アバウト・レイ 16歳の決断のレビュー・感想・評価

アバウト・レイ 16歳の決断

劇場公開日 2018年2月3日
49件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

観る者をふんわりと包み込む触感に魅力がある

公開を延期し、再編集が行われたという本作。具体的にどこがどう変わったのかは不明だが、原題がAbout Rayから3 generationsへ変更されていることを考えると、主人公をレイに特化せず、母親や祖母といった女性たちにも視野を広げてしっかりと「家族」や「世代」を描きたかった思いが伝わってくる。なるほど、レイの人生は一人だけのものではない。レイの一大事は、家族にとっても一大事。様々な思いはあったとしても、最終的には誰もが「レイの幸せのためなら」と一丸となっていく過程が温かい。

ステレオタイプに陥らぬよう、似たような体験をした人たちから話を聞いた上で脚本執筆に活かしたとの事。かといって重くはならず、観る者をふんわりと包み込む触感に魅力がある。そしてすべての源泉にあるのは、やはりエル・ファニングのフレッシュさ。芸達者なワッツとサランドンの起用。女優たちの底力を存分に見せつけられる一作だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年2月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

めちゃくちゃよかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本当に観てよかった
予告が当時気になっていて、劇場で観たかったけど、
タイミングが合わなかった。
DVDでの鑑賞だったが、
DVDでも全然よい作品です。
難しい役柄だけど、自然な演技で、
間違って女の体で生まれてしまった男の子の気持ちの強さや家族の愛。

レイを心から応援していたし、
母の気持ちにもすごく寄り添えることができた。
最後のシーンで、
レイがトイレで涙を綺麗に流して、
家族の元へ笑顔で進んでいく姿には涙が止まりませんでした。

主に1人
主に1人さん / 2018年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ナオミ・ワッツの代表作となる珠玉の必見作

原題:Three Generatiions…予告編やチラシの印象をいい意味で裏切られた。これはナオミ・ワッツの代表作に数えられるべき作品だった。

トランスジェンダーの娘(エル・ファニング)とレズビアンの母(スーザン・サランドン)と暮らすナオミ・ワッツを軸にした秀逸な人間ドラマ。

母として、娘として、そして何より自分自身として悩みながらも一歩前に進む。

なんともあったかな空気が愛おしく宝物になった。今年のベストの一本だろう。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

可もなく不可もなし

原題は 3 Generationsだが、エルファニング演じる性同一性障害の主人公とナオミワッツ演じる母親の葛藤がメイン。スーザンサランドロンの無駄遣いは否めない。父親との関係とかあまり広げすぎなくて良かったのでは?と思った。ニューヨークが舞台の可愛いオシャレ映画になってしまった感。

まぁみどり
まぁみどりさん / 2018年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エル・ファニングがかっこいい

ふたたび。
昨年の映画を観ている。
ふしぎだけど、当時「よかった」と記録した1年すぎても映画はよかった。ぼくの中でもファングもナオミもこの映画がいちばんいい。映画って、やっぱりそうだと思う。
この映画から、教えられることは多い、多様なひとを受け入れることも。
(20190211)

最初のNYのシーンがすごくいい。エル・ファニングは、キュートだ(笑) ガムを噛むところとか、屋上で腹筋してるとか、・・えっと、もちろんスノボーのやんちゃな動きも少年ぽく肩を前へ突き出す歩き方も。
彼女を最初に見たのは、ソフィア・コッポラの「SOMEWHERE」。それが彼女の印象。残念ながら「フィービー・イン・ワンダーランド」は観ていない。
モノゴトにはタイミングがあって、フィービーを観る機会はすでに通り過ぎてしまった。
ナオミ・ワッツが、「ヴィンセントが教えてくれたこと」に出演してたなんで忘れてた。
壁の本棚とピアノある古い家に住むスーザン・サランドンもレズの知的な恋人役のリンダ・エモンドの雰囲気もいい。古い道具とか家具にあふれる心地よさそうな家。今時のミニマルなイメージじゃないのがいい。1980年代の作家の住む家っぽい。NYのオレンジ色の鉄骨の橋や煉瓦色のすり切れたビル群も。
かっこいいなって思う。
こんな物語のあるモノと壁の写真と本、そして絵は絶対に必要。
レズの祖母も、離婚して自立の遅れた母親は、躊躇する。でも、退屈しないかも(笑)

