劇場公開日 2016年2月12日

  • 予告編を見る

スティーブ・ジョブズのレビュー・感想・評価

3.3102
8%
49%
34%
8%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全102件中、81~100件目を表示

3.0もっと真実を描いて欲しかった。

2016年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

リサが血縁のあるジョブズの実娘なのか、ネットで調べても噂の程度であまり出てこない。
何か作り話の色の様に見える。
それおろか、ジョブズの長男が医療界のどの分野に行っているのか殆ど情報が無い。

ジョブズが日本のソニーの独創性にかなり影響されている模写が以前公開されたもう一つのジョブズの伝記映画にも無かった。

実のところSONYの故井深氏にジョブズ氏は可愛がられたそうだが。
iPodの源流は、SONYのウォークマンのカセットプレーヤーに影響され、楽曲収納ををHDDに置き換えたとすら言える。

話変わって、8bitのApple IIeは私が当時若かった頃に販売されていたのだが、アキバのパソコン店に並べられてた。アタリや国産PCに比べて割り高でとても手に入る代物では無かった。それ以前は、i8080を利用したマイコンキットが流通していた。Aplle IIeは、インテルでは無いモトローラの6800系であるもののこれらのマイコンキットを工夫して製品化したとすら言える。

Apple IIeが高価だった為に、PC-8001の国産パソコンに転んだクチだったのだが。
これもその後のPC/AT互換機、そして自作機に傾く事になった。

Macは、iMacで安く大衆化させようとして大成功したけど、その後アプリの開発が減速し、誰でも使いやすいPCどころかプロフェッショナル分野で使われるPCになってしまった。
日本の音響メーカーのパイオニアがMacの互換機を一時期出していたものの現在はどこも互換機を作っていないし。
また、日本のシャープもMacと同じ68000系を使っていたX-68000も存在した。

DOS/Vがハード上のマニアックなPCに対して、MacはAdobeなどのプロフェッショナルなアプリのあるPCであることは否定できないけど。

iPhoneに関しては、もしかして時代が変わっていたら日本のSONYがスマホで先行していたかも知れない。
しかし、SONYは急減速した。
一方Appleは、4K TVとかBDレコーダーやカムコーダーの大型家電がAppleが作れない様に。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
元無音声8mmマニア

4.0理想をカタチにすること…

shinkatoさん
2016年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

人間ジョブズが描かれている。個人的には「ペンがあるからダメ」のくだりは泣けましたね。人の好き嫌いは二の次、理想を追うことを最優先していることで生まれる周囲との葛藤は私たちの生活にも直結する物語であり、「やっぱり、すごい人ってちょっと変わってるよね」という、一般人がそこから動かしたくない超人に対する「落とし所」を揺るがし、自分の中の何かがざわつくそんな傑作ではないでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shinkato

4.0ジョブズの人間性

2016年2月14日
iPhoneアプリから投稿

スティーブ・ジョブズの功績、マッキントッシュができるまで/等々のジョブズの道のり的な映画を期待してみると、違和感を感じてしまうかもしれない。

個人的には、とても面白い内容だった。

この映画のポイントは、表現の仕方が斬新。3つの発表会の直前を舞台として、ジョブズの人間性を上手く取り混ぜながら、スティーブ・ジョブズがどういった人物像だったか上手く表現されている。

当時、発表会の直前にこのようなやり取りは無かったと思うが、ジョブズの仕事に対しての理念、リサに対しての接し方など、絶妙に表現されていると思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はな1112

4.5スティーブ・ジョブスという人

2016年2月14日
iPhoneアプリから投稿

アメリカでは事実と異なるという批判もあるみたいだけど個人的にはある種の真実を観客に体感させる映画だったと思う。
それはすばり 「スティーブ・ジョブスがもし知り合いにいたらこういう気持ちにあなたはなります!」という、この一点に尽きると思う。
まず映画の構造が、スティーブ・ジョブスの人生を始まりから終わりまで辿る、というよくある伝記映画の構造とは違ってすごく限定された状況のみで構成されてるというところがミソだったと思う。つまり、観客に過度にスティーブ・ジョブスに感情移入させることなく、あくまで客観的な視点を保たせることで彼がどういう人間かを冷静に見させるという効果がこの少しイレギュラーな場面構成にはあったと思う。
また、彼の人生を切り取る上で新製品お披露目直前の舞台裏という場面を選んだのも凄く上手いと思った。勝手な想像だけど、彼のアーティストや経営者、また人間としての美学みたいなものが最も集約されてるであろう場面として納得がいくし、開演直前の慌ただしさのテンポも彼が持つ狂気とか暴力性みたいなものとマッチしてて見てて何となく心地よかった。
結果として映画を通して観客は、スティーブ・ジョブスという人間が持つ狂気と、それでも何故彼が偉大と呼ばれているのかということの片鱗を確かに感じられるような作りになってて、個人的にはかなりグッときた一本となった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Movieアパート

