劇場公開日 2016年5月13日

  • 予告編を見る

ヘイル、シーザー!のレビュー・感想・評価

2.976
4%
30%
46%
17%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全76件中、1~20件目を表示

0.5タイトルなし

ケイさん
2020年10月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

豪華な俳優陣だがストーリーがよくわからなかったけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

1.5「ザ・プレイヤー」の再来

2020年6月20日
iPhoneアプリから投稿

これだけのキャストに、この監督。当然、楽しみにして見たけど、全然 安っぽい映画でした。悔しかったので、もう一度見ました。しかし、やはり結果は同じ。昔、「ザ・プレイヤー」って言うティム・ロビンス主演の舞台が、ハリウッド映画業界のサスペンス映画があったけど、その映画を思い出しました。その映画も、たくさんの名俳優がいたけど、出来は残念でした。
キャストの中身が良ければ、いい映画が出来るとは限らないって教訓が、勉強になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジェット

3.5The picture was worth. 映画は価値があるんだよ!

アキ爺さん
2020年2月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

2.0、、、

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

ブラックコメディ

vary1484さん
2019年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

コーエン兄弟の作品にはヲタク気質が詰まっている。
毎回作中に少しブラックなテーマを織り込み、特にコメディを描くときにはそのブラックさが濃くなる傾向がある。
本作も1950年代のハリウッドスタジオの黄金期後半を舞台にスタジオ崩壊と資本主義、さらには宗教的な皮肉も入った内容の濃いコメディに仕上がっています。

コメディ
コメディというジャンルは映画界でも極めて難しいジャンルとされています。それゆえ、コメディ映画のスターは限られているし、コメディを撮れる監督も限られています。さらにブラックコメディとなると、さらに死のうが卓越した一握りの監督にしかできないことです。イニャリトゥがメキシコから才能をひけらかしてる現在ですが、コーエン兄弟はその中でも何本もの良作をコンスタントに世に送り出している素晴らしい監督です。
まず、一番印象に残るのはキャスティング。本作では、親交の深い大物を多く使って、ハリウッドの黄金期をパロディ満載に作り上げていますが、コーエン兄弟作品で自分が好きなのはサブキャラクターです。本作でも、掃除のおばちゃんや、秘書のレディー、エキストラの役者など、そのシーンを印象的かつ、見た目を面白くする役者が揃います。

脚本
ブラックコメディというジャンルのそのブラックの部分を表現するための演出、セリフがコーエン兄弟の醍醐味。ストーリーには直接関係ないが、コメディ部分と相まって、舞台となっている時代の歴史や、宗教的ジレンマを表現してリウのが見応え十分。観直してもなんども楽しめるのが長く愛される理由。げんこ的なこだわりも尋常ではないので、作品によって異なるワードのチョイスや、アクセントの違いなどは英語で見ることでさらに楽しめること間違い無いでしょう。

撮影
コーエン兄弟の撮影監督といえばこの人。ロジャー・ディーキンス。コメディからサスペンス、SF、ウエスタン、アクションまでここまで完璧に作り上げることのできる人はいないでしょう。完璧としか言いようがない照明とフレーミングはそれだけで、映画館に行く価値がある。
次回のコーエン兄弟とのコラボレーションが楽しみ。

コーエン兄弟の作品はこれからもたくさん紹介したいので、今日はこの辺で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
vary1484

1.5期待しなけりゃ良かった。

2018年5月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
しゅうへい

1.5演技下手な俳優が1番

Y.Soloさん
2018年2月12日
iPhoneアプリから投稿

思ったより、面白くなかった…

何を言ってるのか途中でわからなくなってきたし飽きた。
でも、スカーレットヨハンソンとチャニングテイタムとハンソロ役をする名前が忘れた…あの子は良かった!
演技下手でセリフを何回も練習するシーンは笑った!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Y.Solo

3.0パロディ満載

2017年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

1950年代のハリウッドを舞台に、映画プロデューサー(ジョシュ・ブローリン)を中心に、大スターの不行状や赤狩りなどをコメディタッチで描く。
いろんな映画や、スターたちのパロディが満載で楽しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0古き良き?ハリウッド映画の時代

939vさん
2017年4月3日
PCから投稿

予告編からして可也スピード感のあるコメディーのように想像していたけど、実際はスタジオ撮影や看板スター、また米ソ対立といった、裏で政治も見え隠れするような、昔のハリウッドの様子が、ユーモアも交えながら見られる作品、といった印象を受けた。
また同時に、主役のジョシュ・ブローリンが航空機産業にヘッドハンティングを打診される中で、浮ついたと言われる映画産業に対する自分の想いを振返り、「面倒だけど、映画好きなんだよな」と思い新たに仕事に戻るといったところも、映画賛歌的な作品だと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
939v

3.0思ってたんと違う とっても期待してたし、かなり前から楽しみにしてた...

onakaさん
2017年3月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

思ってたんと違う
とっても期待してたし、かなり前から楽しみにしてたんで落差がでかい
もっとドタバタコメディかとおもた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
onaka

2.0面白くなかった 残念

文たさん
2017年2月27日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
文た

2.0肩透かし

2017年2月12日
PCから投稿

予告編を見て期待しすぎてしまったようです。ちょっと肩透かし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ボケ山田ひろし

3.0監督の映画愛

2017年1月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

監督が撮りたいシーンを纏めるために、古き良きハリウッド時代の便利屋を主人公にストーリーを考えたって感じかな?