なんでだろ、レイのように腹筋したりダンベルを振り回したりしたくなる。
(20180707)

そんぼ
そんぼさん / 2018年7月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

筋トレ‼︎ファイティン‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

レイが
パパの子供達に
僕達の
お兄ちゃんなの⁇って言われて
嬉しさダダ漏れの
ニンマリ顔で
「そうだよ」ってシーン
可愛かったです。

喧嘩して
お気に入りの女の子に
勇敢だって褒められ(アゲアゲ)
女の子を殴るなんて最低と
(サゲサゲ)
一瞬で玉砕
胸が痛かった...

なんだかんだ
わちゃわちゃしてたけど

男の子と認めてもらえて
よかったです‼︎

snowball
snowballさん / 2018年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シングルマザーの秘密

淡々と進む展開で心に伝わる物が無く他人事に思え途中は退屈でzzz…レイの問題よりも恋多きシングルマザーの秘密が一番印象に残った。
2018-77

隣組
隣組さん / 2018年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

トランスジェンダーの部分が置いていかれている

トランスジェンダーの人たちの心情が「リアル」に感じられることがないため、お母さんのマギーが大変だなというベタな感想しか出てこず、ゆえに退屈な映画だなと感じた。メロドラマちっくで表層的な「体が男ではないレイの苦悩」「体も男になれると思った時のレイの喜び」みたいな描写ばかりなので、「今の自分に満足していないから、『男になれば幸せになれる』って思っているだけではないのか」という風にしか見えなかった。

そもそも、なんでこの物語に「トランスジェンダー」のような難しい問題をぶっ込んできたのかわからない。このままだとこの映画は、「自分のアイデンティティーを確立するためにもがく、思春期のティーンエージャーの苛立ちと焦燥、そしてそれに翻弄されながら、大人達も家族の愛と絆とはなんぞや、と考えさせる映画」と言う平凡な「家族愛」もので、「トランスジェンダー」の部分は置いていかれている感じがする。

と思っていたら、この映画はワインスタインがプロデューサーで、トランスジェンダーの部分を薄め、「家族愛」ものにしろと言われて大幅な修正が行われたということを知った。原題は『3Generations』(三世代)となっているが、元々は邦題でも採用された『About Ray』であったらしい。想像するに、製作者側は私が観たかったような、トランスジェンダーの人たちの心情に突っ込んだ作りにしたかったのだが、それでは資本が得られなかったようで、残念な作品になってしまった。

GreenT
GreenTさん / 2018年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

和む ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ある日、身も心も男性として生きたいと告白し、そのためにホルモン治療を受けたいという16歳のレイ。突然のことに動揺を隠しきれない母マギーは、不安を打ち消すかのように近所に住む青年と一夜を共にする。一方、すでにレズビアンであることをカミングアウトし、パートナーと暮らしている祖母ドリーは、レイの決断を密かに応援していた。努力を重ね、少しずつ自分らしく生きていくレイを見て意を決したマギーは、ホルモン治療の同意書にサインをもらうため、レイの父親である元夫に会いに行く。レイはトランスジェンダー、祖母はレズビアン、シングルマザーの母親は元夫の弟と関係を持って家庭を破壊していたというとんでもない家族だが、レイを中心にして関係を修復していくさまは微笑ましい。最後は全員が一堂に会して和んでハッピーエンド。最後に会う場は日本食料理店というのは日本人として誇らしい。

