アバウト・レイ 16歳の決断

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アバウト・レイ 16歳の決断
アバウト・レイ 16歳の決断
7%
56%
31%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

トランスジェンダーの主人公をエル・ファニングが演じ、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンらの豪華キャスト共演で家族との絆や葛藤を描いたヒューマンドラマ。ある日、身も心も男性として生きたいと告白し、そのためにホルモン治療を受けたいという16歳のレイ。突然のことに動揺を隠しきれない母マギーは、不安を打ち消すかのように近所に住む青年と一夜を共にする。一方、すでにレズビアンであることをカミングアウトし、パートナーと暮らしている祖母ドリーは、レイの決断を密かに応援していた。努力を重ね、少しずつ自分らしく生きていくレイを見て意を決したマギーは、ホルモン治療の同意書にサインをもらうため、レイの父親である元夫に会いに行く。

2015年製作/92分/G/アメリカ
原題:3 Generations
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5観る者をふんわりと包み込む触感に魅力がある

2018年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

公開を延期し、再編集が行われたという本作。具体的にどこがどう変わったのかは不明だが、原題がAbout Rayから3 generationsへ変更されていることを考えると、主人公をレイに特化せず、母親や祖母といった女性たちにも視野を広げてしっかりと「家族」や「世代」を描きたかった思いが伝わってくる。なるほど、レイの人生は一人だけのものではない。レイの一大事は、家族にとっても一大事。様々な思いはあったとしても、最終的には誰もが「レイの幸せのためなら」と一丸となっていく過程が温かい。

ステレオタイプに陥らぬよう、似たような体験をした人たちから話を聞いた上で脚本執筆に活かしたとの事。かといって重くはならず、観る者をふんわりと包み込む触感に魅力がある。そしてすべての源泉にあるのは、やはりエル・ファニングのフレッシュさ。芸達者なワッツとサランドンの起用。女優たちの底力を存分に見せつけられる一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.5【トランスジェンダーと家族という重いテーマを軽やかなタッチで描いた小品】

NOBUさん
2019年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 今作が、常に一定の爽やかさで包まれているのは、レイを演じるエル・ファニングの透明感に尽きると思います。

 又、レイの母親マギー(ナオミ・ワッツ)は戸惑いつつも、レイの想いを尊重するし、なによりレイのおばあさんの自由で明るいドリー(スーザン・サランドン)はレズビアンで、パートナーのフラニー(リンダ・エドモンド)は女性4人の家庭のバランサーとしての立ち位置にいるという進歩的?な家庭の存在も大きいと思います。

<男の子として生きたい、という16歳の女の子の行動・言動を、戸惑いながらも温かく見守り、後押ししようとする家族の姿が爽やかに描かれた作品>

<2018年2月3日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0エル・ファニングが脇毛に虎刈りで

2019年9月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

難しい

幸せ

トランスジェンダーを演じる。
4歳から性同一性障害を自覚、スケボーと音楽映像制作が大好き。
複雑な家庭環境
お祖母ちゃんが彼女と同棲
お母さんはシングルマザー
生まれた時から父親はいない
親父に会いに行ったら親父の弟とおかんが!
実の父親は!!
環境のせいではないよね…
ニューヨーク

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.0三世代

2019年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

悲しい

祖母(スーザン・サランドン)の家で同居している母(ナオミ・ワッツ)、孫娘となる主人公(エル・ファニング)は肉体は女、心は男で治療を受けることに。
両親の承認が必要だということで母は娘の父親に会いに行く。
こんな一家もあるんだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全51件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る