4.0ゲイツの人柄を観る、、、

タビさん
2016年2月14日
iPhoneアプリから投稿

セリフが長く俳優の演技が見応えありました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タビ

4.0緊張感あふれる、まるで舞台劇

2016年2月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

偶像としてのスティーブ・ジョブズに
あらゆる光をあてていくのは
3つの時間における近しい人々との会話
様々な色を鮮やかに際立たせ
陰影を浮き上がらせていきます。
まさに舞台劇な迫力の脚本。

複雑な彼と共有する時間の緊張感に
途中ついていけず
少し寝ちゃいました
寝不足だったもんで…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しげぴい

3.5事前にスティーブジョブス、Appleについて情報入手してから鑑賞することをオススメします。

maruoさん
2016年2月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

理解してないで観ると、結構厳しいと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
maruo

4.5クソ野郎ゆえに愛おしい

2016年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

傑作。
傲岸不遜のクソ野郎、でも天才、でも繊細で不器用という人柄、そして周りの人間も憎んではいるが、憎みきれないという複雑極まりない関係を、3つの発表会直前という緊迫した舞台を用いて描く。人間の深層を浮かび上がらせるにはこういう差し迫った状況が適している。
緊迫する舞台設定なうえに圧倒的なセリフの応酬で、息つく暇もない。過去のフラッシュバックも交差するので、観てる側の頭もフル回転。でも分からないことはないし、興味と緊張感はずっと持続する。あっという間の122分。アーロン・ソーキンの脚本が秀逸。
でも最終的にはミヒャエル・ファズベンダー演じるスティーブ・ジョブズが愛おしくなる。ウルフ・オブ〜のジョーダン・ベルフォードもそうだが、クソ野郎であればあるほど、その人物に引き込まれ、堪らなく愛おしくなってしまうのは、実社会も含めて自明の理なのだろう。
ファズベンダーの他、セス・ローゲンもいいし、ケイト・ウィンスレットが最高。素晴らしい演技。タイタニックの時からそうだが、絶妙に太めなのがいい。いいおばさん感が出てるなと思って調べたら、同い年だった!ファズベンダーは年下だった!改めて感じた40代orz

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しんさく

3.5人物像知らんと2時間シンドイかな^^;

2016年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

寝られる

Mac歴26年のユーザーですが、2013版は、予告に魅力感じず観ませんでしたが、今回は吸い寄せられるように初日鑑賞。

創始者でありながら一度解雇されその後復活した偉人のお話。

Macといえば昔は、デザイン系クリエーターの贅沢品でしたが、一般的にはiMacくらいから一気に認知度も上がって、今では誰でもアップル製品を使う時代になりました。

そのジョブス氏といえば、黒いタートルネックにジーンズで、新製品を発表する姿なんですが、この映画はその会見直前の舞台裏バトルが、延々と続きます^^;
まぁMacやジョブス氏に興味なければ中盤から、仕事とプライベートの揉め事にもうエエやん^^;;って苦痛になるかもって感じなので・・・
観る予定の人は最低でも『スティーブ・ジョブズ』のWikipedia読んでから観てくださいね〜☆3.5

PS:レイトショーでしたがメッチャ寝てる人いました^^;;;;;

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
eigatama41

3.0事を成す人

まささん
2016年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

世界で成功する人には、凡人の及ばぬ世界観を持っていて、成し遂げるために、本人はそうとは思っていない多くの犠牲をはらっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まさ

3.5人間としては最低。アーティストとしては天才

2016年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

第73回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)、脚本賞受賞。第88回アカデミー賞主演男優賞(マイケル・ファスベンダー)、助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)ノミネート。

2013年にも、アシュトン・カッチャーがスティーブ・ジョブズを演じた作品『スティーブ・ジョブズ(原題:Jobs)』が公開されていますが、今回のスティーブ・ジョブズはマイケル・ファスベンダーが演じています。残念ながら、2013年のアシュトン・カッチャー版の評判は微妙で、スティーブ・ジョブズ映画としてはこちらの作品の方が本命視されているみたいですね。それもそのはずで、ベースとなったのは、ジョブズ本人に密着取材して記されたウォルター・アイザックソンの伝記『スティーブ・ジョブズ』。ジョブズ本人が認めたのは、このウォルター・アイザックソンの作品だけなので、そうなるのも仕方ないのかな。でも、ジョブズの見た目は、アシュトン・カッチャー版の方が似ていたと思います。

2013年のアシュトン・カッチャー版が、全般的に薄く広くスティーブ・ジョブズと言う人物とそれにまつわる話を描いていたのに対して、2016年のこの作品では、1984年のMacintosh、1988年のNeXT Cube、1998年のiMacの3つの新製品発表会の場に焦点を絞って描いています。いやぁ、発表会その場を描くとは思いませんでした。ウォルター・アイザックソンの原作でも、そう言う描き方はしていませんでしたからね。