Takashi
Takashiさん / 2018年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時間に押し流されて行く嵐 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ずっとこのままでいたいのに、時間に押し流されてこのままではいられない、みたいなの、あるじゃないですか。レイの母がそんな感じでした。レイが女から男になる、その決断がまさか過去に関係してくるなんてね。もう終わった事なのに、レイにとっては今の事。苦しみと共に変化を受け入れて行くんだけれど、レイにとっては時間の経過は嬉しい事で、その対比と、レイが嬉しいなら私も嬉しいみたいな、そんな母息子二人の絆が見ていてホッとしました。あとおばあちゃんが超口が悪くて面白かった。最後の家族の食事のシーン、中々混ざらないて遠くから眺める母も、食事中の母の写真を撮るレイ、両方愛おしい。嵐を乗り越えた家族に、心に灯明かりを灯された気持ち。

あんこ
あんこさん / 2018年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少数派とまとめるのって変なんだ

レビュータイトルの通りセクシャルマイノリティとLGBTの人たちを一括りにするのは乱暴な話だと思ったし、この映画を見るまでそのことを気付かなかった

ぐっさん
ぐっさんさん / 2018年3月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レイはとっくに決断済み ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒頭にホルモン治療で生理が減るのに喜ぶレイが可愛い。
母も祖母も、レイの味方だけど、やっぱり複雑という対立が逆転し合う感じがリアルだった。
3世代という原題なので、もう少し3人の背景について強く描かれていたら面白かった気がする。
特に祖母のドリーは、女性の権利について戦った過去があるようだし、ミサンドリーぽいですよね。
あと、マギーとクレイグの過去に問題があるにせよ、クレイグがサインをしたがらないくだりはちょっと理解し難かった。まああそこであっさり行っては30分で終わるんだけれど。
でも全員素敵なキャラでした。

それにしてもあの縦長の家に住むのは大変そうだなぁ。

mri
mriさん / 2018年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

16歳の決断?

3世代のいい作品だと思います。
プレミアムフライデー鑑賞しました。

かん
かんさん / 2018年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族ってうっとうしいけど大事ですね

みんなが必死で生きている。
女の子で生まれたけど、心が男の子。葛藤する家族、そして母親の秘密。
ナオミ・ワッツは、テンパってる演技がものすごくウザくてうまいですね!
いつも思います(笑)
娘が息子になり、その状況になじまないといけないのは、本人よりも周囲の方が大変かもしれません。
いいお話でしたよ!

pippin555
pippin555さん / 2018年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

別のことを考えてしまいました

バルカン半島の紛争地域を舞台とした映画『ロープ』を観た後だったので、こんなことを考えてしまいました。

人間の苦悩の深刻さというのは、置かれた環境で比較するものではない・・・例えば、ほぼ戦時下で毎日どう生き延びていくかだけで精一杯の人と平和な都会で毎日どう自殺しようか鬱々としているだけの人をどちらがより深刻か、ということで比較する尺度はないし、そもそも意味は無いということです。

現代社会の人間が抱える複雑な懊悩について、一部の乱暴な人たちは(先進国の高年齢層に多いかもしれません)、恵まれた国の恵まれた環境における贅沢な悩みのように一括りにして、軟弱だ、とか、あり得ない、と決めつけて議論する俎上にもあげようとしないことがありますが、とても残念なことだと思います。

琥珀
琥珀さん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最後がいい

どうなるかわかっている話だけど。
それでも観ていてちょっと感動。
最後の大団円良かった。

兄弟間でのゴタゴタは確かに痛い。
本当のパパ確かに特別感。

I like it. You are proud mama for me.

