グランドフィナーレ

ALLTIME BEST

劇場公開日

グランドフィナーレ
19%
42%
28%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー外国語映画賞に輝いた「グレート・ビューティー 追憶のローマ」やカンヌ国際映画祭審査員賞に受賞した「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」などで知られるイタリアのパオロ・ソレンティーノ監督が、イギリスの名優マイケル・ケインを主演に迎え、アルプスの高級ホテルを舞台に、老境のイギリス人作曲家の再生を描いたドラマ。80歳を迎え、未来への希望もなく表舞台から退いた作曲家で指揮者のフレッドは、親友の映画監督ミックとアルプスの高級リゾートホテルにやってくる。そこで穏やかな日々を送っていたある日、エリザベス女王の使者という男が現れ、フレッドの代表作を女王のために披露してほしいと持ちかける。個人的なある理由から、その依頼を断ったフレッドだったが、ホテルに滞在する様々な人との出会いを通し、気持ちに変化が訪れる。

2015年製作/124分/R15+/イタリア・フランス・スイス・イギリス合作
原題:Youth
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

ノミネート

主題歌賞

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート

最優秀助演女優賞 ジェーン・フォンダ
最優秀主題歌賞

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

出品

コンペティション部門
出品作品 パオロ・ソレンティーノ
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C - FILMS, FILM4

映画レビュー

3.0長生きしたくなくなる映画

としさん
2021年9月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年9月26日
映画 #グランドフィナーレ (2015年イタリア・フランス・スイス・イギリス映画)鑑賞

邦題は終局とかの意味だけど、原題はyouthなので若さ的な意味

#マイケル・ケイン は邦題でもいいかもしれないが、#ハーヴェイ・カイテル は原題に近いんじゃないかな?

#ディエゴ・マラドーナ 必要?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とし

4.0素敵な景色ですね~♪

2021年3月5日
スマートフォンから投稿

幸せ

主人公達の所に全裸で入浴?しにくるミス・ユニバースの場面にうっとり(笑) 外国だとその場面がポスターに使われてるのもあるんですよね、原題がが「若さ」とかそういう意味でしょうから、そういう理由でかな♪ 日本版パッケージと全然違うから日本版パッケージしか知らなかったら果たして僕は観ただろうか・・(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画は生き甲斐

0.5タイトルなし

ケイさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ケイ

3.5原題を知ってから観るべきだった

2020年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原題が「Youth」だということを
知ってから観るのと、
知らないで観るのでは、
着目点が全然異なってくるから

知ってた方がいいと思った〜〜〜

私は、知らずに観てしまった派で。

原題
Youth=若さ

と知り、

オーーーーイ!
言いたいことめちゃくちゃハッキリ
最初からゆーてるやん
と思った。

グランドフィナーレ
どんな終焉を迎えるか、という
「未来」に目を向けているのは
間違い、ではないのだけれども、

「若さ」という、
「過去」を顧みている
目を向けているという点で

まったく逆方向の視点と言ってもいい。

今現在の、老いた自分
過去の、若き自分

やり残したこと
今やりたいこと

有るのか、無いのか

有るけど食らいつかないのか

諦めてる自分と、
諦めてない友人

若さと老いに対して感じることを
見せてもらった気がする。

ラストのシーンは、
観てる人にお任せします
ということなのかな?と
個人的には思った。

主人公の彼が、
満足しているのか、
やっぱちゃうな、と思っているのか。

私は、
感動する観客に相反して、
主人公は、不服そうに感じた。

映像美100
清々しいすぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バステト
すべての映画レビューを見る(全61件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「グランドフィナーレ」以外にこんな作品をCheck-inしています。