グランドフィナーレ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
グランドフィナーレ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー外国語映画賞に輝いた「グレート・ビューティー 追憶のローマ」やカンヌ国際映画祭審査員賞に受賞した「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」などで知られるイタリアのパオロ・ソレンティーノ監督が、イギリスの名優マイケル・ケインを主演に迎え、アルプスの高級ホテルを舞台に、老境のイギリス人作曲家の再生を描いたドラマ。80歳を迎え、未来への希望もなく表舞台から退いた作曲家で指揮者のフレッドは、親友の映画監督ミックとアルプスの高級リゾートホテルにやってくる。そこで穏やかな日々を送っていたある日、エリザベス女王の使者という男が現れ、フレッドの代表作を女王のために披露してほしいと持ちかける。個人的なある理由から、その依頼を断ったフレッドだったが、ホテルに滞在する様々な人との出会いを通し、気持ちに変化が訪れる。

2015年製作/124分/R15+/イタリア・フランス・スイス・イギリス合作
原題:Youth
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート

主題歌賞

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀助演女優賞 ジェーン・フォンダ
最優秀主題歌賞

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

出品

コンペティション部門
出品作品 パオロ・ソレンティーノ
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C - FILMS, FILM4

映画レビュー

4.0監督の魔術に酔う

odeonzaさん
2019年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.0美しい映像と、ストーリー

yuyuさん
2019年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

美しい映像と、ストーリーが心地よい。

友情、親子・夫婦の愛とそれぞれ考えさせてくれる。

お互い良いことしか言わない、それが友情という言葉がいまの自分には印象的だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yuyu

4.0生きる

ミカさん
2018年11月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

幸せ

「人間は肉体から老いるのではなく、精神から老いていく」と、昔何かの記事で読んだことがありますが、パオロ・ソレンティーノの作品を鑑賞するといつもこの言葉が頭をよぎります。彼が老境に差し掛かった男性の再生物語を良く描いているからなのかもしれません。

成功者が集まるスイスのホテルは、ハイセンスで芸術的なんだけれど、どこかしら「迷い」がある空気を感じます。お金、若さ、才能を以ってしてもいつかは捨てなければいけない時がくる。だけど最期の時まで捨てなくてすむものがあるとしたら、それは自分にしか得られない感じる力だと言われている気がしました。感じる力は、誰にも邪魔されない内にあるもの。

自分の感情を最大限に引き出してくれるのが、フレッドにとっては作曲であり、パオロ・ソレンティーノにとっては映画制作や芸術。「Youth」とは、「生きる」に値する何か、情熱を持たずにいられない何か。では、私にとって「Youth」とは何なのでしょう?もしかすると自分自身が気がつかないふりをしているけれど、答えは分かっているんじゃないか?

パオロ・ソレンティーノの映像はいつも、他に類を見ないほどの美しさです。彼の「Youth」があるからこそ、観客も忘れていた「Youth」を思い出すのです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

3.0空中浮遊出来てた

kossyさん
2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 一本の筋が通ってないような群像劇ともとれる。一応、フレッド(ケイン)は引退したから女王の前では指揮なんてしない、しかも自分の過去の作曲「シンプルソング」なんて。と、断ったものの、実は妻のために作った曲で彼女が老いてしまってるから出来なかったのだ。

 ミック(カイテル)が最後に自殺する意味もわからなかったけど、年老いてくると理解できるのかな。そんな映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全57件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る