泣ける:3
エロさ:1

3時間超えの長編映画だが、色々と盛りだくさんで楽しめた。(前半は少し寝たがw

邦画は基本糞
邦画は基本糞さん / 2019年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やられたらやり返す正義でいいのか。子供達にMCUが教える正義はこれなのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず長い年月をかけて、
このような世界を作り上げたMCUには最大の拍手と敬意を。

しかし「映画」として観るなら、気になるところがいくつかある。

・「シビル・ウォー」のヴィジランテ活動による社会からの批判問題はどうなったんだ?

・最初はセクシーな秘書だったブラック・ウィドウが
最終的にリーダー格になる。そんな女性の描き方は、DCと比較できないくらい上手い。
しかしキャリアアップした女性の最後が「死」というのは、
「テルマ&ルイーズ」から20年以上経っているのに、
女性が何かを求めると「死(幸せは得られない)」なのかという苦い思いがした。
アイアンマンもだけれど、自己犠牲が美しいという、キリスト教的な考え方を押し付けられるのにはうんざりだ(親父がやるとこも、アルマゲドン的だ)。
私は自己犠牲が美しいという考え方は、テロリストと変わらないと思っている。

・なぜ軍人ではなく、民間人が犠牲になる?
キャプテンは軍人だ。
そもそもキャプテンアメリカは、アメリカの星条旗を背負っている。
アメコミの歴史を振り返ってみても、キャプテンやスーパーマンは、その時のアメリカの正義が透ける。
そのキャプテンに武器を持たせることには、恐怖した。
また例え相手が最強だとしても、同じように大勢で、力で相手をねじ伏せることころは、アメリカが大軍で小国を制圧している風景が思い出されて、嫌な気持ちになった。
そもそも、やられたらやり返す。で、ヒーローがいいのだろうか。

「スパイダーマンホームカミング」の冒頭で、「kids got a future」と言ってるけど、MCUが最終的に子供達に教える正義はこれなのか。
その戦いには知恵も優しさもない。悲しみと怒りだけ。

「Avenge」
「revenge」
どちらも復讐、仕返しの意味だが、
前者には「正義による」復讐・報復の意味がある。

しかし正義は、
どちら側につくかで変わる。
こちらと同じ熱量が相手側にも存在することを無視した
アメリカに、9・11が起こったんじゃないか。
やられたらやり返すは負の連鎖を生む。
と、「ブラック・パンサー」でも言っていたじゃないか。
そこは、どうなった?

大勢のヒーローが登場し(ハワード・ザ・ダックまで!)、
3時間超える作品を楽しませるのは流石だと思います。
しかし、アメリカの正義がやばい方向に行ってることが見て取れて、ちょっと怖かったです。

まこさぽチャンネル(さぽしゃ)
まこさぽチャンネル(さぽしゃ)さん / 2019年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

こいつは傑作だ

しっかり伏線回収されていたところがとても良かったです。ほかのレビューを見ているとつまらなかった、期待はずれなどの声も挙げられていましたが、自分的には☆10くらいの評価です。確かにアクションシーン多めが好きな人からすると少し物足りないかもしれない。過去の作品を鑑賞していない人からするとつまらないと思うかもしれない。そんな感じで好き嫌いわかれるような作品です。僕はこの時代に生まれてよかったと思えるほど満足でした。過去の作品を鑑賞していない方は是非過去の作品を鑑賞してから観てください!長いレビュー失礼しました。

3000回愛してます

パッキー・パーンズ
パッキー・パーンズさん / 2019年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今までに無いくらい面白い!

3時間たっぷり楽しませてもらいました!
ヒーローが多過ぎる?MARVER映画全部見てから言ってください!ww

優作
優作さん / 2019年5月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

708件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報