映画好きならきっと色々共感できると思います。(私はダメだったけど・・)

映画を作ること、その撮影現場、そして多くの映画人を愛して止まない監督の思いが溢れた映画だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あずとまる

3.01950年代のハリウッド

isukeeさん
2017年1月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

コミンテルン思想犯 をモチーフにしたストーリーで、
コメディ基調なので、笑えるシーンも多々あるし 、圧巻のミュージカル撮影シーンもあっていいのだけれど、
当時の時代背景やハリウッドシーンの実情、
作品群に 全く明るくなくて、
同調できずに 楽しめなかった

知っていれば、わかるー、とか へー、とか
元ネタとシンクロさせて膝を打ったりできたかも

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
isukee

2.0万歳、ハリウッド。

2017年1月9日
Androidアプリから投稿

楽しい

事前に50年代と言う時代背景をしっかり把握しておかないと、ストーリーが多少分かりづらいところがある。
またコーエン兄弟作品としては毒気が薄く、コメディとしても物足りなさを感じてしまう。G・クルーニー演じる大根役者のマヌケ顔以外に笑えるところなんてほとんどなかった(ミュージカル映画の撮影シーンは、心がウキウキするぐらい楽しかったけど)。
スラップスティック調のドタバタコメディでなかったのが残念である。
ま、単純にハリウッドの黄金時代を懐かしむだけの映画かも。
ー 追記 ー
若き日のハン・ソロ役に抜擢されたオールデン・エアエンライクを、一足先に見れたのが一番の収穫だろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みつまる。

2.5???

2017年1月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

most boring movieと叫ぼうかと思ったら、最後の10分くらいだけ良かった。これが新年初の映画かぁ。

チャニングくんは謎にかっこよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タカハシ

3.0コーエン兄弟

2016年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

寝られる

スケッチ集だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A

3.0観るのも演るのもマニアック

2016年11月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

ハリウッド映画最盛期の1950年代のとある大手の製作会社の責任者ジョシュ・ブローリンは、所属女優や監督のゴシップの後始末に奔走する日々。

相変わらずトラブルの山に四苦八苦する最中、スタジオが最も肝入りで製作していたローマ史劇のスペクタクル超大作の主演俳優ジョージ・クルーニーが共産主義者グループに誘拐する事件が発生し、スター奪還に一肌脱ぐクライム喜劇。

オスカー監督であるビッグネームの最新作にも拘わらず、静岡ではマニア映画の聖地・サールナートホールでヒッソリ上映していたぐらいだったので、期待度ゼロで鑑賞したが、
「解る人に解りゃイイ」と観る客を選ぶ開き直り精神は、ブレてなくて、かえって潔いぐらいだ。

ミュージカル、西部劇、時代劇etc. 最も活気に溢れていた映画産業の華やぎの片隅で、共産主義者を弾圧していった悪名高き“赤狩り”が垣間見えていく。

云わばハリウッドの光と闇を兄弟特有の皮肉屋スピリッツで小突く世界観は面白いけど、観終わると清純派ミュージカル女優スカーレット・ヨハンソンの美貌&裏の顔以外、何も印象は残らない。

良い意味でも悪い意味でも、大衆娯楽の典型とも云えよう。

訛りがキツい若手俳優の演技を大物監督がイライラしながらダメ出しして矯正したり、ゴシップ誌記者のティルダ・スウィントンが瓜二つの双子姉妹で相手が混乱するetc. のシーンは、昔、コント55号やドリフのコントでよくネタにしていたオーソドックスなギャグで、ベタベタでも1周廻って笑ってしまう。

ゆえに、懐古的な了見で向かい合えば、其れなりに楽しい映画なのかもしれない。

では、最後に短歌を一首

『星いずこ 浮わつくイモの 後始末 夢に追われし 真っ赤な博打』
by全竜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
全竜(3代目)

2.5ミュージカル部分は楽しい。全体的にはなんのこっちゃい!まったり見る...

uzumotiさん
2016年10月25日
iPhoneアプリから投稿

ミュージカル部分は楽しい。全体的にはなんのこっちゃい!まったり見るには良いかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
uzumoti

2.0よくわからん

soさん
2016年7月17日
Androidアプリから投稿

コーエン作品はツウ好みと言われるけど、
ぼくもそこまでツウではないので
この映画は良く分からなかった。

一昔前のハリウッドの周辺の事情は
こんなんでしたよー、みたいなことなのか?
と思ったけど…
宗教家が集まってワイワイしてるところは面白かった。

さすがにちょっと自己満足過ぎではなかろうか。
あと、予告編、CMはミスリードですな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
so
「ヘイル、シーザー!」の作品トップへ