モラトリアム・カットアップ

劇場公開日

モラトリアム・カットアップ
17%
33%
33%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

弱冠23歳の柴野太朗監督が手がけ、2015年、インディーズ映画の登竜門として知られる第9回田辺・弁慶映画祭で最高賞の弁慶グランプリを受賞した短編作品。文学や音楽において、フレーズをバラバラにして組み立て直す「カットアップ」という技法を題材に、巧みな編集技法で、過去と現在、虚構と現実を交錯させて描いた。アナログ人間なフミヤは、いつもの喫茶店に幼なじみたちと集い、変わらぬ日常を過ごしていた。やがて地上アナログ放送は終了し、就職活動、恋愛、スマホなどフミヤは全てのことにおいて、周囲から取り残されていることに気付く。

2015年製作/38分/日本
配給:モラトリアム・カットアップ製作委員会

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2016「モラトリアム・カットアップ」製作委員会

映画レビュー

5.0すばらしかった!!

2017年4月23日
iPhoneアプリから投稿

すばらしかった!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サンタマリア

3.0平成生まれの取り残されたハタチのアナログ男

2016年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

単純

腐れ縁の男友達とダべったりHi8ハンディカムで映像撮ったりする日々を過ごす、二十歳を迎えようとしているニート気味な郁弥。彼の周辺にデジタル化とICTの波が押し寄せ、アナログな郁弥も飲み込まれてしまうのか!?という作品。
映像学生の自主作品ながら編集も音楽もコミカルで颯爽とした仕上がり(デジタル化の恩恵)で、90年代のデジモノ好き&童貞には共感できるはず(笑)。
「モラトリアム・カットアップ・ショーケース」という、テアトル新宿で本作+柴野太朗作品や出演者の演劇などと合わせて上演する実験スタイルになっているけれど、イベント自体が仲間内の発表会のようになっていて、本作の魅力が埋もれていくように見えたのが残念かな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ウェスタン村

4.0カットが綺麗

2016年4月7日
スマートフォンから投稿

カットの美しさや繋ぎの美しさが学生映画とは思えないほどセンスに溢れていた。話も面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かもすぞ

4.0面白かった!!!

フミさん
2016年4月6日
iPhoneアプリから投稿

映画祭にて鑑賞。学生らしい清々しさとおかしさを兼ね備えてて、とにかく楽しめたしスカッとした!それでいて鑑賞後、心にぺっとりと残ってるこの感覚は、誰しも一度は覚えがあるはず…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フミ
すべての映画レビューを見る(全4件)

他のユーザーは「モラトリアム・カットアップ」以外にこんな作品をCheck-inしています。