ヘイル、シーザー!

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ヘイル、シーザー!
ヘイル、シーザー!
4%
30%
46%
17%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ノーカントリー」「ファーゴ」のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が、ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタムら豪華スターを迎えて描いた監督作。1950年代のハリウッド。あるメジャースタジオの命運を賭けた超大作映画「ヘイル、シーザー!」の撮影中、主演俳優で世界的大スターのウィットロックが何者かに誘拐されてしまう。撮影スタジオは混乱し、事態の収拾を任された何でも屋が、セクシー若手女優やミュージカルスター、演技がヘタなアクション俳優ら個性あふれる俳優たちを巻き込み、事件解決に向けて動いていく。コーエン兄弟監督作常連のフランシス・マクドーマンドやティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズ、ジョナ・ヒルらも出演。

2016年製作/106分/G/アメリカ
原題:Hail, Caesar!
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

美術賞  
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Universal Pictures

映画レビュー

1.5「ザ・プレイヤー」の再来

2020年6月20日
iPhoneアプリから投稿

これだけのキャストに、この監督。当然、楽しみにして見たけど、全然 安っぽい映画でした。悔しかったので、もう一度見ました。しかし、やはり結果は同じ。昔、「ザ・プレイヤー」って言うティム・ロビンス主演の舞台が、ハリウッド映画業界のサスペンス映画があったけど、その映画を思い出しました。その映画も、たくさんの名俳優がいたけど、出来は残念でした。
キャストの中身が良ければ、いい映画が出来るとは限らないって教訓が、勉強になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジェット

3.5The picture was worth. 映画は価値があるんだよ!

アキ爺さん
2020年2月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

2.0、、、

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

ブラックコメディ

vary1484さん
2019年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

コーエン兄弟の作品にはヲタク気質が詰まっている。
毎回作中に少しブラックなテーマを織り込み、特にコメディを描くときにはそのブラックさが濃くなる傾向がある。
本作も1950年代のハリウッドスタジオの黄金期後半を舞台にスタジオ崩壊と資本主義、さらには宗教的な皮肉も入った内容の濃いコメディに仕上がっています。

コメディ
コメディというジャンルは映画界でも極めて難しいジャンルとされています。それゆえ、コメディ映画のスターは限られているし、コメディを撮れる監督も限られています。さらにブラックコメディとなると、さらに死のうが卓越した一握りの監督にしかできないことです。イニャリトゥがメキシコから才能をひけらかしてる現在ですが、コーエン兄弟はその中でも何本もの良作をコンスタントに世に送り出している素晴らしい監督です。
まず、一番印象に残るのはキャスティング。本作では、親交の深い大物を多く使って、ハリウッドの黄金期をパロディ満載に作り上げていますが、コーエン兄弟作品で自分が好きなのはサブキャラクターです。本作でも、掃除のおばちゃんや、秘書のレディー、エキストラの役者など、そのシーンを印象的かつ、見た目を面白くする役者が揃います。

脚本
ブラックコメディというジャンルのそのブラックの部分を表現するための演出、セリフがコーエン兄弟の醍醐味。ストーリーには直接関係ないが、コメディ部分と相まって、舞台となっている時代の歴史や、宗教的ジレンマを表現してリウのが見応え十分。観直してもなんども楽しめるのが長く愛される理由。げんこ的なこだわりも尋常ではないので、作品によって異なるワードのチョイスや、アクセントの違いなどは英語で見ることでさらに楽しめること間違い無いでしょう。

撮影
コーエン兄弟の撮影監督といえばこの人。ロジャー・ディーキンス。コメディからサスペンス、SF、ウエスタン、アクションまでここまで完璧に作り上げることのできる人はいないでしょう。完璧としか言いようがない照明とフレーミングはそれだけで、映画館に行く価値がある。
次回のコーエン兄弟とのコラボレーションが楽しみ。

コーエン兄弟の作品はこれからもたくさん紹介したいので、今日はこの辺で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
vary1484
すべての映画レビューを見る(全75件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る