そして、そう言う舞台設定と、側近以外では、ジョブズの(最終的には認知したものの、中々認知しなかった)リサという娘、そして、因縁浅からぬジョン・スカリーと言う人物にジョブズの相手を限ることで、より詳しくスティーブ・ジョブズと言う人物が描かれていたと思います。これは、アシュトン・カッチャー版では見られなかった演出でしたし、今回の演出は非常に効果的でもあったと思います。

って言うか、ジョアンナ・ホフマンはケイト・ウィンスレットが演じていたんでしたね。Macintosh、NeXT Cubeの頃は、仕事はできるけど野暮ったい風貌の女性でしたが、iMacの時には、イキナリ(本来の)美女になっていてビックリしました。って言うか、ケイト・ウィンスレットなんだから、あれが本来の姿ですよね(笑)

物語終盤、いまのiPod、iPhone、iPadに繋がるようなアイディアをジョブズが語っています。ジョブズが嫌っていた、スタイラス(Apple Pencil)を採用したiPad Proの事を、空の上でジョブズはどう思っているんでしょうかね?

知ってはいましたが、改めて、スティーブ・ジョブズが“人間として”最悪の人物であるのかを思い知らされました。あんな人物が近くにいたら、絶対近づきたくないですね。製品を作る“アーティスト”としては最高なんですけどね。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
勝手な評論家

4.0リサが9歳時にMac paintで描いた線がiMacの発表会で使わ...

2016年2月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タカナシ

3.5人格破綻ツンデレジョブズ

2016年2月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
SP_Hitoshi

2.0怒鳴りあい(愛?)

shioshioさん
2016年2月13日
Androidアプリから投稿

ボイル監督に期待しましたが、終始怒鳴りあっている印象の映画で一般的な映画ファンにはそぐわない。もう一度見たいとも思わない。
中国人などには受けるかも?大声好きだし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shioshio

2.0うーん

2016年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろりん

4.0なんか感動

ひでさん
2016年2月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

21本目。
掴みはOK。
って感じでストーリーの大半は役者さん同士の丁々発止の会話劇と言った感じです。
敢えて作品に緊張感を持たせる為、長回しで撮っているのでは?
緊張感がスゴく伝わってきたし、又役者さんの技量が問われる。
うん、ハイレベル。
マイケル・ファスベンダーは「シェイム」観た時からウマイと思ったけど、改めてウマイと思った。
舞台化しても面白く出来ると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

3.5人柄を垣間見たような

ラブさん
2016年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

人格は別として、ITの世界に革命を起こした人物の素顔を知りたくて足を運んだ。彼の独自の視点は周りの者を傷つけるには十分過ぎるほど独創的で、先を見通す才能が抜きん出ていた事が良く分かった。彼無くしては10年以上進歩が遅れていたと思う。映画を観て分かった事は、娘に対する愛情は常に失われていなかった事だ。彼の様に周りに迷惑を掛けるような生き方は推奨出来ないが、何かを成し遂げるにはブレない強い意志が必要である事は十分過ぎるほど理解出来たし、また彼の優しい面を垣間見る事が出来て良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ラブ

4.5ゲイツ

2016年2月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2016年劇場10本目。
開発秘話的なものはほとんど、というかまったく無く、ジョブズがどんな人物だったかという点に焦点が当てられている。
家族と社内でのジョブズを取り巻く環境という狭いシチュエーションでのストーリーなので、ジョブズの功績というよりは徹底したこだわりっぷりで周囲を振り回す描写が多く、もうある意味ネガキャンにすら思える(笑)
なのでジョブズの功績を充分に知った上でその時系列と照らし合わせて観る事のできる予備知識がある人ほどこの映画を存分に楽しめると思う。
まあ、私のようなそうじゃない人でもテンポ良くて楽しめるのは楽しめたけど。
それにしても中年期に入ってからのジョブズを演じるファスベンダーは本人が乗り移ったかのようにソックリだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨッシー

2.5ジョブズファンなら

KJさん
2016年2月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2時強、疲れた。特にアップルファンでもジョブズファンでもなく、この映画を観て、どれほどの人かを知ろうと思ってた。神のような存在かとも考えていたが、人間だった。
作り手は、それを見せたかったのかな。
自分のように、彼をあまり知らない人が観る作品ではないのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KJ

3.0疲れた

じゅんさん
2016年2月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

始めから終わりまで、誰彼となく、ひたすら言い合いに終始した映画。
アクションもなく、ひたすら字幕を読んで物語を理解するのに必死だった。
マックファンでなかったら、途中で帰ったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
じゅん
「スティーブ・ジョブズ」の作品トップへ