sy
syさん / 2018年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダメ母だったな・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原題は『3 Generations』です。
『アバウト・レイ 16歳の決断』、というタイトルから、
トランスジェンダーの自分に苦悩するレイが、家族を巻き込みどう決断するのかというストーリーだと勘違いしていたが、
レイは早くから自分を分かっていてホルモン治療を始めたいと決断しており、むしろ決断に苦悩するのは母親だった。
まあ、親なんだから悩むのは当然で、ましてや思春期の子供の決断を断固拒否するか後押しするか先延ばしするか、本当に苦しいことだと思う。
「髭面のレイに、あの決断は間違っていた、なんて言われたら」と悩むのも無理はない。
とは言え、過去も含めてちょっとダメで身勝手な母親だったなーという印象。祖母とそのパートナーも、味方なんだか邪魔なんだか・・・。全体的に中途半端で、笑っていいのやら泣いていいのやら分からないままエンドロール。3世代の素敵な女優さん揃えたのにちょっと勿体なかったと思う。

matekaiton
matekaitonさん / 2018年2月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レイ以外の話が結構なボリューム。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

グレイグ役のテイトドノバンってさぁ、アリーマイラブのロナルドチーニーですね。アリーにつまんないっつってポイされたチーニー。懐かしい。
ドノバンさんのフィルモグラフィ見てると結構見た映画あるし、the O.C.のマリッサの父やったらしいけど全然気づいてなかった。

閑話休題

アバウトレイは公開中止になる前からチェックしてて、2年?越しにやっと見られました。
平日の夜に映画に行く元気がなくて、休日にいきましたが、割引クーポンが切れてて1800円で見る羽目に…500円が惜しい感じはしました。

トランスジェンダーのレイの話なんやけど、思った以上にレイの母マギーの話で、原題がスリージェネレーションなのが納得という感じ。
なので邦題はちょっとミスリード気味です。

噂では2時間程の尺を編集して92分にしちゃったとにか。そのせいか、すこーし説明足りん!と思った点がありました。
結局誰がレイの生物学的父なん?マシューでいいの?出生届に名前載ってるから法的父はグレイグってこと?でいいのね?
で、マシューは何でマギーを訪ねてきたん?グレイグゆうてへんにゃろ?
ほいてマギーとグレイグとマシューは何の話しして誰が書類にサインしたんさ?

とまぁわからんことはありますが、各々自己中でいいと思いました。
エルファニングはちゃんと男の子に見えました。
好きな女の子に女の子の友達扱いされて傷つくレイが切なかったです。

マギーは年の割に未熟な女性ですが、色々痛い目にあってきたやろうし、更年期大変そうやし(明日は我が身)、大体ドードーと同じ気持ちで見守りました。

ドードーのドライに娘を突き放す感じが、日本にはいない感じの母親像でかっこよかった。
もっと話に絡むかと思いきやでしたが。

私は子を産まないし、育てないから、マギーの気持ちはどうやってもわからないのかもしれないけれど、娘が息子だったことってそんなに動揺するのかな?
他人事だから、さっさと本人のしたいようにさせたげなよって思うんかな?
そんなことを思いました。

だいず
だいずさん / 2018年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像がよい、邦題が違う

映像がうまい、カメラワークがうまいと感じた。
ストーリーはどうということはなくても、カメラで表現する、カットで表現する監督、そういう印象。
こういうカメラづかいする人、最近は少なくなった気がする。
私は好きだ、こういうの。

役者の才能を引き出すのがうまいのか、あるいは、キャスティングがうまいのか。
エルファニングとナオミワッツの役回りがお見事。
エルファニングは中性的な役をやらせると個性が出るね。

いま流行りのトランスジェンダーものだけど、今回はいわゆる性同一性障害とか、家族とか、を扱っていて、色恋、男女関係を扱っているわけではないストレートな映画。ストレートなので、見終わった後の印象はスッキリしている。

邦題は間違いですね。皆さんのいうとおり。

osan
osanさん / 2018年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

想像も出来ない

トランスジェンダーの方の気持ちが想像も出来なくて。
みーんなで一緒に考えて、悩んで。
誰にも言えずにいる子もいると思うと、幸せだよね。
おばあちゃんまでゲイと来て、
ちょっと作り過ぎ?と思うけど、あのオバサンカップルはそれでまたいい味だしてて、あの年になっても、仲良く、自立してるって羨ましい。
ただ16才の息子に添い寝ってなくない?

モナチン
モナチンさん / 2018年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

49件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報